スーパーの閉店時間、早まるのは何故?-採算が取れないから-

ある日スーパーに行くと、営業時間内のはずなのに閉店していてびっくり!
確認してみると、閉店時間が早くなっていただけで一安心…
という経験、ありませんか?

遅くまで営業していて便利だったのに、何故閉店時間を早めたの?と疑問に思われるかもしれませんね。
閉店時間を早めるには、相応の理由があるのです。

スポンサーリンク


人件費や光熱費の負担が大きい

その理由として、店を営業していくうえで不可欠な人件費や光熱費の負担が大きいということが挙げられます。

深夜の賃金は25%割り増し

特に22時以降に営業をしている店では人件費の負担は大きく、22時以降に労働させる場合は通常の賃金よりも25%以上割り増しした割増賃金を支払わなければなりません。
このような理由があるため、深夜のバイトは時給が高くなっているのです。

高い賃金を払って従業員を確保しても、実際のところ深夜のお客様は少ないです。
片付けなどの仕事も早い時間に終わらせ、あとは閉店を待つのみ…といった雰囲気で、深夜のシフトに入っているバイトたちからは「ひたすら暇」との嘆きもありました笑

営業中に消すわけにはいかない照明などの設備

そして、もう1つの負担源である光熱費。
店内の照明や、冷ケース、空調といった設備は、閉店までずっと動かし続けていなければなりません。
いくらお客様がいないからといって、一部の照明を消したりなんてことはできません
※実際、うちの会社では各店が節電という名目で照明や空調を消していたこともありましたが、お客様からは「店内が暗い」「営業してるの?」などといった意見が寄せられました※

長い目で見ると、深夜営業をやめた方が得

よほど深夜でも集客が見込める店ならともかく、通常はこれだけ高い賃金や光熱費を賄えるほどの利益はなかなか出せません
確かに、深夜に来られるお客様も大切ですし、全く売上がないわけではありません。
ですが深夜営業をやめることによって浮いた人件費や光熱費が、他の部分に回せることになりますから、思い切って閉店時間を早めた方が長い目で見るとプラスになるのです。

全国的にも、このような動きが活性化しています。
業種は違いますがファミレスなど飲食業でも、深夜営業を取りやめたりなど、営業時間の短縮が行われています。

結局、根底にあるのは利益が取れているのかどうか?という話になるのです。
ヘタすると日中の営業で出た利益が、深夜営業で出る赤字の補填に回されているということも…。
こうなると、もう何のためにわざわざ深夜営業をするのか…全く意味がありませんよね。


店は営利目的で営業していますから、利益が取れない理由がわかっているのなら取り除くしかありません。
そのため深夜のお客様には申し訳ないと思いつつも苦渋の決断で、店側は閉店を早めているのです。

不便になって文句を言いたい方もいるかもしれませんが、ここはぐっと我慢していただけると幸いです。

スポンサーリンク