スーパーが忙しい・暇な時間帯-問い合わせの電話・買い物の狙い目-

スーパーは忙しい時間帯と暇な時間帯の差が激しい職種です。

タイムサービスが始まる少し前から忙しくなり、終わるとあっという間に暇になったりするのです。

お客さまからすると、問い合わせの電話や買い物はいつ行えばいいの?と気になる方もいるかもしれませんね。

ここでは9時開店・22時閉店という前提で、スーパーが忙しい時間帯と暇な時間帯がいつなのかについて、お教えします。


忙しい時間帯

うちの店ではこんな感じになっていますが、恐らくどこのスーパーでもほぼ同じだと思います。

~開店前(およそ9時頃まで)

開店前は各部門が開店準備に追われており、非常にあわただしくなっています。

まだ商品の片付けや品出しが終わっておらず、床にカゴ車やダンボールが散らかっているということもあります。

そのため、いち早く買い物をしようと来店された方にとっては、 買い物しにくい雰囲気になっている ことでしょう。

また 問い合わせの電話をかけても、忙しさゆえに対応が多少おざなりになってしまうかも しれません。

商品の在庫状況などはまだ荷物の整理が終わっておらず、正確に答えられない可能性もあります。

確実な対応をしてもらいたいのなら、開店してから電話するようにしましょう。

11~13時頃

お昼前は 午前のお客さんのピークのため、ふたたび店全体があわただしい雰囲気となり 、特にレジ部門は忙しくなります。

特売日には、トイレに行くことすらままならないこともあるほどです。

また、忙しいのはレジ部門だけではありません。

その他の部門も発注業務で忙しい時間帯となっており、正直電話に出る余裕はありません。

やむなく発注の最中に電話を取ることもありますが、どこまで発注していたかわからなくなり、発注ミスをしてしまうこともあります。

以上のことから、この時間に電話をかけるなとまでは言いませんが、 出来れば時間帯をもう少しずらしてもらえたら助かります 

16~18時頃

夕方はタイムサービスの時間となり、 午後からのお客さまがピーク となります。

タイムサービスの告知タイムサービス用のポップをつけてアピール

この時間帯は各部門の担当者が特売商品の品出しをし、欠品しないように随時売場をチェックしています。

そのため、 売場に出ていてすぐに電話に出られない ということもしばしばあります。

以上のことから、この時間帯の電話もできれば避けたほうがいいでしょう。

暇な時間帯

今度は比較的暇な時間帯はいつなのか、見ていきましょう。

10~11時頃

開店してひととおり品出しが終わると、少し落ち着ける時間になります。

あらかた品出しが終わっているので 買い物をするにしても、ちゃんと品揃えがされていて問題なく買いまわれる でしょう。

開店直後だとお客さまが少なく買い回りはしやすいのですが、荷物の片付けが終わっていなかったりして、まだ品薄状態だということもよくありますから。

 午前中に電話や買い物をするなら、この時間がベスト です。

14~16時頃

タイムサービスが始まるまでのこの時間はアイドルタイムとなり、来客数もガクンと落ち込みます。

買い物中の女性他のお客さまが少ないと買い物もスムーズ

店全体が暇な時間帯となるので、 買い物するにも電話をかけるにも最も適した時間 といえるでしょう。

ただし、電話に必ず出てもらえるとは限りませんので、その点はご留意ください。

なぜなら、あえてこの時間帯に休憩を取る従業員がいるからです。

休憩中の従業員は電話応対をする必要が基本的にないので、気が利く人なら電話に出てくれますが、一切電話を取らない人もいます。

店の人員が少ないと、他に電話に出られる人がいない、ということも実際あるのです…。

19時~閉店まで

タイムサービスが終わった後の夜間帯も暇なのですが、社員はほぼ全員帰ってしまっています。

最悪の場合、夜間バイトと夜間リーダーしかいないということも。

 この時間に電話をかけても、「担当者が不在のため…」と言われる 可能性がかなり高くなります。

そうなると結局、日を改めて電話をかけ直さなければならず、2度手間3度手間になってしまいかねません。

また買い物に来られても、 欲しい商品が欠品してしまっている 可能性もあります。

その理由としては部門の担当者が帰宅し、品出しする人物がいない・商品の在庫自体が切れてしまったかのどちらかが考えられます。

どうしてもほしい商品があるときは、従業員に一度声かけをしてみると、探して持ってきてくれるかもしれません。

ともあれ 充実した品ぞろえを求めるのならば、夕方までに買い物に来ることがベスト ですよ。


傾向として忙しい時間帯は人はいるのですが十分な対応ができず、暇な時間帯は休憩などで人がいない、ということになります。

なので何度電話しても出てくれないですとか、担当者が不在ということが起こってしまうのです。

また買い物するにも、電話と同様にアイドルタイム時が最適な時間となっています。

ほどよく品物が揃っていて他のお客さまも少なく、従業員も休憩などで売場にいないのでゆっくり買い回ることができますよ。


こちらの記事もお見逃しなく!