スーパーの品出しは、接客なしって本当?-レジ兼任が多い-

商品を確認している女性

スーパーのバイトで、接客が嫌だから品出しを選ぶという人はたくさんいます。

しかし実際には、品出し担当なのにレジもするはめになったという人もいるようです。

結局レジもやらされるのなら、品出しを選ぶ意味がありませんよね。

はたして、品出しのバイトは接客しなくてもいいというのは本当か嘘か…どちらなのでしょうか?


品出しでも、最低限の接客を求められる

品出しはただひたすら商品を並べていればいい、というイメージを持っている方も多いかもしれません。

しかし 売場に出て作業する以上は、最低限の接客は行わなければなりません 

前出しをするスーパーの従業員品出しの最中に話しかけてくるお客さまは結構いる

自分からお客さまに声をかけなくとも、お客さまのほうから声をかけてくるからです。

もしお客さまから声をかけられれば、無視することはできません。

そのため接客はどうしても行わなければなりませんが、難しく考える必要はありません。

 お客さまの話をちゃんと聞いて、ていねいな受けごたえをすれば大丈夫です 

 避けなければならないのはお客さまの話をさえぎってしまったり、否定したり、わからないと言ってしまうことです 

もし自分ではわからないことを聞かれた場合は、すぐに上司(部門のチーフや店長などの正社員)に応対を変わってもらいましょう。

わからないのに知ったかぶると、クレームにつながってしまうこともありますから気をつけてください。

品出しとレジを兼任させられることも

 店によっては、品出しとレジを兼任させられることもあります 

これは多能工制度(マルチタスク)を取り入れている店によく見られ、多能工とは一人で複数の業務をこなせるようにする制度となっています。

大きな店では作業量が多いため、それぞれ独立していることが多いのですが、 小さな店また人手不足の店では多能工により品出し兼レジ担当となることが多くなっています 

笑顔でお客さまに接客するレジ従業員小さな店や人手不足な店ではレジ兼任が当たり前  いったいなぜ品出しとレジを兼任させるのかというと、これはずばりレジ応援に対応するためです 

売場で品出しをしているときにレジ応援がかかったら、すぐにレジに入って、お客さまを待たせないようにしなければなりません。

レジ応援がかかっても知らない顔して品出ししていると、お客さまからレジ入らないの?と催促されてしまいます。

品出しがレジ兼任の可能性があるとわかったところで、みなさんが気になるのは、レジ兼任しなければならないかどうかの見極め方法ではないでしょうか?

まず 募集要項に品出し・レジと書いてあるものは、兼任しなければならない可能性が高くなります 

逆に品出しのみで接客はありません、というような書き方をしている場合は、レジを兼任することはまずないと思ってもよさそうです。

しかし 単に品出しとしか書いてないのであれば、もしかするとレジも兼任しなければならない可能性がありますから、店に詳細を確認したほうがいいですね 


どうやら、品出しといっても接客は避けて通れないようですね。

スーパーという職場自体が接客業ですから、接客が苦手な人にとっては厳しいかもしれません。

ただし、生鮮部門だといくぶんか接客する割合が少なくなります。

なぜなら、グロッサリー部門や日配部門は品出しで長い時間売場にいるのに対し、生鮮部門ですと商品の加工と製造もあるため、売場にいる時間はそう長くないからです。

そのため、品出しという作業では接客を必ず回避することはできませんが、できるだけその機会が少なくなる生鮮部門は、接客が苦手な人にうってつけとなります。

実際、接客が苦手な人はたいがい生鮮部門で働いていますね。

店によっては人手不足や多能工化の推進によって、生鮮部門担当でもレジに入るよう要請してくることもありますが、接客が苦手ならばそれは断りましょう。

せっかくバイトという身軽な立場で働くのですから、わざわざ苦手な仕事を選ぶ必要はまったくありません。


こちらの記事もお見逃しなく!