好きな人が異動!どうアプローチする?-接触する機会を作る-

楽しく会話する男女

社内恋愛をしている方にとって、一番つらいのは人事異動で離れ離れになってしまうことですよね。

特に片思い中であれば、自分からアプローチをしていなかなければ、思いが成就することもなくなってしまいます。

とはいえ人事異動で好きな人と離れてしまうと、どんなふうにアプローチをしていけばいいのか…悩んでしまいませんか?

そこでなるべく自然に、他の人にバレないようなアプローチ方法を今回は紹介します。


まずは連絡先を入手しよう

みなさんは、好きな人の連絡先はもう知っていますか?

もうすでに知っているという方は、この項目は飛ばしてもらってかまいません。

さて、今まで同じ店で顔を合わせていた場合は、連絡先を知らなくても相手と接触することができました。

しかし 異動で離れてしまう場合は、個人的に好きな人とつながれる連絡手段がなければ、接触することが難しくなります 

スマホで情報収集する女性連絡先を知っているだけで、安心感が違う

そして接触する頻度が減ってしまうと、もし相手もこちらに好意を持っていたとしても、時間の経過とともに気持ちが離れてしまいかねません。

相手は異動先での出会いもありますし、たんなる職場の知り合いという関係では、この先接触なしに関係を保ち続けることはとても難しいのです。

 個人的に連絡する手段があれば、きっかけしだいでどうとでも接触する機会を作ることができますから、関係を進展させたいなら、とにかく連絡先を入手しましょう 

連絡先といってもプライベート携帯の電話番号やLINE、また会社用の電話やメールアドレスなどいろいろな種類がありますが、いちばん望ましいのはやはりプライベート携帯の電話番号です。

しかし、こちらは連絡先を教えてと頼む立場ですから、どの種類の連絡先を教えるかは相手の判断によります。

そのため、相手によっては会社用の電話しか教えてくれないこともありますが、それでも連絡先を聞き出せただけよしとしましょう。

仕事の連絡や相談に必要だと理由づけよう

 連絡先を聞き出すさいは、あくまで仕事の連絡や相談をするためだと言うと、相手もすんなり納得してくれるはずです 

警戒心が強い人だと連絡先をなぜ聞いてくるのか、教える必要があるのかと怪訝に思うこともありますが、仕事のためと言われれば教えざるをえませんからね。

そう言っても なかなか教えてくれないようであれば、「〇〇さんが1番話しやすいし、すごく頼りになるので」などと、”あなたじゃなきゃダメなんです”アピールをしてみてください 

男性は女性から頼られることで自尊心が満たされますから、気分良く連絡先を教えてくれることでしょう。

それでも 連絡先を教えてくれない場合は、現時点では個人的に関係を持ちたくないということの表れなので、一旦諦めたほうがよさそうです 

連絡する頻度は控えめに

相手との連絡手段があるからといって、安心してはいけません。

ここから、いかにして相手との距離を縮められるかが問題となってきます。

 この時点ではまだ二人の関係は知り合いレベルなので、ひんぱんに連絡することははばかられます 

背中合わせの男女距離感の取り方は大切

知り合いでしかないのにしつこく連絡すると、嫌われてしまいますからね。

 かといって連絡しなければ距離は離れていってしまいますから、相手との距離が縮まるまでは連絡は控えめにしておきましょう 

控えめはいったいどれくらいかというと、人によって感覚は違いますが、多くても週に1度くらいですかね。

ちなみに 相手からも連絡がくるようならばかなりの好感触なので、その場合はもう少し連絡の頻度を高くしても大丈夫かなと思います 

連絡する口実は、共通する仕事関係の話題がベスト

いざ連絡をしたいと思っても、どんな話題なら会話が続くのか、迷惑がられないか心配になりますよね。

 さりげなく自然に連絡を取る口実としては、やはり仕事関係の話題がベスト でしょうね。

部門が一緒なら、仕事をしていてわからないことや意見を聞きたいことについて、質問や相談をすると返事も期待できますよ。

もし部門が違うなら共通の知り合いについての話題や、相手の近況についてうかがってみると話がはずんでいくはずです。

そうした 仕事関係の話題を中心にしながら、プライベートに関係する話題をさりげなく入れていくようにすると、少しずつ距離を縮めていくことができますよ 

あくまで仕事の話のついでに、プライベートな会話をしていくといった流れでいくことを意識しましょう。

異動先へ会いに行ってみる手もあり

好きな人と接触する方法は、なにも電話やLINEだけではありません。

 もし相手の異動先が店舗であれば、異動先の店舗へ会いに行くという手もあります 

ただし、 会いに行く日や時間帯は考慮しましょう 

店が忙しいときに来られてもまともに対応はできませんし、また相手はあくまでも仕事中ですから冷たくあしらわれる可能性もあります。

仕事中の従業員相手の仕事の邪魔にならないよう配慮しよう  そもそも店に行ったところで必ず会えるとはかぎらない、ということも念頭におかなければなりません 

アポなしで行くと相手がいつ売場に出てくるかわかりませんし、長時間店内をうろついていると、事情を知らない店の人たちからは不審人物と思われてしまうことも。

もし異動先のお店に顔見知りの人がいるのなら、その人に事情を話してバックヤードに通してもらったり、お相手の勤務状況(売場によくいる時間など)を聞いてみるのもいいでしょう。

とはいえ 一番確実に相手と会う方法は、事前にアポを取っておくことにつきます 

そしてその時の反応次第では好きな人から、食事やデートの誘いがあるかもしれませんよ。

飲み会は距離を縮めるチャンス

 店や部門ごとに行われる飲み会は、好きな人と距離を縮める絶好のチャンスとなります 

好きな人が異動してしまっても、今までいた店や部門内で築かれた友好関係は変わりません。

そのため、 軽い気持ちで店や部門の飲み会に誘ってみるといいでしょう 

実際管理人が勤める会社では、前の店の仲間との飲み会に参加する人もいますし、また旧来からの仲良しメンバーで定期的に飲み会を開催したりといったことも珍しくありません。

 飲み会という場ではお酒の力もあいまってか、普段では聞けないことも聞けたり、めったに見られない相手の様子も見れたりしますから、距離を縮めるにはうってつけ なんですよ。

好きな人と席が隣になろうものなら、最高のドキドキ感を味わえること間違いなしです。

状況によっては、二人だけの二次会へ発展するかもしれませんが、そうなればあとは急速に二人の距離は縮まっていくことでしょう。


好きな人が異動してしまってからのアプローチは、どれだけ電話やLINEで相手と接触できるかがカギとなってきます。

なんとか電話やLINEでの連絡で関係を縮めて、プライベートでも会えるような関係に発展させましょう。

自分から連絡を取らなければ、好きな人と接触できる機会は限られてしまいますからね…。

この気持ちを知っている人が社内にいるのであれば、その人に協力してもらって飲み会に相手を呼んでもらうという方法もあります。

ただし、社内恋愛は安易に他の人に知られないほうがいいのもまた事実ですから、協力を求めるのであれば慎重に動いたほうがいいでしょうね。

とはいえ、人事異動でいったん離れてしまっても、ふたたび好きな人が今の店や部門に戻ってくる可能性もあります。

また一緒に仕事をする日が来るかもしれないと思えば、なんだか頑張れるような気がしませんか?

好きな人が辞めてしまうよりは、同じ会社で働いているという共通点があるだけで、相手に近づくチャンスは巡ってくることでしょう。

焦らず、長い目で距離を縮めていきましょうね。


こちらの記事もお見逃しなく!