「その他」カテゴリーアーカイブ

分類が難しいその他の記事がまとまっています。

まるで天国?!ゆるい職場の特徴-自由度が高く適当-

みなさんは働くなら、さまざまな点で制限が厳しい職場とゆるい職場、どちらがいいですか?

厳しい職場のほうが自分自身のキャリアアップにつながるからいい!という人もいれば、ゆるい職場で無理せずやっていきたい、という人もいるでしょう。

とはいえ、ゆるい職場って一体どんな部分が「ゆるい」のか、いまいちわからない部分も多いですよね。

今回は、ゆるい職場の特徴を紹介します。

あなたが勤めている職場は、果たしていくつ下記の特徴に当てはまっているのでしょうか…。

スポンサーリンク

仕事中に持ち場を許可なく離れることができる

ふつう仕事中にも関わらず持ち場を離れる際は、その理由を言う必要があります。

トイレは別として、それ以外の理由で勝手に持ち場を離れるのはいいことではありません。

みなさんも、同じ部屋で作業している同僚がいつの間にかいなくなっていたら、どこに行ったんだろう?と疑問に感じませんか。

ましてそれが共同作業であれば作業も進みませんし、勝手にいなくなられるなんて、大迷惑ですよね。

周囲の人間の気持ちを考えると、 一緒に仕事をしている仲間には一言声をかけるのがマナー なのです。

ところが ゆるい職場では、個人個人が自由気ままに好きな時に持ち場を離れ、しかも長時間戻らずともお咎めなし 、ということがザラなのです。

一体何をしているのか?というと、たいがいがサボりです。

このような場合、職場全体の雰囲気もあまり覇気がなく、やる気のない人間が多く集まっているということが多くみられます。

注意しなければならない立場の上司ですらも、同じようにサボっていることが多く、もうどうしようもありません。

適当に、気負わず仕事をしたいという人にはうってつけの環境でしょうね。

仕事中に長時間雑談をしている

仕事中に雑談をすること自体は、けして悪いことだとはいえません。

作業がひと段落した際など、一息つきたくなるときもあるでしょう。

しかしあくまでも雑談にすぎませんから、 仕事の話よりも雑談の割合が多くなってしまっては困ります 

 ゆるい職場はこのけじめがついていない ため、仕事中にも関わらず、長時間にわたる雑談で時間をつぶす人間が多数存在しています。

あげくのはてに、作業の手を止めておしゃべりに夢中になっているということも日常茶飯事です。

よくコミュニケーションを取るという意味ではアットホームな職場ともいえますが、そういう職場で会話に混じらないと変人扱いされていじめられたりもするんですよね。

仕事中に私用でスマホやPCをいじれる

 私用でネットしたり、メールしたり、電話したり…そのようなことは、基本的には休憩時間にすます こととなっています。

ところが、 仕事中にも関わらず私用のためにスマホやPCをいじっていても、ゆるい職場であれば何ら問題ない のです。

なかにはエッチな動画を見たり、オークションをしたり、株の取り引きをしたり、オンラインゲームをしたりというつわものもいます。

しかも周囲の人たちも半ば公認(?)しているのですから、ある意味うらやましいですよね。

仕事中の飲食が許されている

これまた、 基本的に飲食は休憩時にすますこと になっています。

しかし職場によっては、水分補給のみ常時可能であったり、ひとくちサイズの菓子ならば間食OKだったり、かなり許容範囲が異なっています。

確かにのどが渇いたり口さみしいときもありますから、多少の飲食は仕方ないかと思います。

人によっては、小腹がすきやすい体質の人もいますしね。

しかし ゆるい職場では個人の体調管理の一環として、仕事中であってもある程度自由に飲食を取ることが許されています 

実際そのことで仕事の能率があがるなら、全く問題ないという考えの職場もありますし、食欲という三大欲求を無理に抑えるのも体に悪いですからね。

自分の都合で勝手に勤務時間を調整できる

ときには用事などで早く帰ったり、出勤時間を早めてその分早く帰ったりしなければならないこともあるでしょう。

そんなとき、上司に確認する・許可を得るのが当然ですよね。

驚くべきことに ゆるい職場では個人個人の勝手で、好きに勤務時間を調整可能なことが多々 あります。

これは各人がしなければならない業務さえきっちりこなしていれば、会社側としてはある程度自由な勤務で構わない、というスタンスを取っているのです。

勤務時間に縛られたくない人にとっては、ありがたいことですよね。

身だしなみに寛容である

人は見た目で判断してはいけないとは思っていても、実際のところ見た目で判断されることがほとんどでしょう。

もちろんTPOもありますから、アパレルや美容関係などではむしろどんどん着飾って、自分のセンスを出さなければいけません。

しかしそれ以外の職場では 派手な髪形・髪色・アクセサリー・服装をしていると、常識知らずですとか、空気が読めない人と思われてしまいかねません 

 ゆるい職場の場合はそういった身だしなみに関しても寛容であることが多い ので、自分の好きなスタイルで仕事をすることができます。

身だしなみにうるさいところだと、働くモチベーションもなかなか上がりませんものね。

上司や先輩への礼節が重んじられていない

 上司や先輩に敬意を払うことは、社会の常識 です。

具体的には敬語を使ったり、常に相手を立ててあげたり、気を配ったり―――これらの礼節を重んじることができなければ、社会人失格と言われてしまうでしょう。

ところが当たり前のようにため口を使うなど、自分の友だちかのように上司・先輩に接してもお咎めなしの職場も存在します。

そのような職場では、とにかくアットホームさを前面に押し出していて、従業員同士フレンドリーである傾向にあります。

このように 上司との距離感がないと、緊張感も出ませんから、必然的にゆるい職場となる のです。

ちなみに上司との距離感が近いことは、あまり好ましい状態ではありません。
上司との距離感…近すぎるとNG?!

他人に注意できる人間がいない

職場の環境は、働く従業員のモチベーションに大きく作用します。

一生懸命真面目に仕事をする従業員が集まっていれば、必然的に真面目な人ばかりの職場になりますし、逆もまたしかりです。

 ゆるい職場というのは上記で述べているように、仕事中でも平気でサボったり自分勝手に出退勤をいじったりと、好き放題やっている人間が多く集まっている のです。

そして、 そのことについて誰も注意をしないので、そのような環境が当たり前となってしまっている というわけです。

注意したところで、上司を上司とも思っていない従業員たちばかりですから、まともに聞き入れてくれる人間がいるかどうか怪しいですが…。

マニュアルがない

業務についてマニュアル化し、全ての従業員が同じレベルの作業を行えるように一元化している職場は、従業員のことをよく考えているといえるでしょう。

一方 マニュアルもなく、とにかく見て聞いて覚えなければならないというのは、あまりにも従業員の負担が大きすぎます 

教える人によって手順が違っていることもしばしばあり、教えてもらう側とすれば、一体誰の言うことを聞けばいいのかもわかりません。

そしてわけもわからないままいきなり実践させられて、失敗すれば当然叱責されるだなんて、あまりにも理不尽ですよね。

このような マニュアルもなく、適当に見てやりながら覚えればいいというのは、ゆるい職場によくありがちな事例 となっています。

あなたが勤めている職場は、上記の特徴のうちいくつ該当したでしょうか。

私が勤めているところは、ほとんど全て当てはまっています笑

従業員たちも「こんなにゆるいところ、他にない!」とまで断言しているくらいのゆるさです。

もしすべての項目に該当していたら、あなたの職場は天国ですよ!

きっと、他の職場に行ったら今までのぬるま湯加減に愕然としてしまうことでしょう…。

スポンサーリンク