スーパーの売場・商品、なぜ変わる?-興味を惹かせるため-

みなさんはスーパーの売場が変わっていて、商品の場所がわからなくなった!という経験をしたことはないでしょうか?

お客さまからすると目当ての商品を探すにも一苦労しますし、売場を変える必要性というのがいまいちわからないかもしれません。

従業員も基本的に担当外の商品については把握していないため、売場はあまり変えないでいてもらいたいと思っています。

お客さまにとっても従業員にとっても不都合なのに、いったいなぜ変えてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

トレンド感を出すため

流行りの服や音楽が存在するように、スーパーの売り場にも”イマドキの売場”というものが存在しています。

 ”イマドキの売場”というのは、わかりやすくいえばその時代の最先端の売場 ということです。

そんなイマドキの売場と古臭い昔ながらの売場は、結構はっきりと違いが見て取れるものなんです。

古臭い…昔のスーパーを感じさせる売場というのは什器も古い物を使用していたり、商品の配置もいまいちパッとしないような売場をさします。

いっぽうイマドキの新しい売場はおしゃれな什器や飾りつけで売場を彩り、話題の商品はいち早く取り扱ったりなど、最先端のトレンドを詰め込んだ売場となっています。

お客さまは売場の第一印象を重視しており、 嗜好が凝らされたイマドキの売場であるほうが購買意欲も上がる のです。

ちなみに競合店調査の際も、他社の売場はどのように作られているのか?という項目は必ずチェックしています。

その結果いいなと感じた部分をアレンジしながら自社に取り入れ、オリジナリティあふれる売場へと進化させていっているのです。

売り込みたい商品や売場をアピールするため

スーパーが売場や取扱商品を変更する理由は、なにもトレンド感を出すためだけではありません。

シーズンごとに前の季節商品の取扱を終了し、次の季節商品を新しく導入したり。

クリスマスなどイベント時には、店内を装飾しムードを高めて関連商品の購入をうながしたり。

さらに世間で流行している商品を売場で目立つようにしたりするなど、 お客さまのニーズにマッチするように店側は努力している のです。

しかし商品や売場の変更をする理由は、すべてお客さまのためというわけではありません。

スーパーでは不定期に競合店同士を競わせる、 売上コンテストや売場コンテストが開催されており、上位入賞を狙うためだけに商品や売場が変更されることもある のです。

ではなぜ競合店同士で競い合うのかといいますと、競い合うことで仕事に対するモチベーションが高まるからといえるでしょう。

その結果売上が伸び粗利も上がったということになれば、これ以上にうれしいことはありません。

それでは売上コンテストと売場コンテストについて、下記で詳しく紹介します。

売上コンテスト

 売上コンテストは特定の商品をターゲットにし、その商品の売上を各店で競い合うイベント です。

お客さま向けのイベントではないので、店内で告知されることはありません。

しかし売場に大陳(大量陳列)されているものがあれば、コンテストの対象商品だと察することができます。

そのほかやたらポップが多くついていたり、動画を流してアピールしたりなど派手な演出をしていますから、わかりやすいかもしれません。

このような目立つ売場にしている理由は、 とにかくお客さまに商品を手に取ってもらえるようにアピール しなければならないからです。

そのため部門担当者およびバイヤーが商品の配置を一生懸命考え、売場を変更していくのです。

そして売場のレイアウトを変えながら商品の動向をチェックしていき、最善の売場に近づけていくのです。

実際のところ、ある場所にしばらく置いていても全然売れなかったものが、少し場所を変えただけで売れるようになった、という事象がしばしば起こっています。

売場コンテスト

また売上はもとより、売場自体にフォーカスを当てた売場作りコンテストというイベントもたびたび行われています。

こちらは売上よりも、 いかにお客さまを惹きつける売場が作れるかが重要視されるコンテスト です。

そのため、見た目の美しさ・インパクトに重点を置いた売場を作ることが求められます。

よくある手法としては関連陳列をすることがあげられ、一つの商品にかぎらずさまざまな商品の販促を兼ねた売場にすることで、簡単に印象的な売場を演出することができます。

たとえばスパゲティを中心とするなら関連でパスタソースや、イタリアンつながりでオリーブオイルを販売するようなかんじですね。

オリーブオイルからさらに、フランスパンにつなげることもできますね。

簡単に表すと 中心になる商品+関連商品という形で、そこからどんどん関連を広げていけば、さまざまな商品を売り込むことができる のです。

売場のイメージチェンジを図るため

売場が変更されるには何かしらの理由があるのですが、特に重大な理由がなくとも変更されることもあります。

お客さまもとより人間は、常に新しいものに興味を惹かれる生き物です。

そのため売場に変化があると、購入予定がないものでもついつい見てしまう、手に取ってしまうのです。

みなさんもそのような経験があるかもしれませんね。

 不定期に売場を変えてイメージチェンジをすることで、お客さまに飽きられないような店にしている というわけなんです。

売場を少し変えただけでリニューアルオープンとうたう店が多く存在するのも、こういった理由があるからといえるでしょう。

根底にあるのは興味を惹かせるため

 いずれの理由にせよ、共通しているのは’お客様の興味を惹き付ける’という意図が隠されている ということです。

売場に興味を持ってもらわなければ商品は見てもらえませんから、売場の変更は非常に重要な作業といえるでしょう。

さらに、 売場を変えるとついで買いの増加も見込めます 

みなさんも売場が変わると、まず欲しい商品がどこにあるか探すかと思います。

そして探しているうちにいろいろ目について、いらないものまで買ってしまっているのではないでしょうか。

ドン・キホーテを代表とする 迷路のような通路に商品が所狭しと置かれた売場構成は、まさに衝動買いを狙って作られている といえるでしょう。

売場を変える理由は、上記で述べたようにお客さまに商品をアピールするためだといえるでしょう。

そして商品を購入してもらい売上や粗利を上げることが、店側の最終目的なのです。

しかし売場を変える頻度が多いと、お客さま・従業員ともに困惑してしまいます。

そのためひんぱんに売場を変えている店は、お客さま目線での考えができていないと判断できます。

せいぜい、季節が変わるごとに1回くらいが許容範囲でしょう。

ちなみに青果部門は季節感を前面に押し出す売り込み方をしなければならないので、必然的に他部門よりも売場の変更が多くなります。

逆に旬のものが目立つ場所に並んでいない店はバイヤーや担当者のやる気が感じられないといえるでしょう。

つまり取り扱われている商品や売場といった部分が、いい店を選ぶ1つの判断材料になるのです。

みなさんも今後は、ぜひ商品や売場を注視してみてください。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!