「勤務」タグアーカイブ

働くなら、シフト制?カレンダー通り?-それぞれの特徴-

みなさんは仕事をする際に求める条件として、何を重視していますか?

勤務時間や通勤時間などいろいろあるかと思いますが、勤務体制や休日について特に重きをおいている人が多いのではないでしょうか。

勤務体制は主にシフト制かカレンダー通りかとなりますが、果たしてどちらのほうがいいのか…悩んじゃいますよね。

ここでは、その両方の特徴について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シフト制勤務の特徴

 シフト制勤務は、簡単にいうと休日や勤務時間が変動する勤務体制 です。

そのため自分のライフスタイルに合わせて、 都合のいい曜日や時間帯に勤務を入れて効率よく働くことができます 

ただし、決まった曜日や時間で勤務する固定シフト制の職場もありますから、そのようなところだとシフト制勤務とカレンダー通り勤務の特徴をそれぞれ取り入れた形になります。

では、具体的な特徴についてみていきましょう。

急なシフト変更などで、予定変更を求められることがある

シフト制は、個人の都合に合わせて勤務日や勤務時間を希望することができることがメリットでもあります。

そのため、一緒に働くメンバーも各自の都合がいいようにシフトを希望してきます。

自由に勤務希望を出させると、勤務人数が偏ってしまう曜日や時間帯が出てきてしまいます。

具体的には 特定の日ばかり勤務希望者が多かったり、特定の時間帯だけ勤務希望者が少なかったりしてしまうといった事態が起こる のです。

シフトはその日の売上予算などを考慮したうえで完成させなければならないので、 うまく店側の都合と噛み合わない場合、シフトを調節しなければなりません 

そうなると、店側からシフトの予定を変更できないかと頼まれる可能性が出てきます。

自分の希望を優先させるか店の希望を聞いてあげるかは自分次第ですが、 シフト調整するとその日の予定をすべて変更しなければならなくなることも あります。

特に人員が過多な場合では、せっかく出勤希望していてもシフトに入れてもらえないこともあります。

こうなると、予定どころか給与面にまで影響を受けることとなってしまいます。

生活のリズムが崩れる

固定シフト制であれば問題ないのですが、 完全に勤務時間や曜日がバラバラなシフトになってしまうと、まず生活のリズムが崩れてしまいます 

早番と遅番があるなら、今日は早番だけど明日は遅番その次の日はまた遅番…というようにその日その日で異なっているようなシフトがいい例ですね。

ずっと早番だけ遅番だけと固定化されていれば、日々の生活のリズムも一定化できますが、上記のように 勤務が日によって異なると、その日の行動パターンも変えざるをえなくなります 

出勤時間に始まり退勤時間まで、早番と遅番ではまるっきり生活時間帯が異なりますから、予定を入れるのも一苦労となります。

また シフト制によって土日が休みでなくなると、曜日の感覚もなくなっていきます 

その理由は世間一般では土日=休みだという認識となりますが、シフト制では関係ないので曜日を気にしなくなってしまうからです。

だからいい悪いというわけでもないのですが、曜日を気にする方はカレンダー通りの勤務のほうがいいかもしれません。

長い連勤になることがある

ところが シフト制の場合ですと、決まった休日というものがありません 

カレンダー通りの休みでは、平日5日間勤務して土日は2連休というルーティンとなります。

では休日はどのようにして決まるのかといいますと、シフト作成者がメンバー全員のシフト希望を見ながら決めていくことになります。

基本的にはあまり長い勤務にならないように考慮してシフトを作成しますが、 繁忙期などでどうしても連勤が続いてしまうときも 出てきます。

カレンダー通りだと最大でも6連勤ですが(土曜出勤の会社もあるので)、シフト制だとそれ以上の連勤となることも少なくありません。

あまり長い連勤になると、体力的にもツラくなってしまいますから注意が必要です。

休みの間隔をうまく入れると、無理なく勤務できる

シフト制は長い連勤になることもある、と上項で述べました。

しかし 適度な間隔で休みの希望を入れることによって、連勤をある程度防ぐことができますよ 

2〜3日おきくらいの間隔で休みを入れると無理なく働けるのでおすすめです。

カレンダー通りだと平日5日間必ず連勤になってしまうので、体力に自信がない人はシフト制のほうが働きやすいかもしれません。

シフトが出るのが遅いと、予定が組みづらい

うまく休みを入れることで働きやすくなるシフト勤務ですが、肝心のシフトが発表されるのがとても遅い職場もあります。

というのも、 シフトが発表されるタイミングはその職場(シフト作成者)によって違っている のです。

たとえば月末締めなら、早いところではその月の下旬くらいに発表されますが、遅いと翌月になってもまだ発表されないところもあったりします。

 シフトが早く発表されるぶんにはなんら問題ないのですが、遅いと翌月の予定が組みにくくなってしまい、私生活にも支障が出てしまいかねません 

シフト発表のタイミングはその職場で働き始めないとわかりませんが、あまりに遅いようならば職場を変えることも考えたほうがいいでしょうね。

カレンダー通り勤務の特徴

 カレンダー通りの勤務はその名のとおり平日5日間は出勤で、カレンダーで休日となっている曜日―――土曜・日曜・祝日を休みとする勤務体制 となります。

職場によっては土曜や、祝日でも元の曜日が平日なら出勤…というところもあります。

休日が固定されている

シフト制は固定シフトでなければ、基本的に休日はバラバラとなります。

他のメンバーのシフト希望にも影響されることがあり、毎週休みが違う曜日ということも珍しくありません。

そのためなかなか予定を入れにくかったりなど、多少不便に感じる点も生じてきます。

一方 カレンダー通りの勤務なら、毎週末が休日で固定されているので、生活のリズムも一定ですし予定も決めやすくなります 

特にお子さまがいる家庭では、家族でのお出かけや行事をすますのに、週末が一番都合がいいですからカレンダー通りの休みを取れる職場のほうがいいかもしれませんね。

ただし 金融機関や公的機関を利用するような、平日にしか行えないような用事をすますのは難しい ので、その部分がネックに感じる人もいるでしょう。

有給などで休みを取るか、早あがりするという手もありますが、そういうときは平日が休みになりやすいシフト制のほうが便利かなと思います。

土日まで平日は5日間もの連勤となる

休日が週末に固定されているということは、逆にいえば平日の5日間はずっと勤務ということになります。

学生の頃は平日ずっと学校に行っていても平気でしたが、 年齢を重ねるにつれ5日間もの連勤というのは結構キツくなってきます 

でもまぁ平日の連勤はキツいけれど週末きっちり休めると思えば、頑張れますよね。

大型連休時には3連休以上の長期連休となることもある

カレンダー通りの勤務で特にメリットとなる点は、 ゴールデンウィークなどの大型連休のときに長期の連休が取れる ことでしょう。

ゴールデンウィークを例にあげるならば、3日から5日までは祝日となっていますから、まず3連休は確定します。

さらにその前後が土日だったりすると、4連休5連休と普段なかなか取れない長い期間の休みとなることもあります。

シフト制ではさまざまな人との休みの兼ね合いがあるため、長期連休を取ることは難しいので、その点を重視する方はカレンダー通りの勤務をおすすめします。

シフト制にもカレンダー通りの勤務でも、それぞれメリット・デメリット両方あるわけなんですね。

個人的には、学生さんやWワークで予定の入れ替わりが激しい人は融通の利くシフト制、主婦の方や生活のリズムを崩さず働きたい人はカレンダー通りの勤務が、メリットが大きくていいのかなと思います。

主婦でも子どもの手がかからなくなってきたら土日は関係なくなってくるので、そうなればシフト制のほうが逆にいいかもしれません。

一番いいのはシフト制でも土日休みが取れることでしょうけど、シフト制を採用している業種は土日に来客が増えるサービス業が多いので難しいところですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!