「鮮魚」タグアーカイブ

スーパーの生鮮部門、どんな作業をするの?-カットや値付など-

商品を手にとって鮮度チェックをしている女性

スーパーの生鮮部門は、裏方とも呼ばれています。

裏方と呼ばれるだけあって、生鮮部門では売場で作業するよりもバックヤード(裏)で作業することのほうが多くなっています。

ふだんお客さまからは、いまいちどんな作業をしているかわからない生鮮部門。

生鮮部門でバイトを考えている方は、どんな作業をするのか気になるところなのではないでしょうか。

そこで今回は、生鮮部門特有の作業について紹介していきます。


商品をカットする

生鮮物はすべてがそのまま売場に出せるわけではなく、店での加工が必要なものもあります。

その 加工のひとつとして、商品をカットすることもあります 

野菜の下ごしらえ中家庭料理の延長線上となる作業が多い

たとえば青果部門はキャベツや大根を半分に、鮮魚部門は丸魚を刺身に、精肉部門は肉魂を各種スライス肉に、惣菜部門はかぼちゃやなすを天ぷら用スライスにしたりします。

 青果部門と惣菜部門のカット作業は、半分にカットしたり、適当な長さにカットしたりすればいいので、ふだん料理をしない方でも簡単に作業を行うことができます 

いっぽう、 鮮魚部門と精肉部門のカット作業は技術が必要で難しく、またケガをする危険性もあります 

実際鮮魚部門の人は手に傷が絶えませんし、スライサーで指を切ってしまった精肉部門の人もいます。

そのことに関係してか、鮮魚部門と精肉部門では経験者がとても重宝され、また他部門より時給が高くなっています。

技術が必要であること、またケガのリスクがあるために、経験者が優遇されたり時給が高くなっているというわけです。

商品を計量する

 商品の加工として、規定の重量を量ることが必要な商品もあります 

たとえばお弁当ひとつにしても白米の量とおかずの量、それぞれ細かい規定がありますから、その規定に従わなければなりません。

いずれにせよ、 決まった重量になるように計量して容器に入れるだけなので、何も難しいことはありません 

そして誰がやっても同じ出来栄えになるように、マニュアルが用意されていて、そのとおりにすればいいという店が多数となっています。

商品を包装する

新鮮な野菜と果物青果物の多くは店や市場で加工されている

商品加工の最終工程は、トレーや袋に商品を入れて包装する作業となります。

商品を包装するといっても、トレーに入れたり、袋に入れたりなどといくつか方法があります。

それらの方法について、詳しくみていきましょう。

トレーに入れて、ラップする

生鮮部門では商品をトレーに詰めることが多く、特に鮮魚部門と精肉部門で多用されている包装方法となっています。

 トレーに商品を詰めたら、容器全体を覆うようにラップをします 

ラップと言っても、市販のサランラップで行うのではありません。

“パッカー”という専用の機器を使用したり、計量と同時にラップ包装が行える”自動計量包装値付機”という機器を使用します。

自動でラップを行ってくれるタイプなら簡単なのですが、人の手でラップしなければならない場合は、コツをつかむまで作業が難しく感じるでしょうね。

袋に入れて、バッグシーラーで留める

青果部門では、 OPP袋という耐曇の透明袋に商品を入れた後、バックシーラーと呼ばれる専用の機器で袋の口を留めるという包装もよく使われています 

耐曇の袋を使うのは、野菜や果物から発せられる水蒸気が袋につくと、その水蒸気によって商品が傷んでしまうのを防ぐため、そして中身がはっきり見えるようにするためです。

ちなみにバッグシーラーを使った作業は、職場体験の中学生からは楽しい・おもしろいと好評価なんですよ。

袋の口がきれいに留まるのが爽快なのかもしれませんね。

容器に入れて、ふたをする

 包装方法として一番簡単なのは、指定の容器に商品を入れたあとふたをする作業となります 

惣菜部門のお弁当や青果部門のカットフルーツなどでは、ふたつきの容器がよく用いられていますよね。

 ふたをしたら、しっかり本体の容器にはまっているから確認して、不安定だったらさらにセロテープを貼って補強します 

容器によってはふたがすぐに浮いてしまうものもありますから、面倒くさがらずにふたがはまっているかの確認をしましょう。

お客さまが商品を購入した後、ふたが開いてしまうと服や車内を汚してしまうおそれがあり、クレームのもとになりかねませんから、注意しなければなりません。

値付け

商品の包装が終わったら、値付けを行います。

ハンドラベラーという器具を使うこともありますが、 生鮮部門では通常、計量値付機を使用して値付を行います 

計量値付機を使うと加工日・消費期限・産地・値段といった項目を自由に設定することができ、設定された価格などをシールに印刷してくれるという、すぐれものとなっています。

もし、違う商品を値付するさいには値段などの項目を変える必要があります。

この操作はタッチパネルや数字のキーを触って行いますが、ふだんスマホやパソコンを触らないような方でも、すぐに覚えることができますから大丈夫ですよ。

 使い方はとても簡単で、シールが必要な枚数を指定して発行し、あとはそのシールを商品に貼り付けるだけです 

高度な機能がついたものになると、値付と同時にラップも行ってくれたりもします。

これらの機器を利用して値付したら、ようやく商品を売場に出せるようになります。


今回は、ふだん知ることができない生鮮部門特有の作業について紹介しました。

紹介した作業はどれも難しいことはないので、1ヶ月もあれば十二分に慣れることができるのではないかと思います。

なにせ職場体験の中学生でも簡単にこなしてしまうくらいの作業レベルですからね。

生鮮部門の担当者は、これらの加工作業だけではなく、他にもいろいろな作業を行っています。

詳しく知りたい方は以下のページも参考になさってください。