スーパーの商品、レジを通したら値段が違うのは何故?-主な3つの理由-

レジをしてもらっているときに「あれ?これ値段が売場の表示と違う!」と思ったことありませんか?
皆さんきっと1度はこのような経験をしたことがあるかと思います。
一体何故、このような事態が起こってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


ポップ(プライスカード)の外し忘れ/つけ忘れ

ポップまたはプライスカードとは、商品の価格を表示した値札を指す言葉です。
広告の品など、目立たせたいものには大き目の用紙を使ってアピールしています。
主に紙製で、値段を変える場合には該当するポップと差し替えをしなければなりません。
この差し替えを忘れると、レジで通る値段と売場の表示価格が違うということになってしまいます。

ポップのつけ忘れ

例えば、「広告の品のポップをつけ忘れてしまった」という場合
この場合はお客さんは広告の品とわかっていても、表示がないため買うのをためらってしまいます。
店側とすれば売れるものも売れなくなってしまうので、こんなにもったいないことはありません(後述しますが、あえてこうする場合もあります)
もしこの状況でレジに商品を持っていくと、表示価格より安い値段が表示されますので、お客さんとすれば何となく得をしたような錯覚に陥ります。
ちなみにこの場合、ほとんどの方は価格と売場の表記が違うということを申告してきません笑
ですから、ポップをつけ忘れていることに気付くのに遅れてしまうことが多くなっています。

ポップの外し忘れ

逆に「広告の品のポップを外し忘れてしまった」という場合
こちらは上記とは逆で、広告の品でもないのにどんどん商品が売れていく…という状況になります。
「広告の品」と書いてあれば、そりゃ皆さん飛びつきますよね~。
いくら「○日限り」「タイムサービス」と書いてあったとしても、正直お客さんはそんな細かい部分まで見ていません。
レジに通すと値段が高くなっていることで、初めて値段が表示価格と違っていることに気づきます。
この場合は、すぐにお客さんからのクレームが入ります。
売場の表示より高い値段でレジを通されているのですから、当然文句も言いますよね。

私たち従業員としては、ポップのつけ忘れよりも外し忘れがないように細心の注意を払っています。
もし値段が違っていて高くなっていた場合は、どうぞレジにお申し付けください。
表記されている安い値段で通すか、返金か、取り消しかいずれかの対応をさせていただきますから。

ちなみに、紙ではない「電子棚札」という機器を使って価格表示を行っていることもあります。
その場合、主に定番商品に使用されることが多くなっています。

スポンサーリンク

売価変更ミス

いくらポップは間違っていなくとも、肝心の売価(レジに通した時の値段)が違っていては意味がありません。
売価変更(略して売変)は、事務所のパソコンにて行われます。
売変をしたい商品・反映させる日時・値段をあらかじめ登録しておく作業を、基本的に各部門の担当者が行わなければなりません。
この3要素が正確に登録されて初めて、売変完了となります。
ですから、この3要素のうち1つでも間違えてしまうと、売変ミスとなってしまいます。

間違ってしまっていることに登録した本人は気付いていないため、誰かに指摘されるまで売価が異なってしまうのです。
この場合も、とりあえずレジの者に言ってくださいね。
すぐに部門担当者に修正作業を行わせますから。

レジでのキー操作ミス

ここまでポップと売変のミスについて話をしてきました。
これらは部門担当者の責任であるため、レジは全く関係ない話でした。
しかし、これから述べていく内容は、レジ担当者のミスによるものになります。

商品自体を間違えてしまう

野菜や生魚、惣菜などバーコードがないものは、レジでキー操作をしなければなりません。
そのキー操作を誤ってしまうと、値段が全然違うことになってしまいます。
よくありがちなのは小松菜とほうれん草を間違えてしまうというケース。
特に学生バイトはこの2つの見分けがつかないという子もざらにいます。
ちゃんとお客さんに確認すればいいのに、適当に判断してしまい、あとから指摘されることも…。
同じ値段ならまだいいのですが、そんなことはめったにありません。

キーの押し間違い

その他、判断できていても単にキーを押す場所を間違えてしまったり、2重に押してしまったり…というケースもあります。
いずれにせよ、この場合はレジ担当者のミスとなります。
こんな時は、すぐにレジに申告してください。
すぐに訂正させていただきます。


売価と表示価格が違うのは、決して故意ではありません。
と言いたいところですが、実は故意でやることもあるのです(表示価格を売価よりも高くして、お客さんに買わせないようにする)
この場合は表示価格の方が高いので、知らずに買って損をするわけではないので安心してください。
主に、在庫調節の際に行われます。
しかし、どうしてもというときにしか行われないので、そんなに気にする必要はありません。

スポンサーリンク