スーパーの商品を取り置きする際の注意点!-広告の品はNG?!-

スーパーで働いていると、お客様から商品の取り置きを頼まれることがしばしばあります。
取り置きを頼まれる方の理由はさまざまですが、中には出勤前に取り置きを頼み、帰宅時に取りに来られる方もいます。

とても便利な取り置きは、購入意思がある方なら問題ないのですが、いくつか注意してほしい点もあるのです。

スポンサーリンク


取り置きしたら、早めに取りに来て!

もし取り置きをしてもらったら、衛生上の問題もありますので、出来る限り当日中に取りに行くようにしましょう。
特に生鮮品を取り置きしてもらった場合は、店側としてはすぐにでも来てもらいたいと思っています。

生鮮品は取り置きによってチャンスロスとなってしまう

何故なら、生鮮品はすぐに鮮度が落ちていってしまうからです。
取り置きした直後は新鮮だったものでも、取りに来た時には鮮度が落ちています。
もちろん時間が経てば経つほど鮮度が悪くなっていき、数日も経てばおつとめ品レベルにまで悪化していることもあります。

そんな鮮度が悪くなった商品を見て、大半のお客様は新しいのに変えてほしいと言ってこられます。
または、鮮度が悪いのだから安くして!と要求してきます。
新しいものを交換するにせよ割り引きするにせよ、1つの商品が傷んでしまったのですから、店側としては、せっかくの商品がチャンスロスになってしまったと考えます。

本来取り置きをせずに売場に出していて売れていれば、定価で売れたかもしれない商品です。
それが取り置きによって鮮度が悪化したために、値引きをしなければならないのですから、こんなにもったいないことはありません。

広告の品の取り置きは、断られる可能性あり!

取り置き自体は問題ないと上記で述べましたが、広告の品となると少し違ってきます。

そもそも広告の品の商品(以下特売品)は、数量限定としているところがほとんどです。
そのため、お客様はなんとか特売品を手に入れるために、朝早くから来店する・遠方から足を運ぶなど、労力を使って買いに来るのです。

それが、もし特売品の取り置きがOKとなってしまうとどうなるでしょうか。
取り置きを頼んだ人間は何の労力もかけずに、安くいい商品を手に入れることができるようになります。
一方、取り置きを頼まずまともに労力を使って買いに来られるお客様からすれば、これ以上に不公平なことはありません
そして自分も取り置きを頼もうと考えたり、中にはわざわざ買いに来るのはばからしいと思うようになる方もいるでしょう。

そして恐ろしいのは、朝一番から特売品が完売しているという状況が起こってしまうということです。
せっかく買いに来たのに完売、しかもそれが取り置きによるものだとしたら…せっかく足を運んできてくれるお客様は完全な無駄足となってしまいます。
店に対してのクレームを入れる方も当然いるでしょう。

そんなトラブル等を防止するため、多くの店では特売品の取り置きは禁止しているのです。

取り置きを頼む際は、氏名と連絡先を忘れずに!

取り置きを頼む場合は、自分の氏名と連絡先、取りに来る予定の日時を必ず従業員に伝えましょう。

氏名や連絡先といった個人情報が必要なのは、万が一予定の日時を過ぎても取りに来られない場合などに、店から連絡をすることがあるからです。
氏名は漢字で書き、従業員が間違わずに読めるように読み仮名を振ってもらえるとありがたいです。
連絡先は、固定電話・携帯電話のどちらでも連絡が確実に捕れる番号ならOKです。

来店して取り置きを頼む場合、先払いするとより確実

もし電話ではなく、直接来店して取り置きを頼むというのであれば、その際に代金を先払いするといいでしょう。
店側としても、先にお金をもらう以上はより責任を持って対応しますし、なにより確実に売り上げとなるのでとても助かるのです。

先払いした場合、取りに行くことを忘れないように気を付けて下さいね。

従業員が取り置きをすることは…

従業員としては「せっかく働いているんだから、特売品の取り置きは当然!」と思ってしまいますよね。
もとより、それ目当てで働いている方も多いかもしれません。

しかしスーパーも客商売ですから、何よりもお客様を優先させなければなりません
つまりお客様を差し置いて、従業員が取り置きをするなんてことはあってはならないのです。
(お構いなしでやってる方もいますけどねー…)

しかも、勤務時間中に品物を物色して取り置きするなんて、言語道断です。
買いたい商品があるのなら、ちゃんと勤務時間が終わってから買うようにしましょう。


注意点といっても、ごくごく当たり前のことなので、普通のお客様にとっては関係のない話だとは思います。

なお、商品の在庫についての問い合わせ・取り置き依頼に関して、店に問い合わせするのは全然構いませんので、気になる商品がございましたらお気軽に問い合わせてみて下さい。

スポンサーリンク