スーパーのバイトの面接、持ち物と服装は?-メイクはナチュラルに-

面接に向かう皆さん、まずは応募の第一関門の突破おめでとうございます!

バイトの面接とはいえ、面接時の態度や身なりで合否が判断されますから、出来る限り好印象を与えるように心がけたいですよね。

このページでは、面接でよりよい印象を与える服装や持参しておくべき持ち物について紹介します。

スポンサーリンク

面接時の服装

正社員雇用の面接ほどきっちりする必要はないので、カジュアルな格好でも大丈夫です。

むしろおしゃれをしていくよりも、 最低限汚れていなければ普段着で十分 です。

ここからは、あくまでも例え話なのですが…。

面接にシフォンワンピースの人と、ネルシャツにジーンズの人が同時に訪れたとします。

その場合、見た目の印象だけでどちらを採用するかとなれば、後者を選びます。
アパレルやお水系といった業務なら、前者を選ぶでしょう。

スーパーでの作業は動き回ることが多く、服も意外と汚れてしまいます。

あまりにも上品な服装で来られると、
「この人はスーパーでどんな仕事をするか、理解しているのだろうか?すぐ辞めたりしないだろうか」
と店側は思ってしまいます。

いくらバイトとはいえ、 TPOを考えられる人間かどうかを面接官は見ている のです。

上記の例は全ての面接官に当てはまるわけではありません。

もちろん見た目より中身だ、という考えの方もいます。
あくまでも無難な格好の方が好印象ですよ、ということです。

その他、 露出の多い格好(肩が丸出し、極端なミニスカート、穴あきジーンズなど)は避けましょう。 

面接時の身だしなみ

服装も大事ですが、身だしなみも重要です。

面接で見られるのは、”スーパーで働くにふさわしい身だしなみをしているかどうか”です。

その基準は各企業によっても異なりますが、 基本はナチュラルメイク・暗めの髪色・アクセは目立たない物 となります。

面接時の身だしなみが、多少採用基準から外れていたとしても、本気で働く意思があって改善することを約束できるならば採用することもあります。

しかしながら、できる限り 面接の前に染髪している髪を黒髪に染める、爪を切るなど、改善できるところはしておいた方がベター です。

働き始めてからの身だしなみについては、こちらにさらに詳細事項について記していますので、興味のある方は是非見てみて下さい。

ナチュラルメイク

ケバいメイクより、 ナチュラルメイクがいい理由は、スーパーの客層に関係 しています。

※ここでいうケバいメイクというのは、バサバサのつけまつげ・てかてかのグロス・アイラインで目の周囲が真っ黒…といったメイクを指します※

同じ小売業のコンビニより、スーパーには高齢のお客様が多くいらっしゃいます。

 高齢の方は、ケバいメイク=下品という考えを持っている 人が少なくありません。
逆にすっぴんの方がいいという人もいるくらいです。

高齢者に限らず、特に男性にこの傾向がみられます。

暗めの髪色

髪色は黒髪なら文句なしですが、 最近は茶髪もある程度の明るさまでならOK となっています。
金髪はさすがに厳しいです。

 明るい髪の色が懸念される理由は、お客様からの印象がよくないから ということになります。
高齢のお客様がスーパーには多いと上述しましたが、メイクだけでなく髪色も、派手な髪をしている=下品という考えの方がいるのです。

とはいえ、規則に関して多少緩い店も存在します。

どれ位の色なら大丈夫なのかは、自分が働きたい店の店員を観察するとわかります。

アクセは目立たない物

またアクセサリーについても、同様に 派手な物は避けましょう。 

小さなピアスを1個だけ、指輪は結婚指輪だけというのは許容範囲となります。

ネイルはNG

また、 ネイルは店舗勤務の場合は基本的に不可 です。

 爪の長さですら身だしなみチェックで検査され 、長いと指摘されます。

男性の場合

 男性は短髪でヒゲを剃っていれば、特に問題ありません。 

アクセ、長髪、オシャレひげなどは認められない可能性が高くなります。

面接時の持ち物

服装も身だしなみも完璧にしたのに、いざ面接となった際に肝心の履歴書を忘れていた…。
こんな経験したことはありませんか?

遅刻を覚悟で取りに戻るか、履歴書がないまま面接を受けるか…どちらも面接官への印象はよくありません。
 履歴書を忘れないように、予めチェックは万全に 行いましょう。

その他面接の際に持参しておくと便利な持ち物として、以下のものがあります。

  • メモ帳
     ポケットに入るB6サイズがおすすめ です。即採用された場合、次回の出勤日や必要な持ち物についての伝達があるはずなので必ずメモしましょう。
  • 筆記用具
    ボールペンでも、シャープペンでもお好みで。万が一インク切れ等が起こった場合を想定して 2本は持っていくと安心 です。
  • 印鑑
    即採用の場合、 契約書にサイン・捺印をする可能性 があります。念のため持っていきましょう。
  • 履歴書
    カバンの中にむき出しに入れておくと汚れの原因になります。 封筒やクリアファイルに入れて おきましょう。折りたたんでも問題ありません。

面接中に必要事項を告げられた際に、メモを取らなければならない状況も出てくるかと思います。

そんなとき、さっとメモ帳とペンを取り出せれば、面接官から見ても好印象ですよ。

たったこれだけで「この人はしっかりしているな」という印象を与えることができます。

これから面接を予定している方は、上記の内容を是非参考にしてくださいね。
健闘を祈ります!

スポンサーリンク