スーパーの商品を取り置きする際の注意点!-広告の品はNG?!-

スーパーでお客さまからよく頼まれることの一つとして、商品の取り置きがあります。

取り置きを頼まれる方の理由はさまざまですが、出勤前に取り置きを頼み、帰宅時に取りに来られる方もいます。

狙っている広告の品があるときなんかは、取り置きしておくと安心ですよね。

取り置きはとても便利なのですが、いくつか注意してほしい点もあるので、ぜひみなさん以下の事柄には気をつけてください。

スポンサーリンク

早めに取り置き品を引き取りにくること

取り置き品は衛生上の問題もありますので、 原則として当日中に引き取りに行きましょう 

特に生鮮品を取り置きしてもらった場合は、できるだけ早く引き取ってもらえると店側は助かります。

その理由は、 生鮮品はすぐに鮮度が落ちていってしまう からです。

預けたときには新鮮だったものでも、引き取りに来たときには傷み始めていた…ということもザラにあります。

そのことによって お客さまはもとより、店側にとっても不都合が生じて しまいます。

鮮度が落ちたものをそのまま引き取る方は少なく、大半のお客様は新鮮な同一商品と交換、または鮮度劣化による値引きを要求してきます。

きちんと保管している店側にはなんら問題がないはずですが、お客さまへのサービスとして、このような場合は交換や値引きに応じるケースが多くなっています。

交換するにせよ値引きするにせよ、 1つの商品が傷んでしまったのですから、店側としてはせっかくの商品がチャンスロスになってしまったと考えます 

なぜなら取り置きしていなければ、定価で売れていたかもしれないからです。

それが取り置きすることによって鮮度が悪化し、値引きをしなければならないのですから、こんなにもったいないことはありません。

ですから、 早く引き取りに来てもらうことでお客さまと店側お互いが、不利益を被らずにすむ というわけです。

広告の品の取り置きは、断られる可能性あり

取り置き自体は問題ないと上記で述べましたが、広告の品となると少し違ってきます。

そもそ 広告の品の商品(以下特売品)は、数量限定としているところがほとんど です。

そのためお客さまはなんとか特売品を手に入れるために、朝早くから来店する・遠方から足を運ぶなど、労力を使って買いに来るわけです。

それがもし、特売品の取り置きがOKとなってしまうとどうなるでしょうか。

 取り置きを頼んだ人間は何の労力もかけずに、安くいい商品を手に入れることができるように なります。

一方、 取り置きを頼まずまともに労力を使って買いに来られるお客さまからすれば、これ以上に不公平なことはありません 

そして自分も取り置きを頼もうと考えたり、なかにはわざわざ買いに来るのはばからしいと思うようになる方もいるでしょう。

さらに危惧されるのは、朝一番から特売品が完売しているという状況が起こってしまうということです。

せっかく買いに来たのに完売、しかもそれが取り置きによるものだとしたら…足を運んできてくれるお客様は完全なムダ足となってしまいます。

店に対してのクレームを入れる方も当然いるでしょう。

そんなトラブルを防止するため、多くの店では特売品の取り置きは禁止しているのです。

取り置きを頼む際は、氏名と連絡先を忘れずに伝えること

取り置きを頼む場合は 自分の氏名と連絡先、取りに来る予定の日時を必ず従業員に伝えましょう 

氏名や連絡先といった個人情報が必要なのは、万が一予定の日時を過ぎても取りに来られない場合に、店から連絡をすることがあるからです。

氏名は漢字で書き、従業員が間違わずに読めるように読み仮名を振ってもらえるとありがたいです。

連絡先は、固定電話・携帯電話のどちらでも連絡が確実に捕れる番号ならOKです。

 直接来店して取り置きを頼むというのであれば、その際に代金を先払いすると確実 でしょう。

店側としても、先にお金をもらう以上はより責任を持って対応しますし、なにより売り上げが保証されるのでとても助かるのです。

先払いした場合、取りに行くことを忘れないように気をつけて下さいね。

従業員の取り置きはNGなことも

ここまでの項目はお客さま視点からの注意点を述べてきました。

では、従業員が取り置きすることについてはどうなのでしょうか。

従業員としては「せっかく働いているんだから、特売品の取り置きは当然!」と思ってしまいますよね。

もとより、それ目当てで働いている方も多いかもしれません。

しかしスーパーは客商売ですから、何よりもお客様を優先させなければなりません。

つまり お客様を差し置いて、従業員が取り置きをするなんてことはあってはならない のです。

…基本的には、の話ですけれどね。

ただし 店のハウスルールによって、従業員の取り置きを認めているところもありますから、その点が気になるなら確認しておくと安心 です。

上記で述べている事柄はごくごく当たり前のことなので、普通にルールを守ってお買い物をされるお客さまにとっては、関係のない話だと思います。

実際はマナーのいいお客さまばかりではないので、このような注意喚起をしているわけですが…。

さらにお客さまばかりではなく、従業員のなかでもマナーが悪い人間は当然います。

たとえば、勤務時間中に品物を見定めて取り置きをする、特売品ならその場で購入してしまうなどですね。

朝一番に買い物に行ったのに特売品がなくなっているのは、もしかしたら従業員の取り置きが一因となっているかもしれませんよ…?

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!