世渡り上手?!ずる賢い人の特徴-口が上手く根回し上手-

あなたの身近に「あの人、大した仕事もしてないのになぜか評判がいいなぁ」「上司にひいきされてるなぁ」と感じてしまう人っていませんか。

スーパーで働く私の周囲にも、そんなずる賢い…いえ世渡り上手な人がいます。

ある意味うらやましい存在の彼らですが、一体どういう特徴を持っているのでしょうか。

スポンサーリンク

積極的に自己アピールをする

 彼らは、自分は仕事が早く優秀で博識な人間なんだという自己アピールを欠かしません 

難しい言葉を使ってみたり、うんちくをひらけかしてみたりといった直接的なアピールももちろんしますが、間接的なアピールもあります。

他人と自分と対比させて話すことによって、間接的に自分は仕事してます・仕事できますアピールになるわけです。
特に上司の前ではその言動は顕著になる傾向にあります。

例えば「Aさんは発注取るのに1時間もかかってるみたいですけど、僕はたった15分で終わりますよ」というような発言。

上記の例で言えば、要は相手(Aさん)よりも自分の方が早く発注を終わらせられる、優秀だとアピールしているわけですね。

このような 自己アピールをうのみにしてしまった上司たちは、彼の能力を高く評価する一方、比較された相手への評価を下げる わけです。

なぜならこの2人を比べて本当にそうなのか、わざわざ確認や検証をするということはよほどのことがなければないので、彼らの一方的な言い分を信用してしまいます。

世の中アピールしたもの勝ちですから、積極的に自分をアピールする彼らは得をしていますよね。

言いたいことは、遠慮せずズバズバ言う

彼らは自己アピールが上手なだけにとどまりません。

 良くも悪くも、言いたいことをズバズバ言ってのける根性があります 

このことは一見して、謙虚な気持ちがなく失礼なように思えますが、実は真逆でいい印象を与えることができるのです。

その証拠に、日本では腹を割って正直に話をするということは美徳と言われています。

そして本音で話をすることは相手からすると、自分に心を開いてくれている・この人は裏表がなく信用できると思われ、彼らへの心証がよくなります。

つまるところ、そのような 素直な物言いが、人からの好感が上がりひいては高い評価にもつながっていく のです。

自分のミスを認めず、言い訳して責任転嫁する

 彼らは決して自分のミスを認めず、責任転嫁します 

そこで、彼らの特徴である口のうまさが活躍するのですよ。

自分のミスを認めてしまえば、自分の評価が下がってしまうことを恐れるゆえに、必死に言い訳をします。
その言い訳がまた巧妙で、 あたかも相手に原因があるような言い方をし、聞いている側はそんな言い訳に思わず納得してしまう のです。

元々自己アピールをし高い評価を得ている彼らは周囲からの支持を得て、黒でも白に無理矢理変えてしまうことができるのです。

上司など、立場が上の者に媚びへつらう

これはもう、鉄板項目でしょう!

ここでも、彼らの口のうまさが大活躍します笑

口がうまいということは、お世辞もうまいわけで… 相手を気持ちよくさせるために心にもない言葉を一生懸命口説きます 
明らかにお世辞だろうと思う言葉でも、やっぱり言われた側は嬉しいものですからね。

ある意味、見習いたい部分でもあります。

 その反面どうでもいい人間に対しての態度は辛辣 で、上司にへこへこしている姿とのギャップが見てておもしろいんですよね~。

スーパーだと、バイヤーと取引先の関係でも力関係が生じているので、一般的にバイヤーはメーカーに対して高圧的な態度だと言われています。
「うちの会社がわざわざ買ってやるんだからな!」と言わんばかりの態度で、メーカーの営業マンが癖時することもしょっちゅうあるようです。

上司がいないところで上手く手を抜く

さんざん、彼らの口のうまさについて語ってきましたが…彼らの特徴は他にもあります。

それは、 上司がいないところで上手く手を抜く ということです。

よくある事例として、上司が見ている前では一生懸命仕事をするのに、上司がいなくなった途端にサボりだしたり、他の人に仕事を押し付けたりするということが挙げられます。

 彼らにとって大切なのは上司からの評価であり、それ以外の人間のことは眼中にないので、このような振る舞いが平気でできる のです。

このように態度が豹変するさまをいくら上司に訴えたところで、上司の目に映っているのはいつも手際よく仕事をこなしている彼らの姿ですから、なかなか理解してもらえません。

そんな彼らを見ていると、真面目にやっている方がアホらしくなってモチベーションが低下してしまいますが、ある意味尊敬する部分でもあります。

誰しも仕事は早く終わらせて帰りたいものですから、彼らのように適度に手を抜き仕事を早く終わらせるというのは、実は理にかなっていることなのではないかと思います。

もちろん、全力でやって仕事が早い方がいいに越したことはないのですが、それもまた難しいですよね。

私も昔は真面目にやっていたので、手を抜いている人間を見るとイラついたものですが、今では手を抜けるところは抜くようになりました。
結局そういう人間ばかりが得をする世の中なのですから、理不尽ながらもある程度割り切って仕事をするしかありません。

コミュニケーション能力が高く、親しみやすい

つまるところ、 彼らはコミュニケーション能力が高い といえるでしょう。

彼らの態度は馴れ馴れしいくらいフレンドリーで、上司や部下という立場も関係なく、誰とでも分け隔てなく接しています。

あまり話をしないようなおとなしい人に対しても、積極的に声掛けをしてコミュニケーションを取っていたりするのです。
こうして声をかけてもらえると、人間やっぱりうれしいものですから、自然と相手に対して好感を抱きます。

 彼らは自然に相手との距離を縮めていくことが上手いので、親しみを持たれやすく 、一見すると社内の人気者であることが多いです。

そして 周囲から気に入られて評判がいいということが、上司から見ても頼りがいがある・リーダーシップを取れるとの高い評価につながります 

しかし裏の顔を知っている人間からすると、この愛想のよさも、全ては自分の評価を上げるための戦略でしかないのだろうな、と冷めた目で彼らを見てしまいます。

ここまでいろいろな特徴をみてきましたが…やはり世の中口が上手く、媚を振りまく人間が得をするってことなんでしょうかね。

そんな人間に騙されてしまう人間も多く存在しているってところが、また嘆かわしいことなのですが、こればかりはどうしようもありません。

彼らがいけしゃあしゃあとのさばっている姿を見ると、世の中理不尽だと思いますよね。

そして自分もそんな人間になるか、彼らよりも上の立場になるか、我慢してみて見ぬふりをするか…という選択肢の中から、どれを選ぶのかはあなた次第です。

スポンサーリンク