スーパーの人間関係、女性が多くて大変!-一定の距離感を取ろう-

女性部下に指導する女性上司

スーパーの人間関係は大変だと、ちまたではよく言われていますが、実際にスーパーの人間関係は大変です。

スーパーだけに限らずやはり女性が多い職場の人間関係は複雑ですし、うまくやっていくのも難しいといえます。

そもそもなぜ女性が多いと人間関係が大変になるのでしょうか。

また、女性が多い職場でうまくやっていくにはどうしたらいいのか、今回は考えてみたいと思います。


女性であるがゆえに、人間関係が大変になる

女性は、小さな頃から人間関係に悩まされてきています。

学生時代にも、人間関係に悩んできたという女性は少なくありません。

また男性からは、見ているだけで女性の人間関係は大変そうだという声もあがっています。

それほどまでに女性の人間関係が大変なその理由は、ずばり女性であるからです。

…これでは理由になっていないと思いましたか?

それではさらに詳しく説明しますと、 女性が人間関係で悩まされるのは、女性が持つ性質に原因があります 

まず 女性は、つねに群れで行動する生き物であるという性質があります 

仲良く話をする職場の女性グループ仲良さそうにみえても、内情は…

そのため仲良しグループができあがり、そこから派閥も生まれるわけです。

そして派閥に巻き込まれたり、グループの仲間から嫌われてしまうと、途端に人間関係が崩壊してしまいます。

次に、 急に気が変わりやすいという性質も女性によくみられます 

昨日まで仲が良かったのに、いきなり口をきいてもくれなくなったということも珍しくありません。

これほどまでに女性は気が変わりやすいということを、女心と秋の空ということわざでも表されています。

そして はっきり文句を言えばいいものを、直接言わずに無視したりという態度で示すところも女性ならではの性質となっています 

さらに 女性には、他人と自分を無意識に比べ優劣をつける(いわゆるマウンティング)性質もあります 

比べる項目は学歴や年収といった事柄から、旦那や彼氏の職業や持ち物についてまで、多岐に渡ります。

そのなかで自分が相手より劣っていると感じる部分があると、嫉妬してしまうわけです。

マウンティングから一方的に嫉妬され、しかも突然今まで仲良くしてたグループから無視されるようになった、というのはまさに女性の人間関係の典型的な例だといえるでしょう。

つまり 群れを作る・気が変わりやすい・直接言わず態度で示す・マウンティングするといった女性ならではの性質が、女性の人間関係を大変にしている原因となっている のです。

そのため、スーパーなど女性が多い職場の人間関係が大変なのは、当たり前のことだといえるでしょう。

対処法は、他人と一定の距離感を保つこと

女性が多い職場の人間関係は大変なのは必然ですが、そんななかでもうまく立ち回っていかなければなりません。

そのためには、 他人との距離感を一定に保つことが重要 となってきます。

手を突き出して制止する女性距離感は出すのは見えない壁を作るイメージ  他人との距離感を一定に保つことは、言い換えれば誰に対しても同じような接し方をして、特別仲の良い人間を作らないということ になります。

ここで注意しなければならないのは、相手を嫌いになれと言っているわけではない、ということです。

そのうえで、一定以上の親密感が芽生えないようにもしなければいけません。

これがなかなか難しいところですが、 仕事関係の話しかしない、自分からは話しかけないといった対応を心がけるようにすれば、他人と必要以上に距離が近くなることはない でしょう。

ただし先述したように、この対応をみんなにわけへだてなく行わなければなりません。

他の誰とも距離感がある人なんだ、と周囲から認知してもらうことによって、余計な人間関係のトラブルに巻き込まれることを避けることができるのです。


女性が仲良しグループを作ったり、派閥ができたりして人間関係が大変になる理由は、もともとの性質が関係しているからというわけです。

思えば学生時代から、女性には人間関係の問題がつきまとってきていますよね。

男性のさっぱりした人間関係をうらやましいと思っている女性も、多いのではないでしょうか。

そんな女性のなかには、基本的に男性としか仲良くしないタイプの人もいますが、周囲からは男好きだのなんだのと嫉妬されていますね。

そのような現状からみるに、やはり誰に対しても距離を置くのがベターかと思います。


こちらの記事もお見逃しなく!