「イベント」タグアーカイブ

職場でのバレンタイン、どうする?-義理と本命それぞれの場合-

毎年必ずやってくる一大イベントの一つ、バレンタイン。

楽しみにしている人も大勢いることでしょう。

しかし一部の働く女性にとっては、職場の男性にあげたほうがいいのかどうか悩んでしまう時期でもあります。

現在あげるかあげないか迷っている方に、今回は義理の場合はもちろん本命の渡し方についてもアドバイスを送ります。

スポンサーリンク

そもそも、渡すも渡さないも個人の自由

職場でのバレンタインですが、本命の相手がいない人にとっては面倒なイベントとなっています。

正直言ってたいして仲良くもない職場の人のために、お金を使いたくありませんよね。

とはいえ、世間ではバレンタインチョコを渡すのが当然かのような風潮になっています。

このことから、職場ではやはりバレンタインチョコを渡したほうがいいのかと悩んでいる方もたくさんいます。

しかし、 渡すも渡さないも、はっきり言って個人の自由 なのです。

いくら周囲の人たちが渡していようが、自分が渡したくなければ渡さなくていいのです。

ただし 職場によってはお局さまが取り仕切っていることもあり、この場合はお局さまに従ったほうがいい でしょう。

その多くは女性従業員から一定額(ほとんどが数百円程度)を集めて、そのお金で一括して職場用のバレンタインチョコを渡す人数分買う、というかたちになっています。

そして「女性従業員一同より」として、各男性従業員に配布するというわけです。

自分が直接渡すわけじゃないのにお金を出すなんて、なんだか腑に落ちない方もいるでしょうけど、そういう風習になっている職場もいまだ多く存在しています。

いっぽう、職場でのバレンタイン廃止派の方々も最近では増えてきており、特にお返しをしなければならない立場の男性からは大きな声があがっているようです。

もしも職場でのバレンタインをやめさせたいのであれば、思い切ってその声をあげれば、意外と賛同してくれる人が出てきてくれるかもしれませんよ。

義理チョコを渡す相手は、ごく限られた人だけでOK

もし義理チョコを個人で渡すのであれば、誰にどれくらいの金額のものを渡そうかを考えなければなりません。

個人的な考えでは、 直属の上司・部下・同僚のうち、それぞれ一番お世話になっている人だけに渡せばいい と思っています。

このなかでも特に、上司を最優先に渡すようにするといいでしょう。

最悪の場合、同僚や部下には渡さなくてもかまいません。

一人あたりにかかる金額はたいした額でなくとも、数人分となれば結構な出費になりますからね。

いくら義理でも、あからさまな安物チョコはNG

ただ、いくら義理チョコにお金をかけたくないからといって、 五円チョコや個包装のチョコ1個だけなどと粗末なものを渡してはいけません 

それはなぜかといいますと、 男性からするとそんなものにまでお返しをするのが面倒 なのです。

チョコをもらった男性は、お返しの品はもらったものの金額にかかわらず、ある程度それなりのものを選ぶ必要があると考えます。

そのためもらったのが数十円程度のチョコにも、その何倍何十倍ものお金をかけなければならなくなるのです。

それを逆手に取って、数十円のチョコで数千円もするような高価なお返しを狙っている女性がいることも、残念ながら事実ではあります。

もし本命チョコと勘違いされないように、 わざと粗末な義理チョコを渡しているのでしたら、いっそ渡さないほうがいい でしょう。

男性からしても数十円チョコは仕方なしにくれたんだと丸わかりですし、また、チョコならなんでも喜ぶわけでもありません。

どうせ義理とはいえ人にあげるものですから、気持ちがこもっていないと相手にも失礼になりますよ。

本命チョコは、差別化することが大切

社内恋愛中の方は、好きな人に本命のチョコを渡してアプローチしたいところですよね。

本命チョコを渡すなら、当然義理チョコとは違うものを用意しましょう。

 義理にも本命にも同じ品物を渡してしまうと、もらった男性が本命チョコだと気づいてくれない可能性がある のです。

女性が思っている以上に、男性は他の人がどんなチョコを誰からもらったのか?という点を気にしています。

自分と同じチョコを持っている男性がいれば、これは義理チョコなんだとふつうは思います。

女性は手紙やメッセージを書くなどして、細かい部分で義理と本命の区別をつけたがりますが、それでは男性はわかりません。

それどころか、手紙やメッセージの存在に気づきもしなかった、という鈍感な男性もいるくらいです。

 本命チョコだとわかってもらうには、やはり義理チョコとは別のものを渡して差別化するのが一番 です。

あまり高価なチョコは、相手の負担になる

そんな本命チョコには、どれくらいの金額のものを渡したらいいのでしょうか。

男性は女性からもらったチョコよりも基本倍返しを考えますから、もらったものが高額であれば、お返しも高額になってしまいます。

そのため 男性にとって負担にならないよう、あまりにも高価なチョコは避けたほうがよさそうです 

だいたい千円~二千円くらいの価格帯のものであれば、お返しの金額もそんなに高価にならないですし、女性からしても手が出やすい価格ですのでベストかと思います。

手作りチョコは賛否両論

市販品よりも気持ちが伝わるのは手作りチョコだ、と考えている方もいるでしょう。

しかし 手作りチョコは渡す相手と深い信頼関係が築かれていなければ、やめておいたほうがいい のです。

その理由は、 他人の手作り料理に対する嫌悪感を抱く人が多い からとなります。

自分では清潔な環境で作っているつもりでも、その状況がわからない相手からすると、変なものが混入していないか、素手でベタベタ触られていないか不安なのです。

手作りチョコが嫌いな男性の多くは、もらうときには素知らぬ顔をしていますが、実際は作った女性の知らないところで捨てていることも珍しくありません。

また、どうせもらうなら素人が作ったおいしいかどうかわからないチョコよりも、味が保証されている市販品のチョコのほうがいいという男性もいます。

このようなことから 手作りチョコは、お相手からリクエストされたときだけにしておくのが無難 といえるでしょう。

本命チョコを渡すのは、二人きりのときに

最後に 本命チョコは二人きりのときに渡す、ということが大切なポイント となります。

二人きりのときなら、ふだん言えない気持ちを伝えることもできますし、社内恋愛の周囲バレを防ぐことにもなります。

もし 周囲の人、特に他の男性に見られてしまうと、渡す女性側もですが渡される男性側がより気まずい思いをすることもある からです。

というのも男性は自分が本命チョコをもらえたかどうかで、自分の価値を確認する面があります。

やはり男性にとって、本命チョコをもらうことはとても誇らしいことなのです。

そのため 義理チョコしかもらえなかった男性から、本命チョコをもらっている男性が嫉妬されかねない のです。

嫉妬される側とすれば、女性がこっそり渡してくれたらこんなことにはならなかったのに、と思わざるをえませんから…。

また、 本命チョコを見た周囲の人たちから「これ本命じゃん」「あの子のこと好きなの?」などとおもしろおかしく言い寄って冷やかされてしまう こともあります。

男性は自分の恋愛事情に他人から干渉されたくない傾向が強いので、冷やかされると恥ずかしく思ったり、嫌な気分になってしまいます。

渡したチョコのせいで不快な思いをさせてしまっては、せっかくのバレンタインが台無しとなってしまいますから、気をつけましょう。

結局、職場の男性にバレンタインチョコを渡すかどうかは、個人の自由ということになります。

誰も渡すことを強制することはできないのですから、当然といえば当然でしょうか。

そもそもバレンタインは、相手に感謝の気持ちを伝えるイベントです。

つまりいくら義理でいやいや渡したところで、まったく意味がありません。

そのため自分が本当にお世話になっている人、感謝したい人、心から好きな人にだけ心をこめて渡すことが大切といえるでしょう。

渡す人も渡される人も、お互いに幸せな一日になるといいですよね。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!