「スーパーの内部事情」カテゴリーアーカイブ

スーパーがブラックって本当?理由は?-社員よりバイトのほうがマシ-

スーパー業界に対して、ブラックなイメージを持っている人は多いようです。

ブラックなイメージがあるゆえに人手不足におちいり、ますます従業員が大変になるという悪循環をたどっています。

スーパー業界には、以下のようなネガティブな面が強く出ている感じがありますね。

  • 長時間労働
  • サービス残業ばかり
  • 休日がまともに取れない
  • ノルマがある
  • 給与が安い

このような部分が、「スーパーはブラックだ」と言われるゆえんとなっているようです。

avatar

管理人

周囲の社員を見ていると、「ブラックすぎてヤバいな」と思いますね。バイトならいいけど、社員には絶対なりたくないです。

スーパーに勤めた経験がある人なら、この業界がいかにブラックであるか、身をもって思い知ることでしょう。

はっきりいって、スーパーに就職するのはおすすめできません。

もしスーパーへの就職を考えているのなら、この記事を読んで、スーパーという業界の現実を知っておいてください。


勤務がシフト制で不規則

 スーパーの社員は、勤務がシフト制のため不規則 となっています。

不規則な勤務になる理由として、

  • スーパーの営業が年中無休であるから
  • バイトやパートの穴埋めをしなければならないから

といった事柄が関係しています。

まずスーパーはご存知のとおり、ほぼ年中無休で営業していて定休日がありません。

そのため、シフトによってそれぞれの休日を調節しなければならないのです。

カレンダーとペン社員の休み希望は後回しにされることが多い

しかし、多くの主婦パート・学生バイトが休み希望をどんどん出してくるため、社員は休み希望を出しにくいのが現状です。

社員とパート・バイトの立場を考えると、当然パート・バイトの休み希望を優先しなければなりませんからね。

そもそも社員はパートやバイトの穴埋めをするための存在です。

ある意味、パートやバイトが社員の休みを決めているともいえるでしょう。

つまり社員はパートやバイトが少ない日に出勤し、余裕があるときや店が暇になりそうな日に休みを取ることになります。

 不規則なシフトによって、家族や友人との関係が疎遠になってしまったり、生活のリズムが乱れるようになってしまいます 

このことに嫌気がさしていく人も少なくありません。

休日出勤もよくある

不規則な勤務に加え、せっかくの休日が潰れてしまうことも。

 主婦パートや学生バイトは急に休むこともあり、そのさいには社員が呼び出される からです。

呼び出しがかかれば、すぐに出勤しなければなりません。

avatar

管理人

社員はパートやバイトの穴埋めをしなければなりませんから、仕方ありませんね。

また出勤するまでにいたらずとも、部下からの連絡がかかってくることは日常茶飯事です。

 スーパーの社員には、休日でも自由がない といえるでしょう。

長時間勤務でサービス残業は当たり前

 スーパーの社員の勤務時間は、10時間以上になることも珍しくありません 

多くの社員が早朝6~7時に家を出て、夕方18~19時ごろ帰るという生活になります。

これでも早いほうで、もっと遅いときには閉店する21~22時まで帰れないことも。

avatar

管理人

人手不足の店だと、開店前から閉店するまでずっと一人で売場を見なければならず、帰りたくとも帰れないということが起こります。

きっちり8時間で帰ることができるのは新入社員くらいで、 ほとんどの社員はサービス残業している のです。

残業代がまったく出ないわけではないのですが、月に何十時間までと上限があり、その上限をゆうに超えてしまうのです。

朝は早いし帰ってくるのも遅い、しかもサービス残業ばかり。

そしてせっかくの休みもいつ潰れるかわからない…。

これじゃブラックもいいところですよね。

せめて残業代をすべて出してくれるのなら、モチベーションも下がらないのですけどね。

給与を時給換算するとバイト・パートより安い

ふつう働いた時間が同じであれば、社員の月給がバイト・パートの時間給を上回るのが当たり前です。

なぜなら、社員はバイトやパートよりも手厚い待遇を受けることができ、その身分を保障されているためです。

ですから給与面に関しても、社員のほうがバイトやパートより多くもらえるわけです。

前出しをするスーパーの従業員社員よりバイトやパートのほうが割がいい?

しかし スーパー業界では社員の給与を時給に換算すると、バイトやパートよりも安くなるケースが少なくありません 

社員は手厚い待遇を受けられるかわりに、責任の重さなどで自由度が大きく制限される身分です。

それなのに、自由でいつでも替えがきいてしまうバイトやパートよりも給与が安ければ、社員という存在に意味がなくなってしまいます。

avatar

学生バイト

バイトやパートになってフルタイムで働いたほうが、社員よりも月給多くもらえるなら、誰も社員にならないよなぁ。

社員で一生懸命働いても、適当に時間を過ごして帰るバイトやパートよりも時給が低ければ、当然モチベーションは下がります。

そして、やがては退職へとつながるのです。

有給が取りにくい

有給は仕事を休んでも給与が支払われるという、大変ありがたい制度です。

しかし、日本における有給の取得率は先進国のなかでもかなり低く、とりわけ小売業は有給取得率が約35%しかありません。

そして 小売業の一種であるスーパー業界も、有給はなかなか取れないのが現状 です。

有給が取れない理由として、

  • ふだんの公休ですら、まともに取れないため有給どころでない
  • 他の社員が有給を取らず、有給が取りにくい
  • 有給は公休日を買い取るかたちで処理している

以上のことが考えられます。

これら3つの理由の背景には、スーパーがつねに人手不足であることが関係しています。

そして、 人手不足→公休すら取れない→有給なんて取れない→有給を買い取るかたちで処理…という流れが起こる のです。

ただし2019年度より、年5日以上の有給休暇取得が義務づけられましたので、これからは有給も少しずつ取りやすくなるかと思われます。

avatar

管理人

私の勤める会社では夏季休暇というかたちで、公休と有給を組み合わせて連休を取ることになりました。

異動がひんぱんにある

 スーパーでは、誰かが辞めてしまったり、新店を出す・既存店の閉店などがあると、人事異動をして人数を調節する ことになります。

人事異動は仕方ないことなのですが、問題は人事異動が行われる頻度が多いことです。

avatar

管理人

つい先日異動したばかりの人が、事情が変わってまたすぐ異動することもあります。

人事異動の影響は大きく、異動の対象になった人はもちろん、異動する人の関係者にも負担がかかります。

avatar

学生バイト

うちの店長、また異動で変わるの?

やっと今の店長に慣れてきたところだったのにー。今度の店長はどんな人か不安だなぁ。

avatar

学生バイト

そのため 人事異動が多い会社では、従業員がその負担に耐えきれず辞めていってしまう のです。

このことから、人事異動の頻度が高いスーパー業界はブラックだといえるでしょう。

ノルマがある

みなさんもご存知だと思いますが、 スーパーではクリスマスケーキや恵方巻にノルマがあります 

ノルマが課せられる理由は、会社が売上金額・売上個数の目標数値を定めているためです。

そして、会社から必ずその目標数値を達成するよう、従業員にプレッシャーがかけられます。

avatar

管理人

バックヤードに誰がどれだけの数量を獲得したのか、表にして張り出されたりするんですよ。ノルマが達成されていなければ、朝礼のときに名指しで責められることも…。

このようなプレッシャーをかけられると、必要もないのに購入したり、友人や知人に頼み込んで買ってもらうことになります。

 ノルマのためだけに欲しくもないのに買わなければならないなんて、まさにブラックを象徴 していますね。

最近では、ノルマを廃止するスーパーも少しずつ出てきていますが、多くのスーパーでは依然としてノルマが課せられている状況です。

潰しのきかない業種である

スーパーの仕事を一言で表すと、物を仕入れて売ることになります。

物を仕入れて売る、そこには特別なスキルも経験も必要ありません。

商品を確認している女性スーパーは敷居は低いが、潰しはきかない

小売や飲食などのバイトやパートを戦力にしている業種は、はっきりいって誰でもできる仕事なわけです。

現に、社員とバイト・パートが同じ仕事をしているところも多いです。

このように スキルや経験も必要がなく誰でもできる仕事を、いくら長年勤めていたところで、その経験は他の業種で役には立ちません 

つまり スーパーは潰しがきかないため、将来性がない仕事 だといえるでしょう。

本部に行けるのはほんの一部

 スーパーで高給取りを目指すなら、店舗の勤務ではなく本部に行かなければなりません 

最初は平社員として店舗に勤務し、そこからチーフなどの役職を経験していき、最終的には本部の営業部長や取締役といった幹部を目指すことになります。

ここで問題となるのが、どれくらいの人が本部に行けるのか?ということです。

…残念ながら、 選ばれたほんの一部の人しか本部には行けません 

それも入社数年で本部に行く人もいれば、何十年と勤務していても本部に行けない人もいるのです。

ぶっちゃけ本部に行けるかは、実力や運に恵まれているかどうかで決まります。

上司にうまくゴマをすって、ひいきしてもらうのも一つの手ですが…諸刃の剣ですね。

本部に行けば勝ち組ですが、いい年して店舗に勤務している平社員やチーフクラスは負け組と言わざるをえません。

avatar

管理人

あまり勝ち組とか負け組とか言いたくありませんが、あえて本音を述べさせてもらいました。

将来、淘汰されていく仕事である

 これから、スーパーでの作業はAIロボットが行っていくと予見されています 

現時点ですでに作業をロボットに行わせ、従業員の無人化を図っている店も出てきています。

ただ、それでも人間の手で行わなければならない仕事もあります。

たとえばバイヤーはお得意先と一対一で話をして、商品の値段交渉や品揃えについて協議していきますが、これはロボットでは代わりになりません。

それから店舗の販促内容についても、営業企画課の担当者がアイディアを出し合って決定しています。

本部の人たちが行っている仕事は、ロボットに代わってもらうことはできません。

ですから、 今後は店舗勤務の従業員は減少し、生き残っていくのは本部に勤務している人間だけになる と思われます。

とはいえ、本部に行けるのは一部の人間だけですから、とても狭き門となっています。

以上のことから、 総合的にみてスーパーの仕事はこの先淘汰されていく といえるでしょう。


すべてのスーパーがブラックとは言いませんが、ブラック率が高いことには違いありません。

会社の規模が小さければ小さいほど、ブラックである可能性が高いので要注意ですよ。

いっぽう大手スーパーだと、福利厚生も充実していたり、給与面でも満足できる額をもらえるようです。

もしあなたの彼氏や旦那がスーパーで社員になろうとしているなら、できるだけ大手に行くように勧めたほうがいいと思います。

avatar

管理人

私の旦那もスーパーに勤めていますが、会社の規模が小さいのでやはりキツいですね。はっきりいってブラックです。

スーパーの社員の年収や休日について、もっと詳しく知りたい方は、下記の参考記事をご覧ください。

現在ブラックスーパーに勤めてしまっている場合は、できるだけ早く転職しましょう。

特に新卒の方は、一刻も早いほうがいいですよ。