スーパーでバイト!身だしなみは?-髪・メイク・アクセ・ネイル-

スーパーは食品を扱う場所ですから、身だしなみは厳しくなっているところがほとんどです。

髪の色やピアスなど、様々な部分で制限をされてしまいます。

とはいっても具体的に、どこまでなら問題ないのか?という点は、なかなかわかりにくいですよね。

今回はそんな身だしなみについての制限や禁止事項について、各部分ごとに紹介します。

スポンサーリンク

頭髪

髪の色や長さで、人の印象は大きく変わります。

そのため「今の髪色や髪型がお気に入りだから、変えたくない」という方も多いのではないでしょうか。

しかしスーパーでバイトするとなると、そのこだわりを捨てる覚悟も必要です。

髪の色

一番気になる髪の色についてですが、 店もしくは企業によってかなり基準が異なっています 

例えば「ヘアカラーサンプルの中の○番まではOK」と明確な基準を設けているところがあれば、
「金髪はダメだけど、茶髪ならOK」といったアバウトな基準のところもあります。

しかも企業全体で一律に基準を決めているところもあれば、店ごとに異なる場合もあり、自分が働く店はどうなのか?ということは実際に働き始めるまでわかりません。

ちなみに店ごとに異なるというのは店長の裁量に任せるという意味であり、 店長が変わると当然その裁量も変わります 

ですので「今まで何も言われなかったのに、新しい店長になったら注意された」ということもありえます。

ただ1つ間違いなくいえることは、 黒髪ならそんな心配は無用 だということですね。

髪の長さ

女性の場合特に制限はなく、腰ほどまでのスーパーロングヘアでも何ら問題ありません。

しかし 男性の場合は、襟足にかかるほどの長さだと髪を切るように指示される可能性 があります。

男女差別のような気もしますが、世間はまだまだ長髪男性に寛容ではないということなんでしょうね。

それから、男女ともに 厳しいところでは髪が耳にかからないようにしなければならない 、ということも…。

これが意外と難しいもので耳にかからない長さとなると、女性はともかく男性はかなり短めにする必要があります。

ツーブロックだと上手く髪を伸ばしつつ耳にかからないようにできて、いいんじゃないかと思いますが、個人の好みにもよりますからなんともいえませんね。

髪型

女性は 髪の長さが肩を超える場合は結ぶ ように指示されます。

結び方まで指定してくるところはないかと思いますが、 後ろで1つ結びにしておけばいい でしょう。

サイドテールやツインテールは、周囲の様子を見て大丈夫だと判断できるまでは、やらない方が賢明です。

より間違いないのはお団子にすることで、これだとすっきりしてみえるので1番好感度が高いです。

 前髪は下ろしていてもいいところと、ピンでとめて完全に顔にかからないようにするところと、店によってそれぞれ分かれます 

自分が働く店の従業員の様子を見れば、どうすればいいのか大体わかるかなと思います。

それから若い女性に人気の触覚ヘア(サイドの髪を垂らす髪型)ですが、どちらかというとあまり好ましくない傾向にあります。

やはり髪が前方にかかってしまうのは、よくないということなんですね。

メイク

スーパーは食品を扱っていることもあってか、メイク必須ではありません。

そのため、 メイクをするかどうかは個人の自由 となっています。

個人的にレジ部門の方は、お客様と面と向かって接する必要があるので、メイクしていた方がいいかと個人的には思います。

とはいっても、あまりに派手なメイクはスーパーにはそぐわないので、 清潔感のあるナチュラルメイクに抑えましょう 

ちなみに派手なメイクの程度としては、バサバサのつけまつげや真っ赤なリップ、青や緑といった色のアイシャドーが該当します。

実際私の周囲では、ノーメイクの人・ナチュラルメイクの人・しっかりメイクの人…いろいろな人がいます。

しかしノーメイク派とメイク派に分けた場合、比率が高いのはメイク派ですね。

やはり社会人として働くうえで、”メイクは女性のマナー”といわれているだけあります。

一方で、ノーメイクの方も一定数存在しています。

特に生鮮部門の方は「どうせ帽子とマスクをするんだからノーメイクでも問題なし」という考えを持っているようです。

また学生さんは「学生だからまだメイクしなくても大丈夫」との考えで、メイクをしないようです。

清潔感があればノーメイクでも問題なし

結局のところ、 清潔感が出せればメイクしようがしまいがどちらでもいい です。

しかし自分が接客を受ける立場として、すっぴんでシミしわだらけの人と、きれいにメイクして整えている人、どちらに好印象を抱くか考えてみてください。

おそらく大多数の人が、きれいにメイクしている人の方に好印象を抱くのではないでしょうか。

すっぴんでもシミもしわもなく、元から整った造りの顔立ちなら、メイクする必要もないのでしょうけど…。

アクセサリー

ピアス・指輪・ネックレスといった アクセ類は、原則として不可としているところが多く なっています。

異物混入防止といった点でも、やはりアクセサリーをつけていくのは好ましくありません。

ピアス

比較的目立ちにくいのに、他人と差をつけることができるピアス。

ネックレスや指輪がダメでも、せめてピアスくらいはつけていたいですよね。

正直、 ゆるい店だとピアスくらいは全然可能 ですし、実際うちの店にはチェーンピアスをしてる人もいますが、流石に目立ちますね…。

もしも ピアスをするなら、スタッドピアスが無難 だと思います。

リングピアスも輪の大きな物は目立ちますので、避けた方がいいかもしれません。

注意しなければならないのはピアスホールを新しく開けてしまった場合です。

当然穴が塞がらないように透明ピアスをするわけですが、 店によってはこの透明ピアスですら不可 というところも…!

万が一外さなければならなくなった場合、せっかく開けた穴が塞がってしまいます。

そのような事態を防ぐためには、バイトを始める前―――つまり応募の段階でピアス可能かどうかを確認する必要があります。

応募時に確認し忘れた方は、面接の際聞いておきましょう。

指輪

 指輪はファッションリングは不可、結婚指輪のみ可能としているところが多く なっています。

個人的には結婚指輪でも、外せるなら外した方がいいかと思います。

特に生鮮部門の方は直接食材に触れる仕事となるので、指輪が汚れたり異物混入したりするのを防ぐという意味合いがあります。

手袋すれば問題ないのでは?と思うかもしれませんが、結構手袋しながらだと上手く作業が進まないこともあるのです。

ネックレス

 ネックレスも基本的にはNG です。

というのも、はっきりいうとスーパーの従業員にオシャレは必要ないからです。

しかし、なかにはブラウスのボタンを外して見せている従業員もいたりします。

小ぶりのチェーンでトップが小さめなものだとかろうじてセーフかな…?とも思いますが、何とも言えません。

先輩たちの様子を伺ってみるのがよさそうです。

ネイル

 スーパーでは長い爪が禁止されており、基本的にネイルもNG です。

もしネイル可能だったとしても、せいぜい透明のトップコートを塗る程度かピンク系・ベージュ系といった肌になじむ無地の色に限定しているところが多いです。

しかし、 色付きネイルは避けた方が無難 です。

トップコートならもし何か言われても「爪が割れやすいから保護している」とごまかしがききますが、色付きネイルだとごまかしようもありませんから。

スーパーも飲食関係同様に、身だしなみは厳しめの傾向にあります。

食品を扱っている以上、清潔感が重要ですから仕方ありませんね。

ただ店によっての差が大きく、厳しいところはとことん厳しく、ゆるいところはとことんゆるくなっています。

ご自身の店が厳しいかどうかは、バイトに応募する際・面接の際に直接確認する、あるいは先輩たちの様子をチェックすることで判別してくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!