スーパーを辞めた後のバイト、何がいい?-やはりスーパーを選ぶ人多数-

スーパーでのバイトを辞めた(辞めたい)方!
次のバイトはどんなバイトがいいのか、迷っていませんか?
そんなあなたに、スーパーのバイトを辞めたあとのおすすめバイトを紹介します!

スポンサーリンク


多くの人が次のバイトに、またスーパーを選んでいる

主婦は働きやすい環境かどうかを重視する

実際辞めた人たちがどうしたのかというと、再びスーパーでのバイトを選んだ人が多数となっています。
主に学生よりも、主婦にこの傾向があります。
学生はバイトを選ぶ際に時給の高さや、身だしなみが自由といった点を重視することが多いのですが、
主婦は待遇の良さよりも、勤務時間や休日の融通が利くかどうかを優先しています。
その点を見てみると、スーパーは、比較的主婦にとっては働きやすい環境となっています。
そのため今までスーパーに勤めていた主婦は、新しいバイト先にまたスーパーをよく選ぶのです。

人手不足のため、経験者は優遇される傾向

それだけではありません。
ある程度の年齢になると、新しい事を覚えなければならないということ自体がかなりの負担になるのです。
スーパーなら、店や会社が変わっても、基本的なシステムは変わりません
しかも経験者優遇ということで、好待遇にしてくれることもあります。
これは、スーパーが常に人手不足だということにも関係しています。
人手不足ということは、すぐに使える人間を店側は欲しているわけです。
そこに、経験者が現れたら…もう、即採用ですよ。
まぁ即採用は誇張表現ですけども、それほどスーパーの求人事情は切迫しているのです。

まとめると、スーパーで働いていた人が次のバイト先にまたスーパーを選ぶ理由は、
覚えた知識と経験を生かせて、その上待遇もよくなる可能性があるから、ということになります。
さらに主婦にとっては働きやすい環境であること、という要素も含まれています。

コンビニに流れていく人も

またスーパー以外なら、コンビニを選ぶ人の割合も高いと個人的には思っています。
特に、若者はコンビニの方が働きやすいのではないでしょうか。

比べてみると同じ小売業ですし、スーパーと業務が似ていますが、コンビニの方が学生や若いフリーターも多く働いています。
しかもスーパーのように生鮮部門がないため、臭いや汚れもそれほど気にする必要がありません
身だしなみも直接生鮮品を扱うわけではないので、スーパーよりも緩めで、店によってはなんとネイルをしていてもOKというところも。
若い女性にとっておしゃれができるかどうかは、モチベーション維持にとても大切な要素ですよね!

逆に、コンビニ→スーパーという経歴を持つ方も

また、逆にコンビニからスーパーに流れてくる人も多いのですよ。
レジの操作に関して言えば、コンビニの方が複雑で覚える操作も多いので、スーパーのレジはかなり楽なんだとか笑
ただ、生鮮品(野菜の見分けや惣菜の見分け)が曲者らしく、なかなか覚えるのが難しいみたいですが汗
つまり、コンビニもスーパーも一長一短なんですね。

その他、小売関係・食品関係

ドラッグストアなどの小売関係

スーパーやコンビニ以外でも小売関係なら、商品を仕入れて並べて売るという流れは同じなので、慣れるまで早いのではないかと思います。
主にドラッグストアやディスカウントショップ、ホームセンターといったところでしょうか。
最近はドラッグストアなどでも、食品や生鮮品の取り扱いを行っていますし、もうスーパーとあまり変わらないような気がします。

弁当工場などの食品関係

それから、食品の販売や製造・加工業も、スーパーの業務に通ずるものがありますよ。
例えば、惣菜に関連するのは弁当の製造工場、鮮魚は寿司屋さん、青果は野菜の加工工場といった感じです。
直接の関係はなくとも、知識や経験が役に立つ場面もあるかもしれません。


「スーパーを辞めた人は、またスーパーで働く人が多い」というのは、バイトに限らず、正社員にも同じ傾向があります。
特に正社員の場合、通常他業種からの転職は年齢が上がるにつれて難しくなります。
ですから自分の意志とは関係なく、同業種でしか転職できないというケースもあるのです。

バイトの場合は関係ないので、自分が気になる業種にどんどん挑戦してみればいいと思います。
あえておすすめを言うとしたら、やはり小売関係を個人的に推しますが。

スポンサーリンク