「コラム」カテゴリーアーカイブ

部門担当者の仕事内容を紹介-一日のスケジュール例も-

スーパーにはさまざまな部門が存在しています。

みなさんはそれぞれの部門でどんな仕事が行われているか、ご存知でしょうか?

レジ部門はお客さまの側から一番目に見える部門ですから、仕事のイメージができるかもしれませんね。

しかしそれ以外の部門担当者の仕事は、いまいち見当もつかないのではないでしょうか。

今回はふだん知ることのない、レジ以外の部門担当者が行っている仕事について紹介します。

スポンサーリンク

部門担当者の主な仕事

お客さまの側からは、部門の担当者は品出しをしているイメージしかないかもしれません。

しかし部門担当者は日々、さまざまな業務をこなしているのです。

以下にあげる作業は毎日の仕事の基本であり、これらの業務がルーティンワークになっています。

荷降ろし

読んで字のごとく、荷物を降ろす作業です。

スーパーへ納品される荷物はカゴ車というゴンドラや、長台車に積載された状態で搬入されてきます。

そのため、 まずはカゴ車や長台車から荷物を下ろさなければなりません 

 すぐに売場に並べられるものと、まだ売場に出せないものを区別し、まだ出せない荷物は冷蔵庫やバックヤードに保管 しておきます。

ただし荷物を保管する、といってもただ適当に入れておけばいいというわけにはいきません。

 いつの荷物なのか・何の荷物なのかということが、自部門の従業員がわかるようにできる限り整理整頓しておく必要がある のです。

この整理整頓ができていないと、品出しする商品を取り出すのに時間がかかったり、傷んでしまった商品が奥から出てきたり…などといった弊害が起こってしまいます。

そんな事態が起こらないように例えば、商品名が記載されている面を手前にして置き、さらに入荷日の日付を書いておくなどの工夫をするのです。

このようにきちんと荷物を整理しながら片付けたら、最後にカゴ車や長台車も規定の場所に片付けて終了です。

この一連の作業で荷降ろし完了となります。

品出し

スーパーでの主たる仕事は品出しといっても過言ではありません。

 バックヤードにある在庫の商品を売場に持っていき、所定の位置に同じ商品を並べていくだけの、誰にでもできる簡単なお仕事 です。

品出しをするタイミングはまず朝一番に商品が納品されたとき、そして売場の様子を見ながら品薄になっているものが出たら随時となっています。

 このとき同時に賞味期限の古いものは手前に出す、鮮度チェックといった作業も行う 必要があります。

鮮度チェックについては後述していますので、そちらもご覧ください。

売価変更・確認

スーパーの商品の価格は日々目まぐるしく変化しています。

通常の定番価格を広告の特売価格に変更するなどといった、 価格の設定を行うのも、店の部門担当者の仕事の一つ となります。

ちなみに価格を変更することを業界用語で売価変更、略して売変といいます。

「売変した?」「売変がかかってない」などと、スーパーで働いていれば日常的に使う言葉なので、覚えておくといいかもしれません。

売変作業はパソコンを使用して行わなければならないため、機械オンチの方にはちょっと難しく感じられるかもしれません。

具体的には売変する商品をスキャンして認識させ、変更後の売価とその登録の期間を指定することで、売変完了となります。

登録する期間として日時を定めることができるので、これを利用してタイムサービスの値段の切り替えを自動で行うこともできます。

最後にレジで価格を確認し、価格に相違がないかを確認して終了です。

 売変後の売価確認はとても重要な作業で、面倒でもこれをおこたってしまうと、お客さまからのクレームの元となってしまう のです。

そのため、売変後は必ず売価確認も一緒に行うようにしましょう。

売変ミスの理由の一つとして、登録の日時を間違えていたというケースも多いので、念入りにチェックしたほうがいいでしょう。

また、ポップのつけ替えも忘れないように気をつけなければなりません。

ポップ作成・つけ替え

ポップとは、簡単に言えば商品の価格や特性をアピールするために掲示されているものを指します。

主に目立たせたい商品にポップをつけて、お客さまからの興味・関心を引きつけるために使用します。

 売場で重要な役割を果たすポップですが、部門担当者が作成を行います 

パソコンの専用ソフトを使い、メーカー名(産地名)、商品名、価格、コメントなどを記入して印刷すれば、あっという間にポップの完成です。

こだわりが強いスーパーですと印刷ではなく、ブラックボードなどにあえて手書きさせるところもあるようです。

ドン・キホーテはそのいい例で、ポップライターという専門職の方がポップを手書きで作っていますが、ふつうのスーパーではそこまで手間暇かけられないので印刷しています。

ポップができたら今度は売場に取り付けるわけですが、ここで重要なのは 商品の価格とポップの価格がちゃんと合っているかどうかを確認 することになります。

レジで通したときの価格とポップの表記が違っていれば、当然お客さまはどちらが正しいのか?と不信感を抱きますし、またクレームとなります。

特に広告の品の場合は、お客さまはあらかじめ特売価格をチェックしてきていますから、値段に相違があるととても大きな問題に発展する可能性があります。

そのため、売変作業・売価確認作業・ポップ確認作業は三位一体で行わなければなりません。

値引き・鮮度チェック

部門担当者は品出しをして終わり…というわけにはいきません。

 品出しをする際もしくは、時間がすいたときにかならず値引き(鮮度チェック)を行わなければなりません 

この値引きや鮮度チェックをおこたると、賞味期限切れの商品や傷んでいる商品が売場に出たままになってしまい、クレームの要因となってしまいます。

値引きは賞味期限を確認して、賞味期限の数日前には20~30%引き、賞味期限当日には半額にするのが一般的となっています。

該当の商品には値引きシールを貼るわけですが、手で一枚一枚シールを貼っていくところもあれば、機械を使ってシールを出して貼っていくところもあります。

青果部門では値引きを行う前段階として、鮮度チェックを行います。

なぜなら青果物には賞味期限がないので、自分の目で見て手で触って鮮度を確認する必要があるからです。

 鮮度チェックで傷んでいると判断された商品は、やはり値引きをして売り切る ことになります。

バックヤードで商品の製造

 青果・精肉・鮮魚・惣菜これら生鮮部門の担当者は、バックヤードでの商品製造も重要な仕事 になっています。

納品された商品をそのまま出せばいいグロッサリーとは違い、生鮮部門の場合は商品を加工して製品化しなければ、売場に出すことができないものが多々あるからです。

青果は大根やキャベツなどをカット、精肉は肉魂を適量にカット、鮮魚は生魚を刺身にする、惣菜はフライヤーやスチコンで揚げたり蒸したりするなどの作業がメインとなっています。

このように 加工作業をしてはじめて、商品として売場に出すことができるようになる のです。

ただし人手不足の店では、店の担当者が加工作業を行わなくてもいいように、あらかじめ製品化されたものを外注していることもあります。

実際のところ最小人員で店をまわすために、外注化して担当者は品出しするだけということも珍しくなくなってきました。

この品出しですら、人間ではなくAIロボットが行っている店もあるようですから、ますます人間の手が必要なくなってくるかもしれません。

発注

 発注は、その部門の売上や利益を左右するとても大切な仕事 です。

今では機械による自動発注にまかせている店が多くなりましたが、まだまだ人の手で発注作業をしている店もあります。

昔は専用の注文用紙に記入してFAXを流して発注というスタイルがほとんどでしたが、今では専用の端末を使ってオンラインで発注するのが主流となっています。

発注はただ売場にない商品を入れればいい、というわけではありません。

 商品の売れ数を予測して、ちょうど一日で売り切れる数を発注しなければならない のです。

売上や売れ数は事務所のパソコンで確認することができるので、そのデータを参考にして売れ数を予測していきます。

当然特売の商品はいつもより大幅に売れ数が増えますから、少し多めに発注をかけなければなりません。

 適切な在庫管理ができないと、利益が取れない原因になってしまう ため、部門の発注担当者はかなり神経を尖らせているのです。

特に生鮮部門の場合はなまものを扱うわけですから、かなりシビアな発注精度が要求されます。

もしも自動発注でしたら機械が先週の売れ数や天候などのデータから、最適な発注数を予測して勝手に発注してくれるので正直楽なのですが…。

部下への作業指示

もし 部門チーフなどで自分に部下がついているのであれば、部下への作業指示も行っていかなければなりません 

ベテランパートたちは自分の好き勝手に仕事を進めたがりますが、それでは作業効率が上がりません。

ちゃんと 上司が各人に的確な作業指示を出してこそ、能率よく仕事が進んでいく のです。

実際作業指示がきちんとされている店は人時生産性も高く、限りある人手を有効に使えていることが立証されています。

作業指示の方法としては、作業指示書に誰が何をどうするかというのを書いて、メンバー全員が見える場所に置いておくことになります。

こうすることによって部下は指示待ちのムダなロス時間がなくなりますし、目の前の作業に集中することができます。

部門担当者のスケジュール例

ここでは、とある青果部門担当者の1日のスケジュールを紹介します。

詳細は下の表をご覧ください(見にくい場合は、クリックすると拡大されます)

企業によって開店時間や発注を行う時間は異なるかと思いますが、だいたいこのような流れとなっています。

例では青果部門担当者としましたが、その他の部門担当者も 基本的には荷降ろし・品出し・発注・加工作業(生鮮部門のみ)をローテーションで行っています 

今回はレジ以外の部門担当者が行っている仕事について、紹介しました。

いろいろな仕事がありますが品出ししている姿くらいは、みなさんも見かけたことがあるのではないでしょうか。

しかし品出しはあくまで仕事の一環にすぎず、お客さまが知らないところで他にも細かい作業をしているのです。

スーパーでの作業は時間に追われることが多いため、いくつかの作業を同時進行しなければならないことも多々あります。

品出しの最中にお客さまの対応を行わなければならないことや、売変ができておらずポップも同時に作らなければならないということも…。

同時にいろいろな作業をするのが苦手な方にとっては、プレッシャーになるかもしれませんね。

最初からたくさんの作業をさせることはないかと思いますが、一つの作業をもくもくとしたい方にはスーパーでの仕事は向かないかと思われます。

スポンサーリンク