グリーンキウイとゴールドキウイ…どう違う?-甘いのはどっち?-

ビタミンCが多く含まれることで有名なキウイフルーツですが、あなたはグリーンキウイとゴールドキウイ、どちらを選んでいますか?

適当に気分で選んでいる方、そもそも違いすらわからない方もいるのではないでしょうか。

グリーンキウイとゴールドキウイは異なる点があり、似て非なるものなんですよ。

さてその違いとは一体、何なのでしょうか。

スポンサーリンク

キウイは大別してグリーンとゴールドの2種類

キウイ―――正式名称キウイフルーツは原産を中国とする、マタタビ科マタタビ属の植物またはその果実です。

古くから存在していて歴史のある果実ですが、日本へ伝わったのは1970年代前後と、輸入フルーツのなかでも後発の部類に入ります。

 キウイの種類は大別すると、グリーンとゴールドの2種類 となり、そのなかにもさらにいろいろな品種が存在しています。

グリーンキウイ

 グリーンキウイとは、その名のとおり中の果肉が緑色をしている キウイのことです。

ふつうキウイといえば、こちらのグリーンキウイを指すといっても過言ではありません。

ここでは主な品種のヘイワードとスウィートグリーンについて紹介します。

ヘイワード

一般的にグリーンキウイといった場合、このヘイワード種を指しますが、特に品種名は記載されていないことがほとんどです。

形は俵のような楕円形。
その 表面は産毛で覆われており、触るとざらざら します。

ちなみにこの触った時の感覚で、グリーンキウイかゴールドキウイかの判別をすることができます(ゴールドはつるつるすべすべの触感)

 甘みと酸味のバランスがよく 、これぞキウイ!といった味わいです。

しかし、未熟な物を選ぶと酸味が強く感じられることもありますので要注意です。

スウィートグリーン

CMでもおなじみのニュージーランド・ゼスプリ社が開発した、新しいグリーンキウイの品種です。

外見はふつうのグリーンキウイ(ヘイワード)と変わりませんが、 中の果肉が若干明るい緑色 となっています。

 酸味がおだやかで、甘みが引き立って います。

まさに”スウィート”なグリーンキウイです。

ゴールドキウイ

果肉が緑色のグリーンキウイに対して、 果肉が黄色となっているのはゴールドキウイ になります。

果肉の色の違いのほか、 グリーンキウイにはある表面の産毛がない など、グリーンキウイと異なる点がいくつかあります。

また、 グリーンキウイよりも甘みが強い ので、甘いキウイが好きならゴールドキウイを選ぶといいですよ。

主な品種はゴールド・サンゴールドの2つです。

ゴールド

ふつうゴールドキウイといえば、このゴールドという品種を指します。

甘みが強いなど上述している特徴のほかにも、このゴールドならではの大きな特徴があります。

それは形で、 頭の方に向かっていくにつれてしまっていく独特の形状 となっているのです。

他の品種と見比べてみれば、その違いは一目瞭然です。

サンゴールド

スウィートグリーンと同じく、ゼスプリ社が最近開発した新種のゴールドキウイです。

見た目はグリーンキウイに似ていますが、すべすべとした触感なので触ると判別が容易にできます。

まるで、 グリーンキウイとゴールドキウイの特徴を足して割ったような姿形 といえるでしょう。

 ジューシーでゴールド以上の甘みを持つ、とっても甘いキウイ です。

個人的な味の感想は、まるで完熟する前のバナナを食べているような感じで、全然キウイにある酸味は感じなかったです。

主な産地

キウイは外国産のものが主流ですが、一部国産品もあります。

それぞれ 外国産だと、ほとんどがゼスプリで有名なニュージーランド、国産は愛媛・福岡・佐賀といった西日本地域が主な産地 となっています。

特筆すべきは愛媛と佐賀で、なんとゼスプリ社からライセンスを受けて、ゼスプリブランドのキウイを栽培しているのです。

国産品でゼスプリのキウイが食べられるのですから、驚きですよね。

鮮度チェック方法

キウイの鮮度チェック方法は、とりあえず触ってみることです。

 触った時にぶにょぶにょしているものは、かなり古くなっています 

熟されたキウイは甘くなっているので、あえて古い物を選ぶ方もいるかとは思いますが、今にも中身が出てきそうな程柔らかいのはやめときましょう。

少し柔らかいかな~?くらいがちょうどいいと思います。

また、主にゴールドキウイになりますが、 皮にシワがよっているものも古い ので避けましょう。

そもそもなぜ皮にシワがよるのかというと、中身が柔らかくなってしまって、皮があまるからなんですね。
そのため触ると当然ぶよぶよしています。

それから外側がよくても 皮を剥いだら傷んでいる部分が出てくることも あります。

これは硬いキウイでもあり得ることなので、どうしようもありません。

範囲が小さければその箇所だけ取り除いて食べることもできますが、あまりに広範囲の場合は使わないほうがいいでしょう。

グリーンキウイとゴールドキウイは、見た目もさることながら味が違うんですね。

黄色のキウイなんて、まずそう~と思っていた方!

むしろゴールドキウイのほうこそ、甘くておいしいのですよ。

もちろんグリーンキウイも爽やかな酸味があって、いいのですけどね。

ちなみに私は甘党なので、やっぱりゴールドキウイが食べやすくて好きです笑

さぁ一度みなさんも、グリーンとゴールドの食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。

意外とゴールドキウイにハマってしまう人が続出したりして…?

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!