スーパーのバイト用のシャツ・パンツ、どう選ぶ?-色・丈・素材-

スーパーでバイトを始める際、勤務時に着用するシャツやパンツを自前で用意しなければならないことがあります。

しかし一体どんなシャツやパンツを選べばいいのか、悩んでしまいますよね?

色・丈の長さ・素材と選ぶ際にチェックするポイントはさまざまありますから、悩むのも当然かと思います。

この記事では上記のチェックポイントを中心に、スーパーのバイトに適したシャツ・パンツを紹介します。

スポンサーリンク

シャツ選びのポイント

まずはシャツ選びのポイントから紹介します。

パンツよりもデザインやカラーが豊富な分、ついつい派手なものを選びたくなるかもしれません。

しかしあくまで仕事で着るものなので、落ち着いたデザインのものを選ぶ必要があります。

色は白を選べば間違いない

気になる カラーは、定番の白色を選びましょう 

男性なら一般的なワイシャツでOKです。

女性もできればワイシャツのような、フリルやリボンタイなどの装飾がついていないシンプルなシャツがいいでしょう。

女性用シャツでよく見かける スキッパーシャツは避けた方がよい でしょう。

スキッパーシャツは大きく襟ぐりが開いているシャツのことで、通常のシャツでいう第一・第二ボタンがついていません。

そのため、 かがんだりすると胸元が見えてしまう可能性があります 

レギュラーカラー(ボタンが首元までついているシャツ)は首元が苦しいから嫌だ、という方もいるかもしれません。

しかしスーパーの従業員で胸元をはだけて仕事をしている人はいませんし、ボタンを首元まできっちり留めている方が、お客様からしても印象がよくなります。

もしどうしても苦しい場合は第一ボタンくらいなら、外しても恐らく大丈夫です。

丈は長袖ならオールシーズン対応可能

 丈は長袖のものがあれば、最悪半袖シャツは用意しなくてもいい でしょう。

今では紫外線対策などで長袖を夏場でも着ている方もいますし、暑ければ腕まくりで対応することができますから。

七分丈を着ている人は意外といないので、不安ならやめておいたほうがベターです。

素材はポリエステル・ポリエステルと綿の混合がおすすめ

色や丈だけではなく、シャツの素材(生地の厚み)も重要なポイントになります。

綿や麻といった 薄手の生地のシャツを着た場合、当然下に着ているものが透けて見えてしまいます 
インナーの色や柄が周囲にバレバレになるのは、恥ずかしいですよね…。

そんな思いをしないためにも、 厚めの生地のシャツを選んだほうがよい のです。

たとえばポリエステルまたはポリエステルと綿が混合したシャツ、もしくはオックスフォードのシャツが該当します。
綿素材は厚みにかなり差があるので、注意して選ぶといいですよ。

また、女性用ブラウスに多い シフォン素材は避けましょう 
スーパーでの作業はいろんな汚れがつきやすいため、デリケートなシフォン素材は作業着としては不向きです。

スポンサーリンク

パンツ選びのポイント

パンツはシャツ選びに比べるとそんなに難しく考える必要はありません。

しかし悪目立ちしないためには、下記のポイントをおさえたパンツを選びましょう。

色は黒なら間違いなし

シャツの素材の項目でも述べましたが、スーパーで作業していると汚れがつきやすいので、黒・紺・茶といった濃色系を選びましょう。

ただ、 迷った場合は黒色を選んでおけば間違いありません 

というのも一部の企業ではパンツの色を指定し、統一化を図っているところもあるのですが(これはシャツにもいえることです)その場合ほとんどが黒色となっているからです。

もし違う色のパンツをわざわざ買ってしまった後に、ダメ出しされてしまったとしたら…お金も時間ももったいないですよね。

丈は、フルレングスのものを

丈については迷う方もそんなにいないでしょうけれど、 足がすべて覆われるフルレングスのものを選びましょう 

夏場など暑い時期は少しでも足元を涼しくするため、七分丈のパンツを履きたくなるかもしれません。

しかし七分丈を履いての作業は、肌が露出した部分にケガをする危険性があり、かつ身だしなみとしてふさわしくありません。

このことはスーパーに限らず、コンビニなど他業種でも同じことがいえます。

素材はスラックスとチノパンが定番

最後に、どんな素材のパンツを選べばいいのかについてです。

一般的に多くの企業では、働く場にそぐわないとしてジーンズやジャージをNGとしており スラックスもしくはチノパンが定番 とされています。

スラックスやチノパンという言葉がわからない方もいるかもしれませんので、簡単に説明します。

 スラックスとは主にスーツやブレザーと対になっているボトムス で、色は黒・グレー・紺がほとんどを占めています。

アパレルショップに行けばスラックス単体で購入することもできますから、わざわざスーツ一式を新たに買う必要はありません。

ちなみにスーパーでは店長やバイヤーなど、役職を持っている方がよくスラックスを着用しています。

 チノパンは厚めのポリエステルや綿の生地のパンツ を指し、色はベージュやカーキが主流となっていますが、黒や紺のものもあります。

スラックスよりはカジュアル感があるパンツで、ビジネス感はあまりありませんが、バイトなら気にする必要はありません。

それから若い男女がよく履いているスキニーパンツは、体にフィットするため動きやすくてよさそうですよね。

しかしスーパーでの作業はしゃがんで行うこともあるので、履いていてキツく感じるものはやめておいたほうがいいでしょう。

シャツやパンツの購入先は…?

ここまで、どんなものを選んだらいいのかについて紹介しました。

次はどこで購入すればいいのか、これまた悩みどころなのではないでしょうか。

あくまでバイト用に着る服ですから、なるべくお金はかけたくありませんよね。

GUやユニクロはコスパ最強

そこで おすすめするのは、GUやユニクロといった量販店 です。

カジュアルなイメージがあるGUやユニクロですが、ワイシャツの取り扱いがありますし、女性が使えるシンプルな白シャツも揃っています。

もちろんチノパンやスラックスもありますので、バイト用の服が必要になった際に一度にまとめて買うことができますよ。

なんといっても コスパがいいので汚しても、最悪また新しいのを気軽に買うことができます 

スーツ専門店で掘り出し物があるかも

それから洋服の青山やアオキといった スーツ専門店では、ワイシャツが思わぬ激安価格で購入できることも あります。

なにせ、ワイシャツは消耗品ですからね。

それから量販店よりは値が張りますが、ワイシャツとスラックス同時に購入するのもいいかもしれません。

学生さんも、将来のことを考えれば買っておいて損はないですしね。

こうしてみると、たかがバイト用の服でも色や素材それから丈も考慮しないといけないだなんて、結構面倒くさいですよね。

手持ちの私服でまかなえるなら、それが一番いいのでしょうけれど、これだけ細かいポイントがあるとなかなか難しいかと思います。

私服とバイト用の服を混合するのはもったいないので、やはりバイト用に上下新しく買うことをおすすめします。

お気に入りの私服がバイトで汚れてしまったら、ショックは大きいですからね…。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!