「持ち物」タグアーカイブ

スーパーでバイト、持ち物は?-必需品とあれば便利なものを紹介-

スーパーでバイトを始める方のなかには、バイトに何が必要なのかわからないという方もいるでしょう。

あまり道具を使うイメージはないかもしれませんが、だからといって手ぶらで行くととても仕事にはなりません。

スーパーでの作業はけっこう、必要な持ち物が多いのですよ。

今回スーパーでバイトする際に必要な持ち物と、あれば便利な持ち物を紹介します。

現在バイト中の方もぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

これだけは持っておきたい!必需品

スーパーでのバイトに限らず、メモ帳とボールペンは必須のアイテムです。

仕事を教えてもらう際のメモだけでなく、お客さまからの問い合わせなどを承る際にもメモは必ずしなければなりません。

その他伝票にサインをする、ちょっとした覚書をするなど、意外と書く作業はたくさんあります。

メモ帳

メモ帳にもさまざまなタイプのものがありますが、個人的には A7サイズ・リングタイプのメモ帳をおすすめ します。

なぜA7という小さなサイズを選ぶのか?ということについてですが、このサイズのものだと、 シャツやエプロンのポケットにすっと入って、スムーズに取り出すことができる からです。

すぐにメモを取りたいのにメモ帳を取り出すのにまごついてしまうと、その間に聞き逃してしまう可能性があります。

そのため取り出しやすく収納にも困らない、手のひらサイズのA7サイズがいいのです。

次にノートタイプではなくリングタイプを選ぶ理由として、立ったままメモを取るときにノートタイプですと折り返すことが難しく、手で持ったまま書きにくいということがあげられます。

メモを取るのはいつも机の上とは限りませんし、なおかつノートタイプは見開きの分場所を取ってしまいます。

リングタイプですと 見開いたページもさっと折り返せて、コンパクトに片手で書くことができる のです。

なによりもリングタイプの一番いいところは、紙がちぎりやすいという点でしょう。

書いたメモを誰かに渡す場合などに、ノートタイプですとうまくちぎれず肝心の部分が破れてしまう可能性があります。

 リングタイプであれば紙がリングの端で自然にちぎれるようになっていますから、不器用な人でもキレイにちぎれて便利 です。

さらにもう一点いうなれば ゴムのバンドで紙をまとめられるようになっているものだとベスト です。

しょっちゅうポケットから取り出していると、紙が自然に折れ曲がってぐちゃぐちゃになってしまい、自分が見たいページがどこだかわからなくなってきてしまいます。

 ゴムバンドがついていれば常にキレイにページを固定しておける ので、ストレスがありません。

ボールペン

バイトで必要不可欠なボールペンは、 特にこだわりがなければ安物の黒ボールペンで十分 です。

多色のものを持っていてもいいのですが、バイトで書くメモは色で区別するようなことでもないんですよね。

大事な部分を強調したいなら、アンダーラインを引くなり、四角で囲むなりすればいいですし。

 どうしても色で分けたいというのならば赤色、できれば黒色と赤色が一つになっている2色ボールペンを使用するといい でしょう。

赤色であれば誰が見ても重要事項だとわかりますし、また目立つので注意事項を記載するのにも、もってこいです。

ただし、いいボールペンほどなくしたときのショックが大きくなるので、安物のボールペンを2~3本常備しておくのがおすすめです。

結構、バイト中にボールペンって紛失しやすいんですよね。

次にインクは油性と水性の2種類ありますが、 必ず油性のものを選ぶように してください。

特に生鮮部門の方は手を洗ったり洗い物をしたりで水に触れる機会が多いので、ちょっと水気が残っている手でメモを取った際に、水性だと滲んでしまってわからなくなります。

最後に、 安物のボールペンに多いキャップ式はやめておいた方が無難 です。

キャップを取る・つけるといったひと手間が面倒ですし、いつの間にかキャップをなくしてしまう可能性もあります。

以上をまとめると、 油性のノック式でインクは黒色(もしくは黒色と赤色の2色)ボールペンが使いやすい いえるでしょう。

あれば便利なアイテムたち

メモ帳とボールペンは必須アイテムですが、あれば便利なアイテムもたくさんあります。

人によって使う・使わないが分かれるかもしれませんが、私は以下のようなアイテムも常備して使用しています。

カッター

 品出し作業をするならば、カッターは必須アイテム だといえるでしょう。

グロッサリー部門はこれがなければ仕事になりませんし、また青果部門でもダンボールをよく開封するため必要となってきます。

その他の部門―――精肉・鮮魚・惣菜・レジ部門の方も、ダンボールを触る機会も多少はありますから、持っておくと重宝しますよ。

さてどんなものを選べばいいかといいますと、 基本は100円ショップに置いてあるもので十分 です。

しかし 少し値段が張っても、ダンボール開封に特化したカッターを選ぶとさらに仕事の効率化が図れます 

特に箱のふたを切ってそのまま陳列することも多いグロッサリー・青果部門の方は、切れ味のいいものを選ばないと、切断するのに時間もかかりますし手を切る危険もあります。

たかがカッターと思って適当に選ぶと、あとで後悔するはめになるかもしれません。

フリクション

文字を消せるボールペンとして有名なフリクションですが、公正証書など大切な書類には使用することができません。

そんなフリクションですが 発注や棚卸しの下書きに使用すると、とても便利 なのですよ。

発注や棚卸しでは商品の数を記入しますが、あとから修正しなければならなくなることも出てきますよね。

ここで普通のボールペンを使用していた場合、修正テープ等使わなければ書き直すことができません。

余白に書くのでもいいのですが、見た目が汚くなり、どの欄の数字かわからなくなってしまいます。

しかし フリクションであれば何度でも書き直すことができますから、書類の見た目も損なわず、修正テープなど余計な道具も用意する必要もありません 

発注や棚卸しに携わるのであれば、持っておくと便利ですよ。

マジック

作業に使えるのはなにもボールペンやフリクションだけではありません。

 黒マジックも、ボールペンやフリクションと同じく持っていると便利な文具 です。

用途としては段ボールにちょっとしたメモ書きや商品の入荷日を記すときに、ボールペンだと何が書いてあるかわかりにくいため、マジックを使用するのです。

 マジックで書くと遠くからでもはっきりと何が書いてあるかわかりますから、わざわざ目を凝らしてみるストレスから解放されます 

段ボールに書く以外にも、私は目立たせたいメモなどはボールペンでなくあえてマジックで書いています。

軍手

品出しの多いグロッサリーとデイリー部門の方は、軍手を持っておくといいかもしれません。

特にグロッサリーの方は段ボールに触れる機会が多く、知らないうちに手を傷つけてしまっていることも多々あります。

ひどい時には、出血してしまっていることも…。

しかし 軍手をつけていれば、肌が傷つくことを防げ安全に作業することができます 

デイリーの方は品出しの際ずっと冷たい商品に触っていなければならず、手の感覚がなくなることもあります。

手が動かなくなると仕事になりませんし、なにより冬場はとても辛いんですよね。

そんな 手の冷えも軍手をすることによって、幾分か和らげることができます 

軍手をしているのとしていないのとでは、冷たさが大違いですよ。

私は青果部門に所属していますが、冬場ブロッコリーなどの野菜を氷水の中から取り出すときに軍手をして、そのうえからポリ手袋をはめて作業をしています。

ポリ手袋だけだと氷水の冷たさがほぼ直に感じられるのですが、軍手をすることによって感覚が和らぎ、作業が楽になりました。

その他じゃがいもなどの土物に触るときに、手が汚れないように軍手をしている方もいたりします。

以上のことから青果部門の方にも軍手はあれば便利なアイテムですし、おすすめですよ。

ばんそうこう

スーパーでの作業はなにかと手にケガしがちです。

紙きれでスパッと切ってしまったり、段ボールでいつのまにか傷ついていたり、包丁やカッターでザクッといってしまったり…。

 もし手を切ってしまった時のために、ばんそうこうを数枚用意しておくといい でしょう。

 特に防水タイプになっているものがおすすめ です。

また、自分だけではなく誰かがケガをしてしまった時にさっと差し出してあげると、とても喜ばれますよ!

仕事で必要なものとしていろいろ品目を紹介しましたが、これらすべてを自分で用意しなければならないとは限りません。

会社によっては、会社の備品として用意してくれているところもあります。

用意されているのであればそちらを使ってもいいですし、自分の好きなキャラクターなどのメモ帳やボールペンを使用するのもモチベーションが上がるのでいいかと思います。

ただし…お気に入りの文具を使用すると、なくしてしまったときのショックは大きくなるのでその点は注意してくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!