「上司」タグアーカイブ

要注意!モラハラ上司の特徴と対処法-プライドが高く自己中-

モラハラ―――――それはパワハラやセクハラと同じく、嫌がらせの一種としてよく知られています。

その意味は、主に夫婦間や上司と部下といった上下関係のなかで、立場が上の人間が下の人間に対してモラル(道徳や倫理)的にハラスメント(嫌がらせ)することです。

ここでは職場でよく見るモラハラ上司の特徴と対処を紹介します。

あなたの上司ももしかしたら、モラハラ上司かもしれませんよ?

スポンサーリンク

モラハラ上司の特徴

モラハラ上司には、以下のような特徴が多くみられます。

当てはまるものが多ければ多いほど、モラハラ上司の可能性はとても高くなります。

上から目線

モラハラ上司は「~してあげた」「~してあげる」など やけに恩着せがましいような、上から目線での物言い をしてきます。

また、誰かに用事を頼む際「あいつにやらせる」というような、 自分が命令して何かをさせるというような言い方も多用 してきます。

こんな物言いをする裏には「オレがわざわざここまでしてやるんだから、感謝しろよな!」「このオレの言うことには誰も逆らえないんだぞ、どうだ!」という主張が含まれています。

それもそのはず、 モラハラ上司の部下に対する認識は「上司で絶対唯一のオレ様と下僕である部下」というものであるため、自然とこのような上から目線の言い方になってしまう というわけです。

謝らない

 プライドが高いモラハラ上司は、どんなに自分に非があろうとも絶対に謝りません 

彼らにとって謝るということは、何事にも耐えがたいほど恥ずかしいことなのです。

そのため 謝るどころか逆ギレし、場合によっては意味不明なことをまくしたて、こちらが反論する隙すら与えないようにしてきます 

そうして一方的に責められた側は、本来は相手が悪いのにも関わらず、話し合いすることが面倒になってしまうのです。

皆さんも口論になってらちが明かない時、自分は悪くないにもかかわらず、折れてとにかく話を終わらせようと思ったことありますよね。

モラハラ上司は、まさにそのような状況下に持ち込んでいくわけです。

自己保身ばかりする

 プライドが高く謝りもしないモラハラ上司は、自己保身もとても上手です 
自己保身というのは、簡単に言えば「自分は悪くない!」と自分で自分を擁護し、責任から逃れることを意味する言葉です。

 自己保身の表れとしては、何かにつけて人のせいにする、言い訳が多い、話の論点をそらすなどが挙げられます 

なにせモラハラ上司は頭の回転が速く口の上手さは一流ですから、その言い訳のバリエーションもとても豊富です。

この辺は上記「謝らない」にも通ずる部分がありますね。
人のせいにしたり言い訳することによって、だんだん論点をそらし、自分が謝らずともすむように、相手の根気負けを狙っているのです。

自分に甘く、他人に厳しい

自分はよくても他人は許さない…まさに自己中の極みではないでしょうか。

これではいまいちわかりにくいので、例を出して説明します。

時と場合も計らず、いつでも電話をかけてくるモラハラ上司がいたとしましょう。
部下の休みだろうが、勤務時間外だろうが、上司にはどこ吹く風といった様子です。

そんな上司に対して部下も、どうしても聞きたい事柄があり上司の休日に電話をしました。

すると、モラハラ上司が怒り出しました!

上司「オレ今日休みなの知ってるよね?上司の休日に電話するなんて非常識なやつだな!」
部下「でも先輩も先日、僕の休みの日に電話かけてきてたじゃないですかぁ~それに、どうしても先輩じゃないとわからない件がありまして…」と反論しました。

ところが上司の怒りは収まりません。

上司「何言ってんだよ!オレはお前の上司だからいいの!お前はオレの目下のくせして、生意気な口きくんじゃねぇ!」
部下「…はぁ…すみません(意味がわからねぇ。なんで上司がやることはよくて部下はダメなんだよ!)」

上司は「上司である自分はいいけど、部下のお前はダメ」という謎の理論で、部下を言いくるめてしまいました。

以上のように モラハラ上司は「自分は何してもいいけれど、他人が同じことをするのは許さない」という考えを持っています 

その怒りのポイントに触れるタイミングは、誰にもわかりません。

ですから、いつ何時モラハラ上司が怒り出すかわからないのです。

デリカシーがない

モラハラ上司は、他人を傷つけるような言動を平気でします。

例えば他人のコンプレックスをえぐるような発言や相手の存在を否定する発言などが挙げられます。

そしてそのことによって 自分が他人を傷つけたという自覚が全くないので、他人の気持ちはわかりませんし、またわかろうともしません 

そう、これこそがデリカシーがないということなのです。

デリカシー…つまり気配りや繊細さがない人間というのは、立場関係なく人格を疑われても当然です。

 モラハラ上司は常に自分が一番であり自分のことしか考えていないので、他人を傷つけることも容易 なのです。

礼儀知らず

社会人として、いえ人間として大切な礼儀すらも、モラハラ上司は持ち合わせていません。

そのため、 年上の方や先輩に対しても馴れ馴れしい態度を取ったり、平気でため口をきいたりする のです。

このような無礼な態度は、半分無意識半分意識的に出ているといっても過言ではありません。

なぜなら、モラハラ上司は”自分が一番であり、他に優れた人間など存在しない”と考えています。このことを言い換えるならば、”自分以外の人間は目下であり、見下して当然の存在”と思っているわけです。

つまり、 年上だろうが先輩だろうが全く関係なく、自分より目下よくても同等の存在と認識しているので、無意識に無礼な態度になってしまう のです。

その一方で、”年上にも先輩にも対等な態度を取るオレすごいだろ!このオレ様だから当然だけどな…”という優越感を表すために、無礼な態度を意識的に取っている面もあります。

モラハラ上司への対処法

モラハラ上司の特徴がわかったところで、今度は対処法についてみていきましょう。

その対処法とは…簡単なことです。

プライドをくすぐって、いい気分にさせる

 プライドが高くおだてに弱いモラハラ上司には、とにかくおだてて持ち上げ、気分をよくさせることが大切 です。
そうして気分よくさせておけば、自分の味方として働いてくれます。

モラハラ上司は頭の回転がよく饒舌なので、敵に回すととても面倒な存在です。

その点を逆に上手く利用してしまおうというわけなんですね。

適度な距離感を保ち、近づきすぎない

そして重要なことは、 モラハラ上司と必要以上に距離が近づかないように気をつけるということ です。

なんとかモラハラ上司の機嫌を取っていたとしても、モラハラ上司はいつ何時ころっと手のひらを返すかわかりません。

なにせ、全てが自分中心の考えなのですから、ちょっとでも機嫌を損ねるとすぐに身近な人間に当たり散らしてくるのです。

そんな、 ただでさえ礼儀知らずでデリカシーのないモラハラ上司とは、つかず離れずの距離感で様子をうかがいながら付き合うのが得策 といえるでしょう。

以上、モラハラ上司の特徴と対処法でした。

あなたの上司は、どれくらい上記の特徴に当てはまっていましたでしょうか。

当てはまる特徴が多ければ多いほど、強烈なモラハラ上司の可能性がありますから、上手く程よい距離感を保つように気を付けましょう。

また、当てはまる特徴が少なくとも油断はできません。

なぜならそれらの特徴1つ1つが、人間的には決してよいとはいえない部分であるからです。

もし自分に上記の特徴で当てはまる部分がある方は、意識して改善していく必要がありますよ。

この記事をきっかけにして上司のみならず、自分の内面にも目を向けてみてくださいね。

スポンサーリンク


こちらの記事もお見逃しなく!