スーパーでは、バイトにもノルマを課せられる?!-クリスマスケーキや恵方巻-

スーパーでのバイトでのお悩みとして多いのは、人間関係に次いでノルマに関する内容だと思われます。
また当事者ならずとも、家族や友達・知人がスーパーで勤務している場合も、無関係とは言えません
何故なら、ノルマ達成のために購入を迫られる可能性があるからです。
ノルマの対象品は、各企業によって様々ですが、ここでは一般的なものについて説明していきます。

スポンサーリンク


一番のメインはクリスマスケーキ

恐らくどんなスーパーにも関係しているのはクリスマスケーキでしょう。
スーパーだけではなく、コンビニやドラッグストアですらクリスマスケーキの取り扱いを始めており、熾烈な競争が繰り広げられています。
どの店も他店にお客さんを取られたくありませんから、従業員にノルマを課して売り上げに繋げようと必死なのです。
後述しますが、大人の事情が絡んでいたりもするのです。
クリスマスケーキは単価も高く、そもそも1世帯で食べるケーキの数なんてたかが知れてますし、甘いものが苦手な人だっています。
何せ1ホール単位での購入ですから、単身者は1日ではとても消費しきれません。
…となると兄弟や友達・知人にも声をかけて、買ってもらわなければノルマの達成は難しいのです。

ノルマがあるのはクリスマスケーキだけではありません。
他にもおせち・恵方巻・新茶・ビールなど、各季節によって様々な商品がノルマの対象となっています。

ノルマについて

ノルマは具体的に「1人〇個以上」と定められていることが多く、多ければ多いほどいいといった感じです。
私の勤める店では、各個人の獲得数を掲示されます。
ですから一目で誰がどれだけ獲得しているのかがわかってしまいます。
他の人が獲得している中、自分だけ獲得していないのはやはり肩身が狭く感じます。
場合によっては朝礼で「○○さん、あなたまだ1つも獲得していないみたいだね」と全員の前でさらされることも。
このようにじわじわと圧力をかけて、半ば強制的に購入させる手口も横行しています。
店側とすれば「買え」と命じたわけではないので、いくらでも責任を逃れることができるというわけです。
どうしても買いたくなければ、いくら嫌味を言われようが白い目で見られようが関係ない!という鉄の意志を貫きましょう。

購入するかどうかは自由意志

では、いざノルマを告げられたらどうすればいいのかについてです。

とりあえずノルマがあるから協力してもらえないか、家族にお願いしましょう。
ノルマ数が大きいと家族だけでは達成できないので、友達・知人・親戚にお願いして数を取るという方法もあります。
特に単身者や甘いものが苦手な家庭の人は、他人頼みにならざるをえません。
極論を言うと、購入するかどうかは結局自分の自由意志によるものなので、店は強制できません
しかし、上記で述べたように店長などから圧力をかけられたり、周りの目があったりするので、不本意ながらも購入する人がほとんどです。

…ぶっちゃけ、どうしても買いたくない/買えないのなら、買わなくてもいいのです。
店の思惑として、売り上げに貢献する意思があるかどうかを試している点もありますから。
それに買わなかったからといって、時給を下げたりクビにしたりなんてことは店もできません
そんなことをしたら、不当解雇(不当処分)に値します。

私個人の話をしますと、独身時代はもちろん結婚してからも一度もクリスマスケーキは買ったことがありません。
独身時代は「自分じゃ食べきれない、けど友達にセールスするのは嫌」だったので買いませんでした。
結婚してからは旦那が同じ会社で働いているため、自分で買う必要もなく…。
それでも幸いなことに、待遇が悪くなったことは1度もありません。

余談ですがスーパーは職場結婚が多く、夫婦で店は違えど同じ会社で働いているというケースも珍しくありません。
私は買っていませんが、他の職場結婚夫婦はお互いにノルマ達成のために購入する人も多いです。
さすがに「そこまでしなくても」と思ってしまいます汗


やはり、スーパーで働く以上、ノルマに関しては覚悟しなければいけません。
店によっては、ノルマを課さないところもあるかもしれませんが、十中八九あると思っていて間違いありません。
何故なら、クリスマスケーキはヤマザキなど製パンメーカーが製造しているものも多く、
問屋やバイヤーがメーカーとの関係を良好に保つためにも、ノルマを課して売り上げに貢献しなければならないからです。
他の恵方巻やおせちなども、同じような理由のためノルマを課せられるのです。
そういった大人の事情が関係しているため、残念ながらこれからもこの風習はなくならないと思います。

スポンサーリンク