プレミアムフライデー、スーパーでの変化は?-今や自然消滅-

2017年2月度から開始された、プレミアムフライデー。

スーパーの従業員は当然早く帰れるはずもなく…期待するのは売上と客数の増加ですが、なにか変化はあったのでしょうか?

また、プレミアムフライデーに対して実際のところどう思っているのか、本音をさらけ出しちゃいます。

スポンサーリンク

広告の品などの販促方法に変化あり

政府がプレミアムフライデーを実施することが決定してから、スーパー業界でも変化がありました。

私が勤める会社では、 広告の品の選定・方向性を変えることになった のです。

これまで金曜日は均一セールの日として、お買い得品をひたすら前面に出していたのですが、それが一転して”ちょっと贅沢”感が出せるような品物に変わりました。

プレミアムフライデーの狙いは”ちょっと豊かな週末を過ごしてもらう”ことですから、売り出す商品も、それ相応のものにする必要があったのです。

たとえば、あるとちょっと豪華に見えるカットフルーツや、自宅で居酒屋気分を味わる焼き鳥などの惣菜です。

その他にも、刺身の盛り合わせやステーキ肉などの「食卓に出すと喜ばれるごちそう」をメインにした商品選定になりました。

次に、 専用の販促ポップを準備 することになりました。

そこでプレミアムフライデーのロゴを入れることにしたのですが、政府の許可なく勝手に使用してはいけないことが判明したのです。

うちの会社では営業企画の方が申請して、無事に許可が下りました。

こんな小さな会社が申請しても大丈夫なのか?と思いましたが、どうやら会社の規模等は関係ないようです。

上記のように プレミアムフライデー専用の販促が行われるようになったことが、スーパー業界での一番の変化 です。

実際のところ、売上と客数に変化はほとんどなし

いざプレミアムフライデーを何度か迎えての結果は…正直、 売上も客数に大した変化は見られません でした。

プレミアムフライデーの日の夕市商品は、お客様の増加を見据えて平常時よりも多めに用意していますが、結局通常通りの客数で多くが売れ残ってしまっているのです。

働いている側からすれば、手間暇をかけているのにも関わらず売上と言う見返りがないので、正直面倒くさいだけです。

ま、それは別にプレミアムフライデーだから、というわけでもないですけどね。

ただ思ったほど売上につながらないのでは、販促をやる意味がありません。

小売などサービス業にとっては負担が大きい

売上しいては客数が上がらない理由は、 そもそもプレミアムフライデーを実施している企業が少ない からです。

お客さまとなる一般企業の方々が政策通りに早く帰ってくれないことには、サービス業の売上が上がるはずもありません。

ちなみに、飲食業界ではプレミアムフライデーが導入されて以降、ディナータイムや開店時間を早めているようです。

ところが、やはりお客さまの来店がほとんどない状況であるところが多いのだそう。

午後3時、東京都新宿区。

普段より2時間早くディナー営業を始めた居酒屋に、客の姿はなかった。

店員らが待機するなか、午後4時半ごろになってIT企業のグループ5人が来店。

プレミアムフライデーに早帰りできる会社の制度を利用したという。

ビールを注文した男性(56)は「他社で導入しているところはあまり聞かない。有給をとりやすくする方がいいのでは」。

店長の男性(32)は「初回の2月からやっているが、来るのは近隣の住民ぐらい。アルバイトも確保しなければならないし、正直、早く開けるメリットはない」と嘆く。

「この状態が続くようなら考えなきゃいけない」 東京都中央区の居酒屋も午後3時からディナーを開始したが、1時間近くたっても客はゼロ。

これまでの3回も同様だといい、30代の男性店長は「来月はやめちゃおうか、と考えている」と話した。朝日新聞

飲食と小売では若干の違いはありますが共通していることは、お客さまが来なければ人件費をかけても商品を仕入れても、無駄になるということです。

お客さまに来てもらうためには、プレミアムフライデーを実施する企業が増えることを祈るばかりですが…そもそも月末は翌月にむけて忙しい企業が多いので、なかなか難しいようですね。

このままでは 飲食や小売などサービス業の従業員ばかりが、過酷な負担を強いられる ことになってしまいます。

ですから私たちの本音は、”プレミアムフライデーなんていらない”です。

ついに、プレミアムフライデーの販促が自然消滅!

プレミアムフライデーなんて、いつまで続くのだろうか?だなんて常々思いながらも、1年以上経ちました。

さて、現状どうなったのかといいますと…。

残念ながらうちの会社では 売上につながらないために、プレミアムフライデー用の販促はいつの間にか自然消滅 してしまいました。

そう思い返せば、最初の頃はみんなこぞってプレミアムフライデーとうるさかったのが、今では誰も口にしてませんよね。

それも当然ですよね、プレミアムフライデーを実施する企業自体が少なかったのですから。

やはり国のお偉いさんが考えることは、机上論でしかなかったということの証明になりましたね…。

結局、失敗に終わってしまったプレミアムフライデー。

政府が打ち出す政策は、基本的にサービス業の人間を無視したようなものばかりで嫌気がさしてしまいます。

ゴールデンウィーク・シルバーウィークや、今後実施予定のキッズウィークといった大型連休も、私たちにとっては無縁の話なのです。

サービスを受ける側はよくとも、提供する側はまったく報われることはないのだなぁと思ってしまいます。

…どうせまた失敗するのでしょうけどね。

しかし最近ではサービス業も定休日を取り入れ始めてきていますので、近い将来は定休日が当たり前の時代に戻るかもしれません。

そうなってくると、もうプレミアムフライデーだのキッズウィークだのの存在意義すらなくなってしまいますが。

結論!

何も知らないお偉いさんが作る政策は一般市民にはなんら恩恵がない、ということで。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!