「その他」カテゴリーアーカイブ

就職に運転免許は必要?ないと不利なの?-あると有利-

多くの就活生がかかえる悩みとして、就職のさいに運転免許は必要かどうか?ということがあげられます。

特に都会に住んでいる人ほど、悩んでいるようです。

たしかに都会では車が必要ないことも多いですし、わざわざ就職のためだけに運転免許を取るのもお金がもったいないですよね。

実際のところ、運転免許を持っていないことによって就活が不利になるなんてこと、ありうるのでしょうか?


地方だと運転免許は必要

いくら住んでいるところが都会でも、 就職先が地方の場合は運転免許が必要となります 

なぜなら 地方は公共交通機関が発達していないため、通勤に支障をきたす ことがあげられます。

都会では当たり前の地下鉄ですら、存在していない地方都市はザラにあります。

電車はあっても、そもそも地方都市は自動車での交通を基盤としているので、都会ほど利便性がよくありません。

むしろ、電車よりもバスのほうがまだ公共交通機関の中心となっているくらいです。

そのため、都会から自動車免許なしで地方に就職してきた人は、ほぼ間違いなくバス通勤をすることになるでしょう。

しかし、そのバスも路線によっては数時間に一本しか便がないということもありえます。

都会の地下鉄や電車のように2~3分ごとに便があることなんて、ほとんどありません。

また余談ですが、地方では日常生活でも運転免許(というよりも車)がないと、かなりの不便をしいられます。

つまり 地方へ就職して住まいをかかえるのであれば、運転免許がなければ通勤はおろか日常生活すらままならない 、ということになります。

一部の職種・業種では運転免許が必要

地方に就職しないのであれば運転免許は必要ない、とは言い切れません。

 運送業や営業職など、仕事柄どうしても車を使用する機会があるような職種・業種に勤める場合は運転免許が必要となってきます 

言い換えると 運転免許を持っていないと、就ける仕事に制限が出てくるともいえる でしょう。

まず運送業は車で荷物を配送することが仕事ですから、運転免許の必要性は説明するまでもないでしょう。

問題は営業職の場合です。

営業中の上司と部下営業職の外回りには車が必須

都会で営業職なら移動は公共交通機関を使えばすみそうに思えますが、実際外回りをするときには車を使用します。

たとえ上司が運転して自分は同乗するだけだとしても、上司に運転させるのはビジネスマナーとして失礼だという意見もあります。

そもそも運転免許が必要だとわかっている職種・業種に、運転免許なしで就職すること自体が問題視されています。

就職してから運転免許を取るつもり、という方もいるでしょうけれど、仕事と免許取得の両立はなかなか難しいのが現状です。

運転免許を持っている人のほうが有利

運転免許の必要性はわかっていても、実際運転免許のありなしが採用に影響するのかという点が一番気になりますよね。

ずばり、運転免許を持っている人のほうが有利です。

運転する女性運転免許は仕事だけでなく日常生活にも役立つ

もし 運転免許を持たないまま就職できたとしても、周囲に迷惑をかけてしまう場面がたびたび出てきます 

たとえば勤務先周辺の公共交通機関が発達しておらず、通勤に支障をきたす場合ですと、家族や勤務先の人に送迎してもらう必要も出てきます。

送迎されるほうはなんの負担もありませんが、送迎するほうは時間も拘束されますし、人を乗せることに対する精神的なストレスもかかってきます。

勤務先の人は当然として、たとえ家族であっても、送迎をするというのはものすごく負担が大きいのです。

このような負担は、運転免許がない人からするといまいち実感がわかないことでしょう。

しかし人を自分の車に乗せるということは、乗せる相手の生命を預かると同義なのです。

そのため送迎をする人は表面上はこころよく引き受けていても、本音はできるならやりたくないと思っていたりします。

また業務上でも、運転免許がないゆえに支障が生じることがあります。

主に小売や飲食業での話になりますが、人手不足のため店舗に応援の人員を出すことがあります。

そのさい遠方の店舗への応援を要請されても、運転免許がない人は交通手段の関係で応援の人員から外されることになります。

極端な話ですが、運転免許がない人は他店舗への応援に出すことすらできない、というわけなんですね。

以上のことから問題となるのは、 運転免許を持っていない人には特別な配慮や対処をしなければならない 、という点になります。

運転免許さえあればたとえ自分の車がなくとも、社用車で通勤したり移動したりできますので、特別問題となることはありません。

このようなことをかんがみると、 同じ条件ならば圧倒的に運転免許を持っている人のほうが有利 だといえるでしょう。


車離れが進んできているとはいえいまだに運転免許の保有率は高く、運転免許を持っていない人はどうしても不利になってしまいます。

絶対運転免許を取りたくない人は、運転免許を必要としない仕事を選ぶのもひとつの手になります。

とはいえ運転免許を必要としない仕事は意外にも少なく、現実的にはなかなか難しいといえるでしょう。

世の中、大人なら運転免許くらい持っていて当然だという風潮も根強いですから。

ですから運転免許はありませんと言うのではなく、せめてそのうち運転免許を取りますと一言伝えることによって、いくぶんか就職への影響は抑えられるかと思います。