「値引き」タグアーカイブ

スーパーでの仕事内容、こんなことしてます!-レジや品出しなど-

なるほどといった様子の男女

スーパーでのお仕事はレジや青果など、部門ごとにわかれて行います。

いろいろな部門がありますが品出しや発注など、仕事の内容はほとんど共通しています。

ただ、扱う商品が部門によって違うだけなのです。

ただしレジ部門には特有の仕事がありますから、他の部門とはちょっと違うお仕事をすることになります。

それではスーパーでどんな仕事をするのか、

  • 各部門共通の仕事
  • 生鮮部門の仕事
  • レジ部門の仕事

以上の3種類にわけて紹介していきます。

これからスーパーで働いてみようかと思っている方は、この記事を読んで、スーパーで働くことへのイメージをつかんでみてください。


各部門共通の仕事

スーパーではいろいろな部門がありますが、まず各部門に共通している仕事を紹介します(※レジ部門は除く)

例をあげるならば品出しや、値引きなどの仕事があげられます。

品出しや値引き以外にもいろいろな仕事があり、それらが毎日のルーティンワークになっているのです。

荷降ろし

 スーパーでの一日は、まず荷降ろしをするところから始まります 

商品はカゴ車や長台車に積み込まれた状態で店に搬入されるので、ここから商品をおろさなければならないのです。

荷物いっぱいのカゴ車商品はこのような状態で搬入される

そして、 すぐに売場に並べられるものはその場で品出しをしていき、まだ出せない商品は冷蔵庫やバックヤードに在庫として保管しておきます 

ただし商品を保管するといっても、適当に置いてはいけません。

いつ届いた荷物なのか・何の荷物なのかということがわかるよう、できる限り整理整頓しておく必要があります。

在庫の整理整頓ができていないと、品出しする商品を探し出すのに時間がかかったり、傷んでしまった商品が奥から出てきたり…ということが起きてしまうのです。

商品を片付けたら、カゴ車や長台車を規定の場所に片付けます。

ここまでが荷降ろしの一連の作業となります。

品出し

品出しとは、商品を売場に陳列することを指す言葉です。

前出しをするスーパーの従業員品出しをしなければ始まらない

さらに詳しく説明すると、 売場で少なくなっている商品があれば、在庫をバックヤードから持ってきて補充する ことになります。

スーパーで行う作業の大部分は、品出しといっても過言ではありません。

品出しをするタイミングは

  • 朝一番に商品が納品されたとき
  • タイムサービスが始まる直前
  • 品薄になっているものが出たら随時

となっています。

品出しのさい、賞味期限の古いものを手前に出す、乱れている陳列を整えるといったことも同時に行います。

生鮮部門では、鮮度チェックも行わなければなりません。

売価を変更

スーパーの商品の価格は、

  • 定番価格(通常時の価格)
  • 特売価格(特売時の価格)

の2種類となっています。

価格の設定(以下、売価変更…略して売変)の流れとしては、以下のようになります。

 商品が入荷→バイヤーから指示された価格を確認→売変(これが定番価格) 

また 特売の日のために、定番価格を特売価格に売変することも必要 となります。

売変作業は簡単で、商品をスキャンし価格を入力すれば完了します。

もちろん特売価格やタイムサービスなど、日時を指定しての売変もできます。

さて売変を行うさいは、値段や設定日時を間違えないように注意しなければなりません。

もしも売変ミスをしてしまったら、お客さまからのクレームは必至です。

お客さまからのクレームを防ぐためにも、売変したあと、一度レジにて実際に商品を通して価格を確認するようにしましょう。

ポップの作成

ポップは、商品の価格や特徴が書かれた掲示物のことです。

ただの値札より商品が目立たせることができるため、お客さまからの興味・関心を引くために使われます。

 ポップの作成にはパソコンの専用ソフトが使われますが、より商品をアピールしたいときには、ブラックボードなどにあえて手書きすることもあります 

avatar

管理人

ドン・キホーテのポップは、とても楽しく思わず見入っちゃいますよね。あのポップは、ポップライターという専門職の方によって作られているのです。

ポップひとつで、商品の売れ行きを大きく変わることもあるため、地味ながらもけして手を抜くことはできない作業になります。

注意点として、商品の価格とポップに記載されている価格が間違っていることがないように、しっかり確認をしなければなりません。

この確認を怠ると、お客さまからクレームが出ることになってしまいます。

できれば売変とポップの作成は、連動して行ったほうがいいですね。

値引き

スーパーの仕事は、品出しをしたら終わりではありません。

 賞味期限や鮮度チェックをして、期限の近いものや傷んできた商品は値引きしなければなりません 

値引きは賞味期限の数日前には20~30%引き、賞味期限当日には半額にするのが一般的となっています。

生鮮物でしたら、部門チーフの裁量で値引きする割合が決められます。

ひたすら対象の商品に値引きシールを貼っていけばいいので、簡単ですが単調な作業でもあります。

値引き忘れをすると、お客さまから言われてしまいますから気をつけましょう。

avatar

管理人

お客さまは商品を従業員よりもよく見ているものです。値引きする前に、声をかけられることもよくあります。

発注

発注は、その部門の売上や利益を左右するとても大切な仕事です。

発注をする従業員売場を見ながら、発注数量を決めていく

単純に品切れしている商品を発注すればいい、というわけにはいきません。

なぜなら 商品の売れ数を予測して、一日で売り切れる数を発注することが求められる からです。

売上や売れ数は事務所のパソコンで確認することができるので、そのデータを参考にして売れ数を予測していきます。

 発注は多すぎても在庫になってしまいますし、かといって少なめにすると品切れしてしまいます 

そのため、多すぎず少なすぎずの発注をして、在庫をうまくコントロールしていかなければなりません。

これがまた、難しいわけなんですけどね。

適切な在庫管理ができないと、利益が取れない原因になってしまうため、部門の発注担当者はかなり神経を尖らせているのです。

特に生鮮部門の場合はなまものを扱うわけですから、かなりシビアな発注精度が要求されます。

とはいえ、現代では機械が先週の売れ数や天候などのデータから、最適な発注数を予測して勝手に発注してくれるシステムもあります。

このように自動的に発注してくれるシステムを使えば、在庫のコントロールがより楽になります。

しかし、まだまだ人の手で発注作業をしている店が多数です。

人力で発注する方法は以下の3種類のうち、EOS発注と呼ばれる方法が主流となっています。

  • 専用の端末を使い、発注数を入力して送信(EOS発注)
  • 発注数を手書きしてFAX送信
  • 電話をかけて口頭で発注数を申告

未だにFAXや電話で発注しているのは、かなりの零細スーパーくらいだと思います。

いずれの方法にせよ、発注はかなり気を使う作業ということには違いありません。

しかし発注がうまくできるようになると、やりがいや達成感を得ることができますし、なにより自分に自信がつくようになります。

「発注を任せられるのは、不安だな」と感じる人もいるでしょうけど、やってみると意外と楽しいものですよ。

生鮮部門の仕事

青果・鮮魚・精肉・惣菜の生鮮部門は、他の日配部門や食品部門(以下グロッサリー)にはない、商品の加工・製造や鮮度チェックをしなければなりません。

ここが、グロッサリーと生鮮の大きな違いとなります。

商品の加工・製造

 生鮮部門の場合は商品を加工して製品化しなければ、売場に出すことができないものも多くあります 

たとえば…

  • 青果は大根やキャベツなどをカット
  • 精肉は肉魂を適量にカット
  • 鮮魚は生魚を刺身にする
  • 惣菜はフライヤーやスチコンで揚げたり蒸したりする

などの作業を行っています。

さらに詳しい作業内容については、以下の記事をご覧ください。

生鮮部門での加工・製造作業はさほど難しくないので、スーパーでの仕事が未経験でも問題ありません。

avatar

管理人

50代・60代の未経験者も、1ヶ月あれば慣れてくるくらい簡単な作業です。

もし難易度をつけるなら、難しい順に鮮魚、精肉、惣菜、青果といった感じですかね。

鮮度チェック

 青果部門では値引きを行う前段階として、鮮度チェックを行います 

なぜなら青果物には賞味期限がないので、自分の目で見て手で触って鮮度を確認する必要があるからです。

鮮度チェックで傷んでいると判断された商品は、値引きをして売り切ることになります。

レジ部門の仕事

レジ担当者はレジ打ち以外にも、いろいろな作業を一日のなかで行っています。

お客さま目線だと気づかないような細かい作業もあったりして、意外とやることたくさんあるのですよ。

レジの立ち上げ、釣銭準備

 朝イチから勤務するレジ担当者は、開店までにレジの立ち上げと釣銭の準備を行わなければなりません 

レジの立ち上げというのは、レジのシステム(POS・ポスといいます)を起動させることを意味します。

操作はとても簡単で、事務所のパソコンでPOSシステムのアプリを起動させるだけです。

そのため、特別な知識がなくてもレジを立ち上げることができます。

釣銭の準備は自動出入金機という機器を使って必要な金額を下ろし、各レジに用意しておくことで完了します。

自動出入金機の操作も、必要な金額をキー操作で入力するだけなので、なんら難しくありません。

レジの立ち上げと釣銭の準備が終わったら、これでお客さまをお迎えする準備は完了です。

レジ打ち

 レジ打ちは、お客さまが持ってこられた商品をスキャンし、お会計するまでが一連の作業 となります。

レジ打ちは簡単そうに思えますが、実際はかなり大変な作業です。

レジに商品をスキャンしているところお客さまは商品の扱い方をよく見ている

商品をカゴに移し替えるという何気ない動作でも、気を抜くことはできません。

お客さまが不満を感じれば、すぐにクレームを入れられてしまいます。

特に卵やパンなど、割れやすいものやつぶれやすいものの扱いには注意する必要があります。

もちろんお金の取り扱い方や、言葉遣い・表情も笑顔で丁寧であることを心がけなければなりません。

以上のようなことから、レジ打ちはとても気を使う部分が多く、業務を嫌がる人も少なくありません。

心から接客が好きな人じゃなければ、レジを続けることはできないでしょうね。

レジ周りや店内の清掃・片づけ

 レジ担当者の仕事のなかには、レジ周りの掃除や片づけも含まれています 

レジ周りの掃除や片づけの内容は、具体的に以下のとおりです。

  • サッカー台の下や外にあるゴミを捨てる
  • お客さまが持ち込む資源ごみの整理
  • カゴ・カートの整理整頓

ゴミがあふれていたり、カゴやカートが散乱していては、お客さまが不快な思いをしてしまいます。

お客さまが快適に買い物ができるように、レジ担当者はつねにレジ周辺、そして店内のチェックを行いながら仕事をしなければなりません。

備品の補充

 レジ担当者は開店前やレジ業務の合間を見計らって、お客さま用の割りばしやスプーン、レジ袋といった備品も補充しておかなければなりません 

必要なときに切らしてしまうと、お客さまの目の前で補充をすることになりますが、スマートではありませんし、待たされるお客さまは不満を感じてしまいます。

お客さまに不満を感じさせないためにも、あらかじめ手が空いたときに補充しておくことが求められます。

レジ締め

レジの担当者が交代するさいや、閉店のさいにはレジ締めを行います。

 レジ締めはPOSシステムを落とし、各レジにある金銭を自動出入金機に保管する作業 になります。

各レジの釣銭を数えて売上金の計算をし、レジ1台ごとにその日出入金した金額がいくらなのかを明確にしていきます。

POSデータ上の数字と実際に数えた釣銭の金額が合わないと違算となり、釣銭の数え間違えもしくはレジ打ち込みの間違えかどちらかの原因が考えられます。

違算は誰が違算を出したかわからないことも多く、連帯責任を負わされることもあります。

本当はやってはいけないことですが、違算を出したら従業員がその分を補填するというルールになっているところも(!)

最悪の場合には始末書を書かされるかもしれませんし、またその後も繰り返し違算を出してしまうとクビになる可能性も。

レジが敬遠される理由のひとつに違算を出したくないから、と言われてしまうのも無理はないですね。


スーパーの仕事といえば、レジや品出しと思っていた方も多いでしょう。

しかし、スーパーでは他にもいろいろな仕事を行っているわけです。

荷物の片付けといった地味な仕事から、発注といった責任が大きな仕事まで、さまざまな仕事をこなしていかなければなりません。

もちろん最初からすべてをやらせるわけではなく、少しずつ仕事を覚えてもらって、慣れてきたらひととおりのことをやってもらうという流れになります。

人手不足の店では一人が多数の仕事ができるよう、従業員を教育しているところが多くなっています(多能工化)

そのため、ひとつの部門だけでなく、複数の部門を掛け持ちしなければならない可能性もあります。

avatar

管理人

私も2部門掛け持ちしていましたが、なかなかハードでした…。時給があがるなど、何かメリットがなければやっていられません。

ひとつひとつの作業自体は簡単ですから、部門掛け持ちもできないことはありませんが、負担になることには違いありません。

もしスーパーで働くなら、部門掛け持ちもありうると思っていてください。