バイト先のノルマは違法?!従わなくていいの?-違法の可能性大-

スーパーやコンビニのクリスマスケーキや恵方巻は、毎年従業員に提示されるノルマが問題となります。

ノルマ未達成の場合は、罰金などペナルティを受けさせられることも珍しくありません。

ところが、ノルマ未達成時にペナルティを課すのは違法なのではないか?とちまたでは噂されています。

ペナルティどころか、ノルマ自体が違法という意見もありますが、本当のところはどうなのでしょうか?


ノルマが課せられる理由

そもそもなぜノルマが課せられるか、気になる方もいることでしょう。

その理由は店側とメーカーなど取引先企業が、お互いにwin-winの関係でいたいから、となります。

握手をする男性いわゆる大人の事情に従業員が巻き込まれる

そもそも 店とメーカー両者の思惑として、たくさん仕入れ販売して利益や売り上げをあげたいと考えています 

まず店がメーカーから多く仕入れると、メーカーの利益や売上が上がるので、この時点でメーカーの目的が達成されます。

いっぽう 店は仕入れた分の商品を少しでも多く、お客さまに購入してもらわなければ、目標の売上や利益を上げることができません 

しかし、どこで購入するかの選択権はお客さまにはありますから、購入を強制することはできません。

そこで 会社の一員である従業員に購入を協力してもらう必要が出てくるのですが、これがいわゆるノルマというかたちで表されているのです 

ノルマに従う必要はあるのか

それでは、店からノルマを提示された場合は従う必要はあるのでしょうか。

ここがみなさん、一番気になるところなのではないでしょうか。

単刀直入に言えば、 ノルマに従う必要はありません 

なぜなら、 店側は購入を従業員に強制することができない からです。

そのためノルマと銘打っていても、あくまでも購入の協力をお願いしているというかたちになります。

とはいえ、ノルマが提示されるのは購入を強制されているようで、気分はよくないですよね。

ノルマを提示すること自体が違法なのではないかという声も聞きますが、残念ながら、 ノルマを提示すること自体は違法にはあたらないのです 

ノルマ未達成時のペナルティは違法の可能性大

ノルマを提示することは違法にならないのですが、 ノルマを達成できなかったとしてペナルティを課すことは違法になります 

手を突き出して制止する女性ペナルティを課すのは違法行為!

ペナルティには主に減給、罰金の徴収、売れ残った商品の買い取りを強要することがあげられます。

いずれも、従業員が金銭的な負担を強いられる事柄ばかりですよね。

このように ノルマ未達成といって、従業員に不利益を被らせることは労働基準法違反となる可能性が高くなります 

具体的には、賃金の全額払い原則に抵触するといわれています。

また強要罪にもあたる可能性もありますから、もしもノルマ未達成でペナルティを課されたら、労働基準監督署のほうに相談をしてください。


スーパーやコンビニで働いている人たちは、毎年のノルマ問題に頭を悩ませていることかと思います。

本当は買いたくもないクリスマスケーキや恵方巻を、無理して買っている人も大勢いることでしょう。

こんなノルマ制度、なくなってほしいですよね。

しかしノルマが存在する理由が、店側とメーカー側が双方の売上・利益を向上させるために手を組んでいることに起因していますから、これからもこの風習はなくならないでしょう…。

ただノルマに従わなくともなんら問題はないので、今後買いたくなければ買わなくてもいいのです。

そして万が一、商品を買わなかったことなどを理由にペナルティを課された場合は、悩まずに労働基準監督署に相談をしましょう。


こちらの記事もお見逃しなく!