「恋愛」タグアーカイブ

体は正直!奥手な男性の脈ありサイン-少しずつ近づく-

女性に対して奥手な男性を好きになってしまったそこのあなた!

一体彼が自分のことを好きなのかわからず、悩んでいませんか?

確かに奥手な男性は受け身な方も多く、女性に対してのアプローチが下手な傾向にあります。

しかしいくら奥手でも好意を持った女性に対しては、距離を縮めようとしてきます。

今回は奥手な男性が出す、脈ありサインを紹介します。

スポンサーリンク

視線を合わせてくる

「視線が合うなんて当たり前のことじゃない、どこが脈ありサインなの?」と思われる方もいるでしょう。

普通の人からすれば、お互いの目を見て話をしたり、視線を感じたら合わせたりすることに対して抵抗を感じません。

ところが 奥手な男性の多くは人見知りのシャイボーイで、まだ親しくない相手に対して、恐怖感や不安感を抱いています 

そのため、 人の顔を見ることに苦手意識を持ってしまっている のです。

しかも相手が女性だとなると、より意識してしまうため、顔どころか相手の姿ですら自分の視界に入れることができないという男性もいます。

これはいわゆる好き避け(本当は好きなのに、恥ずかしくて避けてしまう)の一種だといわれています。

そんな 奥手男性でも親しくなってくると、視線を合わせてくれるように なります。

これはなぜかといいますと、親しくなって打ち解けるにつれて、自分と相手の距離感が縮まっていくからです。

 距離が縮まると相手への警戒心もなくなっていきますから、視線を合わせることに抵抗がなくなっていく のです。

最初は顔も見てくれなかった彼が、ちゃんと顔を見てしゃべってくれるようになれば、あなたへ心を開いてくれたとみてもいいでしょう。

至近距離まで近づいてくる

一説には、心の距離と身体の距離は比例するといわれています。

 親しくなった人・好意を抱いている人には、もっと見たい・触れたいというような気持ちが沸き上がってくる わけなんですね。

人間にはパーソナルスペースという見えない個人空間が存在しており、相手との親密度によって、どこまでその空間を侵されても大丈夫なのかが変わってきます。

たとえば家族や恋人とは密着することに抵抗なくとも、ただの友だちなら違和感や嫌悪感があるでしょう。

つまり彼が近づいてくる=彼にとってあなたは自分のパーソナルスペースに入ってもいい存在ということになります。

このことから 彼があなたに好意を抱いている場合、身体の距離を縮めようとしてくる はずです。

話すときに彼が妙に近くまで来たり、気がついたら彼がいつの間にか近くにいたという経験ありませんか?

 そんな経験が一度ならず何度もあるというのであれば、偶然ではなく、彼の意思で故意にあなたに近づいたと判断できます 

ポイントはこちらが動いていないのに、向こうから近づいてきたという点ですよ。

ただしこちらから近づいていって距離が縮まるのは、相手の好意とは関係ありませんから例外です。

参考までに もしもあなたから近づいたときに、彼が一歩後ずさりしたりした場合は、彼はまだその距離感を許容していない ということになります。

ですから、もっと親しくなれるように努力する必要があるといえるでしょう。

ボディタッチをしてくる

 身体の距離が近づいていくと、その次のステップとしてあるのがボディタッチ です。

直接相手の身体に触ることになるボディタッチは、するほうもされるほうもドキドキしますよね。

ボディタッチをする男性は、相手の女性から好意を持たれていると絶対的な自信があるからできる、といえるでしょう。

いまやちょっと手が触れただけでも、セクハラだと訴えられる時代ですから、 よほどデリカシーのない男性でなければ、やすやすと女性に触れることはできません 

そのため身体が触れそうなくらいの至近距離に近づくよりも、ちょっと距離が遠くても手を伸ばして身体に触れるほうが、ハードルは高くなります。

以上のように 男性がボディタッチをする際には、セクハラだと訴えられるかも知れないという危険性を覚悟しなければならない のです。

 そんな危険をおかしてまであなたに触れてくるということは、あなたに好意を抱き、かつあなたからの好意も感じ取っていて、信用しているということの表れ だといえるでしょう。

ただしもとから他人とスキンシップを取るのが好きで、誰にでもベタベタ触っている男性の場合は当てはまりませんので注意してください。

とはいえ奥手な男性は身持ちが堅い方が多いので、その点は安心してもいいかと思います。

目は口ほどにものをいう―――ということわざがあるように、やはり人間言葉よりも行動に本意が出てしまうものです。

つまり、相手の気持ちが真意かどうか見極めるには、行動で判断すればいいのです。

特に奥手な男性は好き避けで本音とは真逆に、冷たい言葉であしらってくる方もいます。

ですが行動は裏腹に、この記事で紹介したように目線を合わせてきたりですとか、いつの間にか近くにいたりするものです。

そうなると、「冷たいことを言うわりには、私のことを気にかけてくれてる?」と思って、ますます彼がどう思っているのかわからなくなってしまうかもしれません。

しかし、身体は嘘をつけません。

なんだかんだ言っていても、ちゃんとあなたのことを見ていてくれてたり、近寄ってきたりしてくるのであれば、本当はあなたのことが気になっているのです。

では最後にひとつ、心理学ネタを紹介しましょう。

相手の身体の向き(特につま先)を見れば、その人の興味対象が誰だかわかるらしいですよ。

複数人で会話をしているときなんかは、特にわかりやすいかもしれませんね。

必ずそうだとも言いきれませんが、彼の身体の向きをチェックしてみれば、彼が気になっている人がわかるかも…?

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!