スーパーでバイト、身だしなみは?-清潔感が重要-

なるほどといった様子の男女

スーパーのバイトは、身だしなみが厳しいとよく言われています。

現にスーパーでバイトを始めても、身だしなみが厳しいということで辞めてしまう人もめずらしくありません。

そのような事態を防ぐためにも、スーパーのバイトはどんな身だしなみを要求されるのか知っておきたいところですよね。

今回はスーパーでバイトするさいの身だしなみを紹介しますので、これを参考にしてバイトをするかどうか考えてみてください。


髪は必ず見られる重要ポイント

お客さまが従業員の身だしなみで必ず見るところは、髪色と髪型です。

多くのお客さまが従業員の髪色や髪型を見て、この店は清潔かどうか、信用できるかどうかを判断しているといっても過言ではありません。

髪色

 髪色の基準は店によって異なっており、厳しい職場とゆるい職場ででかなり差があります 

厳しい職場では「ヘアカラーサンプルの中の○番までOK」と明確な基準を設けていることが多くなっています。

いっぽうゆるい職場の場合「金髪でなければOK」というように、そもそも基準自体が存在していないようなところもあります。

しかし、単純に厳しい職場だから厳しい基準、ゆるい職場だから基準がゆるいとも言い切れません。

なぜなら、 店長が変わるとその基準が変わってしまうことがある からです。

そのため今までの店長なら認めていた基準も、新しい店長は認めてくれないということがありえます。

もし 髪の色の基準がどうなのかで悩むようなら、黒髪もしくは暗めの茶髪にしておくのがベター です。

さらに確実なのは、いっさい染めずに黒髪で貫き通すこととなります。

もともと髪が茶色みを帯びている人は、面接のときにその旨を説明しておかないと、余計な誤解を招く原因となってしまうので注意してください。

髪型

お客さまは従業員の髪色だけでなく、髪型もよくチェックしています。

 男性やショートカットの女性の場合、髪が肩についていなければ特別問題はありません 

仲がいい従業員の男女男女ともに髪が顔や肩にかからないようにする  肩を超えるほど髪が長い女性は、後頭部でひとつ結びもしくはお団子ヘアをすることが好ましい とされています。

特にお団子ヘアは顔周りがすっきりするので、一番清潔感が出る髪型となります。

サイドテールやツインテールは、厳しい職場では禁止されていることがありますから、様子をうかがったほうがいいでしょう。

 前髪は顔にかからないようにピンでとめることを求めるところもありますが、そこまで厳しい職場は割合的には少ない かと思います。

ただし 前髪があまりに長すぎると、暗そう・不潔そうといったマイナスイメージを持たれかねず、注意される可能性があります 

また、若い女性に人気の触覚ヘア(サイドの髪を垂らす髪型)も、厳しい職場では禁止されます。

やはり髪が顔にかかってしまうのは、よくないということなんですね。

メイクはナチュラルに、派手なのはNG

 スーパーは食品を扱っているとはいえ接客業でもあるので、すっぴんは失礼にあたるという意見が大多数 となっています。

しかし、肌が弱くてメイクできない人や、メイクをすることに抵抗がある人もいるでしょう。

実際には メイク必須としている店はそんなに多くありませんから、メイクをしなくても大丈夫ですよ 

いくらメイクをするほうがいいとはいえ、 派手なケバいメイクは好ましくありません 

プライスカードを差し替え中派手すぎず地味すぎずナチュラルメイクが理想

なぜなら派手なメイクの従業員がいると、お客さまから清潔感に欠けた店だと思われてしまうことがあるからです。

ふだんメイクをすることがない男性や、メイクをしない女性は、メイクをしている人から化粧品独特の匂いを敏感に感じるとも言われています。

化粧品のいかにも化学薬品のような匂いが、食品を扱う店の従業員からただよう、ということが清潔感の低下につながってしまうのです。

以上のことから、 スーパーで働くうえで理想的なメイクは、すっぴんに近いナチュラルメイク だといえるでしょう。

アクセサリーは目立たないように

ピアス・指輪・ネックレスといったアクセサリーは、原則として不可としているところが多くなっています。

その理由は、食品に異物混入の恐れがあるからです。

スーパーは部門に関係なく、つねに食品を触らざるをえないため、異物混入対策にも余念がないのです。

ピアス

ピアスは、異物混入の恐れがもっとも危惧されるアクセサリーです。

そのため、 厳しい店ではピアスNGとしているところが多くなっています 

 ゆるい店ではピアスくらい余裕な雰囲気ですが、その場合でもスタッドピアスにしておきましょう 

チェーンピアスやリングピアスは比較的目立ちますので、避けたほうが無難です。

たとえ店側がピアスを許容していても、お客さまの目にはどう映るかわかりません。

派手な印象を与えるピアスをつけていると、お客さまからのクレームが入るかもしれないのです。

さらに注意しなければならないのは、ピアスホールを新しく開けてしまった場合です。

そのさい透明ピアスをするかと思いますが、 店によっては透明ピアスですら不可というところもあります 

せっかく開けたピアスホールも、透明ピアスを取ってしまうとふさがってしまいますよね。

スーパーでバイトをするなら、バイトを辞めるまでピアスを開けるのは我慢したほうがよさそうです。

指輪

 指輪はファッションリングは不可、結婚指輪のみ可能としているところが多く なっています。

個人的に 生鮮部門の方は、作業時に指輪が汚れたり異物混入したりするのを防ぐために、結婚指輪でも外したほうがいい と思います。

手袋すれば問題ないのでは?と思うかもしれませんが、手袋しながらだと上手く作業が進まないこともあるのです。

逆に レジ部門やグロッサリー部門といった、直接生鮮品に触れることもなく、しょっちゅう売場で作業する部門の方は、むしろ結婚指輪をしていたほうがいい でしょう。

前出しをするスーパーの従業員女性の指をチェックする男性は多い

レジや品出しをしていると男性客に声をかけられることもあるかと思いますが、そのさいに 男性客はさりげなく従業員の結婚指輪の有無をチェックしている のですよ。

結婚指輪をしていなかったことによって、男性客に口説かれることもあるため、独身女性ですら自衛策として指輪をつけていたりします。

独身の方なら無理に指輪をつける必要性はありませんが、 既婚者なら結婚指輪をつけておいたほうがなにかと面倒なことにならずにすみますよ 

ネックレス

 ネックレスはピアスや指輪に比べて目立ちやすく、またファッション性が高いとみなされるため、基本的にはNG となっています。

もし お守りなどの理由でネックレスをつけていたいのであれば、シャツのボタンをきっちりしめて首元が見えないようにしていれば大丈夫 です。

他の人から見えないようにしていれば、文句を言われることはないわけですからね。

ただそれだと、単純にファッションとしてネックレスをつけたいという人からすれば、見てもらえないのであればつける意味もなくなってしまいますよね。

そもそも女性用のシャツはスキッパー仕様のものも多く、必然的に首元が見えてしまうケースもよくあります。

個人的には華奢なチェーンでこぶりなトップのものなら、いいのではないかと思いますけどね。

心配なようなら、他の従業員たちの様子をうかがってみましょう。

ネイルは原則禁止

 スーパーではそもそも長く爪を伸ばしてはいけませんし、いくら爪が短くてもネイルは禁止 となっています。

レジに商品をスキャンしているところ長い爪・ネイルされた爪は商品を傷つける

どうしてもネイルをしたいなら、 せいぜい透明のトップコートを塗る程度で我慢しましょう 

それでもやけに爪がつやつやしていると、なにか塗っているなと気づかれる可能性はあります。

もし指摘されてしまった場合は「爪が割れやすいから保護のためにトップコートを塗っている」と言ってみましょう。

爪が割れやすいという理由がついているので、良心的な職場だとこれくらいは見逃してくれます。

それでも爪に塗るのは一切禁止だというところもありますから、その場合は諦めるしかありません。

香水や柔軟剤の香りは、ほのかに香る程度で

美意識が高い方は、香水をつけたりいい匂いの柔軟剤を使ったりと、香りにもとても気を使っているのではないでしょうか。

ところが、 香水や柔軟剤をつけすぎては香害になってしまうのです 

香害とは字のごとく香りによって気分を害してしまうことで、具体的には頭痛が発症したり、アレルギー症状が発症してしまったりなど身体的な影響が大きく出ます。

また、スーパーのような食品を扱っているところでは、従業員から香水や柔軟剤の化学薬品の匂いがすることによって、お客さまの購買意欲を削ぐことにつながりかねません。

 ほのかに香る程度なら許容範囲ですが、いつまでも残り香がするレベルではあきらかにつけすぎで、香害といっても過言ではありません 

実際にいるんですよね、残り香で誰が通ったかわかってしまうほど、香水もしくは柔軟剤をつけすぎている人…。

いつも香水や柔軟剤の香りを嗅いでいると、鼻がマヒして自分では匂いの強さがわからなくなるので、仕方ないかもしれません。

自分で匂いの強さがわからないようであれば、友人などに客観的な意見を聞いてみるといいですよ。


スーパーは食品を扱っている以上清潔感が重要となるため、身だしなみは厳しくなります。

ただ店によっての差が大きく、厳しいところはとことん厳しく、ゆるいところはとことんゆるくなっています。

自分がバイトをする店の身だしなみ基準が厳しいのか、ゆるいのかの判別方法は、ずばり直接店に行って従業員を観察することにつきます。

とはいえ、新人には厳しい身だしなみを要求し、勤続年数が長い人ほど自由な身だしなみをしていることも珍しくありません。

いわゆる、お局になってしまえば自分がその店で裁量権を握れるというわけです。

お局さまに目をつけられるととても面倒なことになるので、新人のうちはおとなしくしているのが得策ですよ。


こちらの記事もお見逃しなく!