「部門」タグアーカイブ

バイトを辞めようか悩んでいるなら…-時間帯や部門を変えてみる-

人間関係や待遇に不満を持った・単に飽きたといった理由でバイトを辞めたくなることって、ありますよね。

だからといって安易な考えで辞めてしまうと、あとから後悔することになるかもしれません。

辞める決断をする前に、ちょっと立ち止まって考え直してはみませんか?

現状を変えることによって、また新しい気持ちでバイトに臨むことができるようになりますよ。

スポンサーリンク

勤務する時間帯・曜日を変えてみる

人間関係がうまくいかない・苦手なお客様がいるといった理由でバイトを辞めようか考えているのであれば、勤務する時間帯・曜日を変えることによって問題が解決することがあります。

基本的に人間の生活パターンはほぼ決まっているので、時間帯や曜日を変えれば苦手な人たちと顔を合わす可能性が低くなるといえるでしょう。

つまり、 苦手な従業員と絶対に被ることのない(苦手なお客さまが来店されないであろう)時間帯や曜日に勤務を変更すればいい ということになります。

たとえば、苦手な人たちが主婦パートさんなら夜間に勤務することは普通考えられませんし、社会人のお客さまなら日中や日曜に買い物に来られることはそうそうないと考えられます。

上記の場合ですと夜間に勤務を変更する・平日の日中に勤務時間・曜日を変更するというふうにすれば、それぞれ顔を合わさずにすみます。

勤務時間を変更すると、新しい従業員と関係を築いていかなければならないため、少し勇気がいるかもしれません。

しかし 一緒に働く従業員と客層が変わるということは、新鮮な気持ちでバイトができるということでもある のです。

特別現状に不満はないけど、なんだかマンネリ化している…という方も、勤務時間を変えてみるといいかもしれませんね。

所属する部門を変えてみる

人間関係はもとより仕事内容自体に嫌気がさしている・飽きた場合は、所属する部門を変える―――――部門の異動を考えてみるといいでしょう。

しかし 部門を変わると新しい仕事を一から覚えなければならないため、慣れるまで大変 です。

下手すれば、異動前の方が仕事内容も合っていた・人間関係も良かった…ということもありえます。

そのため 部門の異動をするのであれば、ある程度の覚悟も必要 となってきます。

ただし いろいろな仕事を経験しておくと、その経験が後々プラスになることもありますし、やってみて損はない でしょう。

勤務する店舗を変えてみる

この手はあまり勧められませんが、もうどうしても今の店でやっていけないというのであれば、勤務する店自体を変えるということも考えてみてはいかかでしょうか。

とはいえ 店を異動するには、それ相応の理由が必要 となってきます。

なぜなら時間帯や部門の変更は同じ店の中で収まる話なのに対して、店舗を変えるには異動先の店長や人事部の許可を得なければならないからです。

そして 異動先の事情(受け入れ可能かどうか)などを考慮しなければならず、たいした理由でなければ受け入れてもらえません 

そのため、店舗の異動は簡単にはできないといえるでしょう。

とはいえ、 事情によってはすんなり受け入れてもらえるケースもある ので、諦めずに交渉してみてください。

上記で現状を変える3つの提案をしました。

それぞれの方法の難易度は難しい順に店を異動>部門を異動≧時間帯・曜日を変える、となります。

私自身には店舗異動の経験はないのですが、「新しく赴任してくる店長が嫌いだから」という理由で店を異動した人がいました。

よほどトラウマになることがあったらしく、新店長が知らされると同時に自分の異動を頼んでいたそうです。

さすがに、こんなケースは滅多にありませんが…これも一つの手なんだと感心しましたね。

みなさんも勤務する時間帯や部門を変えることで、辞めるという最悪の事態を回避することにつながりますから、勇気を出して交渉してみてください。

それでもバイトを続けていけそうにないなら、無理せず辞めてしまうのが最善でしょうね。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!