スーパーのバイト、接客が苦手でも大丈夫?-接客を回避する方法-

ガッツポーズで意気込む女性

スーパーでバイトしたいという人のなかには接客は苦手ですとか、人見知りということで諦めてしまう人もいるようです。

たしかに、スーパー=接客・レジというようなイメージが世間では根強くあります。

しかしスーパーでは接客やレジだけではなく裏方の作業もありますし、人見知りだったり接客が苦手であってもハンデになることはありません。

今回は、接客が苦手だけれどスーパーでバイトしたいという方に向けた、アドバイスを送ります。

スポンサーリンク


生鮮部門なら、ほとんど接客しないですむ

前出しをするスーパーの従業員品出しの最中に話しかけてくるお客さまは結構いる

スーパーで主に接客をしなければならない部門は、直接お客さまと顔を合わすレジ部門と品出しが主な作業となるグロッサリー部門となっています。

そのほかの 生鮮部門(青果・鮮魚・精肉・惣菜)であれば、お客さまと接客することはほとんどありません 

お客さまと顔を合わせるのは売場で品出しをするときくらいで、それ以外はバックヤードでの作業になります。

品出しすらもパートやバイトがせず、社員の方がすべてやってしまうところもありますから、そうなればまったくといっていいほど接客せずにすみます。

ただし生鮮部門は午前中に人手がほしいため、学生さんが入るのはちょっと難しいかもしれません。

しかし昼以降の時間帯にも募集をかけている店もあるので、気になった方は一度確認してみるといいでしょう。

夜間は客数が少なく、接客する機会も減る

また 接客が苦手なら、勤務するのは夜間がおすすめ です。

 夜間は来店されるお客さまの数自体が少なくなるので、必然的に接客する機会も減ります 

また客層も昼間とは異なり、仕事帰りのサラリーマンや惣菜などの見切り品狙いの常連さんが多数を占めています。

彼らはとにかく早く買い物をすませて帰りたいので、従業員に対して必要最低限の接触しかしてきません。

昼間のお客さまは従業員とのコミュニケーションを目当てに来店される方が結構いるので、どうでもいい雑談に付き合わされることもあります。

従業員としては忙しいときに雑談してくるのは、正直遠慮していただきたいと思っています。

いっぽう夜間のお客さまはさっさと買い物だけして帰るので、こちらも仕事を淡々とこなせばいいので、気持ち的にはすごく楽ですよ。

接客は、ていねいな受けごたえをすれば大丈夫

しかし、いくらお客さまと接触する機会を減らしたとしても、まったく顔を合わさないということはありません。

売場を通ることがあるのならば、お客さまからいつ声をかけられてもおかしくはありません。

お客さまから声をかけられれば、もちろん接客しなければなりません。

とはいえ難しく考える必要はなく、 お客さまの話をちゃんと聞いて、ていねいな受けごたえをすれば大丈夫 ですよ。

逆にしてはいけないのはお客さまの話をさえぎってしまったり、否定したり、わからないと言ってしまうことです。

もし自分ではわからないことを聞かれた場合は、すぐに上司(部門のチーフや店長などの正社員)に応対を変わってもらいましょう。

わからないのに知ったかぶると、クレームにつながってしまうこともありますから気をつけてください。


接客が苦手な人がスーパーで働くには、なるべく接客を回避できるような部門や時間帯を選ぶことが大切となってきます。

実際スーパーの従業員には接客が苦手な人が結構いますが、そのような人はたいがい生鮮部門で働いていますね。

店によっては人手不足や多能工化の推進によって、生鮮部門担当でもレジに入るよう要請してくることもありますが、接客が苦手ならばそれは断りましょう。

レジ部門は本当にストレスも溜まりますし、よほど接客が好きな人でないと長続きしません。

せっかくバイトという身軽な立場で働くのですから、わざわざ苦手な仕事を選ぶ必要はまったくありません。

正社員の場合はそんなこと言っていられませんけどね。

スポンサーリンク


こちらの記事もお見逃しなく!