スーパーのバイト、面接はこれでOK!-身だしなみや質問事項-

ガッツポーズで意気込む女性

主婦や学生にとって働きやすい環境で、人気があるスーパーのバイト。

それゆえに、スーパーでバイトしようと応募する人もたくさんいます。

あなたも、きっとそのうちのひとりなんでしょうね。

そしてスーパーのバイトの面接にどんな服装で行けばいいのか、どんな質問がされるのかなど、いろいろと気になっているのではないですか?

それらの疑問をこの記事で解決していきますので、参考にしてみてくださいね。


面接時の服装は、普段着でOK

バイトの面接でしたらさほどきっちりする必要はなく、 清潔感があれば普段着で十分 です。

普段着姿の男女2人組こんな感じの服装なら、シンプルで間違いなし

ただし ロリータファッションなどの個人的嗜好が強い服装や、ギャル系など露出の多い服装、B系を代表するダボダボファッションは避けたほうが無難 です。

自分らしいファッションで面接を受けたい気持ちはわかりますが、個性の強い服装は一般受けもよくありませんから、面接という場にはそぐわないといえるでしょう。

もし 自分の普段着に自信がないのであれば、スーツかそれに準じる服装を着ていけば間違いない でしょう。

スーツに準じる服装は、女性なら白シャツにひざ丈の地味めなスカートorパンツ、男性は白シャツに無地のパンツとなります。

学生さんなら、制服でもかまいません。

面接時の身だしなみは清潔感が重要

面接時には、服装だけでなく身だしなみもチェックされます。

特にスーパーは食品を扱い接客も行うので、特に身だしなみは重要視されるポイントになっています。

清潔感のある身だしなみをした男女清潔感がある身だしなみのお手本

それでは肝心の清潔感がある身だしなみとはどのようなものか、簡潔に説明します。

 女性は暗めの髪色にナチュラルメイク、アクセサリーは目立たないもの を心がけるとよいでしょう。

長髪の方でしたら、後ろでひとつにくくっておくとなおベターです。

 男性は襟足よりも短めの黒髪で、ヒゲは剃りアクセサリーはつけないこと 、これにつきます。

男性がアクセサリーをつけると、子どもっぽいですとかチャラついていると思われ、社会人として不適格とみなされてしまいますので、おしゃれしたくとも我慢しましょう。

さらに身だしなみについて、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧になってみてくださいね。

顔や身体などのパーツごとに、身だしなみのチェックポイントを紹介しています。

もし身だしなみに問題があると評価されてしまった場合でも、本気で働く意思があって改善することを約束できるならば、採用にいたることがあります。

しかしながら、 できる限り面接の前に染髪しているならば黒髪に染める、爪が伸びているなら切るなど、改善できるところは直しておきましょう 

面接に必要な持ち物いろいろ

服装も身だしなみもカンペキなのに、持ち物に不備があってはせっかくの面接も台無しになりかねません。

面接時に必要な持ち物についても確認しておきましょう。

まず 履歴書は必須として、そのほかにも手帳もしくはメモ帳・筆記用具・印鑑を持っていきましょう 

履歴書は綺麗な状態を保つために、封筒やクリアファイルに入れておくと、店側から好印象をいだいてもらうことができるでしょう。

もしよれよれだったり、汚れたあとがあるような履歴書を渡してしまうと、店側からの心証が悪くなってしまうので気をつけましょう。

それから手帳をふだんから使用している方はその手帳を、持っていない方はメモ帳を持参しましょう。

持ち運びに便利なA6サイズのメモ帳とペンメモ帳はA6サイズが小ぶりでおすすめ

筆記用具はボールペンでも、シャープペンでも自分の使いやすいものでいいでしょう。

簡単に書き直せるフリクションですと、便利でいいですね。

 必要事項をメモする場面が出てくることもあるかもしれませんから、手帳や筆記用具は持っていって間違いありません 

店側に言って借りることもできますが、社会人としてのマナーがなっていないと思われてしまいかねません。

 最後に印鑑ですが、もしかしたら即採用される可能性もありますので、使わないかもしれませんが念のため持っていくと安心です 

面接で質問・確認される項目

スーパーはシフト制による不規則な勤務かつ、人手不足が深刻な業界です。

そのため店側は面接で勤務面に関する事柄を質問し、応募者に確認することがつねとなっています。

せっかくバイトを始めてから、思っていたのとは違うとなっては、店側にとっても応募者にとってもマイナスになってしまいますからね。

長期勤務可能か

先述しましたが、 スーパー業界はつねに人手不足 となっています。

たしかに人間関係や待遇などといった理由で辞めていく人が多いのは事実で、何十年も続くお局さまがいるいっぽう、入社後数ヶ月で辞めていく人もたくさんいます。

いくら新しい人が入ってきても、その大多数が数ヶ月で辞めていってしまうのですから、人手不足が解消されるわけないんですよね。

このような状況ですから、 新しく採用する人には長期で働いてもらいたいというのが店側の本音 です。

だからといって短期勤務希望者が必ず断られる、というわけでもありません。

年末年始など、特に人手が必要な時期限定で採用するというケースも実際あります。

正直確率は低いかと思いますが、ダメ元で聞いてみるといいでしょう。

土日や祝日の出勤が可能か

スーパーにお客さまが多く来客されるのは、一般職の方たちがお休みである土日と祝日に集中しています。

つまり 土日祝は多忙が予想されるため、ひとりでも多くの従業員に出勤してもらいたいと店側は考えている のです。

困った表情で相手に話をする女性この条件をのめずに不採用になる人は多い

この点は、多くのスーパーで最重要視される点となっています。

ただ現実にはすべての土日、祝日に出勤するのは難しいという人が多いため、土日のどちらかだけでもOKなど、以前ほど土日祝日の出勤を要請されなくなってきました。

それでも、 できるだけ多く土日祝日に出勤できるとなれば、採用に大幅なプラスポイントになる ことには間違いありません。

繁忙期の出勤が可能か

 年末年始やお盆の時期は、一年の中でも最も重要な繁忙期 にあたります。

これらの時期になると帰省客が流れてくるため、平日でもある程度の集客があります。

ふだん土日祝日に休みを取れている人も、この時期だけは出てくるよう店長や部門チーフからお願いされると思っていてください。

それほど、 繁忙期は店側が売り込みに力を入れる時期であり、そのような肝心なときに出られないとなれば不採用となる可能性が高くなります 

こちらもまた、店側が重要視するポイントのひとつとなっています。

早朝からの勤務が可能か

眠そうに時間を確認する女性朝はやっぱり眠い!!

スーパーは朝が早いとよく言われていますが 特に生鮮部門で働くのであれば、よりいっそう早く出勤する必要があります 

目安として早くて6時、遅くとも8時には出勤していないと、開店までに作業を間に合わせることができません。

 生鮮部門の商品は、野菜をカットしたり生魚を刺身にしたりなどの商品加工が必要 となります。

商品加工のひと手間ふた手間がかかるぶん、早朝から作業に取り掛からなければ、とても開店までに商品化することなど不可能なのです。

そして開店までに商品化できないと、チャンスロス(販売する機会を失う)になってしまいます。

チャンスロスは店側の努力で防げる事柄なので、早朝から出られる人間を多く採用したいと店側は考えているのです。

そのため、 できるだけ早い時間に出勤できる方ほど面接では有利 になります。

急な欠員時に出勤することが可能か

 スーパーは人手不足のためギリギリの人数で回している店も多く、1人が欠勤すると店を回せなくなってしまう ことがよくあります。

基本的にはその日の出勤メンバーでなんとか回そうとするのですが、どうしても店を回せなさそうだと判断することもあります。

パソコンを見ながら忙しそうに電話をする女性スーパーはバイトのドタキャン率も高い

もし店が回せなさそうだと判断した場合は、 その日休みの人に急きょ出勤してもらえないかお願いをすることがある のです。

出勤を頼まれても、強制ではないので無理して出てくる必要はありません。

しかし、店が大変なときに協力してくれる人間に対しては好感度があがりますし、仕事に意欲的だとして評価があがるかもしれません。

以上のこともふまえて、 店に協力する姿勢を見せたほうが採用には有利 になります。

規定の身だしなみにそぐわない場合、改善できるか

何度も言いますが 身だしなみは生鮮品を扱うスーパーではとても重要 なのです。

生鮮部門は当然としてレジ部門やグロッサリー部門でも、お客さまが購入になる商品を扱うわけですから、身だしなみは整えていなければなりません。

 面接時に店側が求める身だしなみにそぐわない場合は指摘され、染髪などの改善を要求されます 

その指示に従うことができなければ、採用はできないといっても過言ではありません。

面接に受かったらちゃんとするつもり、という人もいると思いますが、店側は働く前からどれだけ本気で働く気があるのかという部分もみています。

そのため、 すぐにでも働けるような身だしなみで面接にのぞむことが、店側に対するやる気のアピールになる のです。

制服や備品を自腹で負担することが可能か

スーパーでは勤務時に着用する制服や、名札などの備品が貸与されるところが多くなっています。

しかし 店によってはこれらの制服や備品を自腹で負担させたり、初任給から差し引くところもあります 

それらの条件に同意できなければ、当然採用はできません。

制服がなければ、働くことができるわけありませんからね。

外国人の場合、日本語の能力がどれほどか

ほとんどないケースかとは思いますが、 外国人の方が応募してきた場合ですと、日本語の能力が一定以上のレベルか?というところも見られています 

言っていることが理解できない外国人と日本人言葉の壁は厚い

スーパーは接客が必須ですから、当然日本語を読む・書く・話すといった能力が必要となってきます。

ネイティブレベルまでは要求されませんが、 せめて日常会話ができなければ厳しい ですね。

ほとんど日本語が理解できない場合、一緒に働く従業員は外国人ということを考慮してくれますが、お客さまには関係ありません。

そして、お客さまとまともにコミュニケーションが取れないとなれば、思わぬトラブルが起きることも考えられます。

 店としては無用なトラブルは避けたいため、あらかじめコミュニケーション能力に不安がある外国人は採用しない方針を取っている のです。


スーパーのバイトの面接を受けるさいの服装と、質問・確認事項について紹介しました。

いずれも、難しいことはなんらありません。

ふだんからちゃんと清潔感のある身だしなみをしていれば、服装を気にする必要はないですし、質問される事柄についても、深く考えなくても答えられるような内容となっています。

またスーパーは人手不足ですから、一般的なマナーさえ守っていれば、よほどのことがないかぎり合格することでしょう。

特別な資格も経験もいらないですし、バイト初心者にもハードルが低いので、スーパーのバイトはおすすめですよ。

それでは面接を受けるみなさんが合格できるよう、ささやかながら祈っています。


こちらの記事もお見逃しなく!