にんじんは、お正月が主役!-金時にんじんが活躍-

炒め物・煮物・焼き物となんでも使える万能野菜である、にんじん。

一年を通して、みなさんもよく食べられているのではないでしょうか。

そんなにんじんの旬は冬で、お正月には金時にんじんという品種が特に重宝されているのです。

しかし、金時にんじんのことを知らない方もいるかもしれませんね。

今回はにんじんと金時にんじん、それぞれの特性についてみていきましょう。

スポンサーリンク

にんじんは西洋系と東洋系の2種

にんじんはセリ科ニンジン属の野菜です。

原産地はアフガニスタンとされ、そこから オランダなどヨーロッパへ伝来した西洋系にんじんと、中国などアジアへ伝来した東洋系にんじんの2種類 にわかれていきました。

日本へはまず、東洋系のにんじんが16世紀ごろに伝来しました。

しかし栽培が難しいことなどの理由により、現在では東洋系にんじんの生産はごく少数となっています。

今でも生産されている 東洋系にんじんの品種としては、金時にんじん があります。

次に西洋系にんじんについてですが、東洋系にんじんよりも少し遅れて、江戸時代後期に伝来してきました。

その後東洋系にんじんに代わって急速に普及し、現在ではふつうにんじんといえば西洋にんじんを指します。

 西洋系にんじんの主な品種は五寸にんじん といわれるものになります。

それでは東洋系の金時にんじんと西洋系の五寸にんじんについて、もう少し詳しくみていきましょう。

金時にんじん(東洋系)

まずは東洋系にんじんである、金時にんじんから紹介します。

 金時にんじんは現在ではほとんど生産されていないため、珍しい野菜の一つ です。

ふだん店頭に並ぶこともありませんから、ヘタすると今初めて金時にんじんの存在を知った、という方もいるのではないでしょうか?

京野菜の一つでもある

めったにその存在を表すことのない金時にんじんですが、年末~お正月にかけては大活躍なんですよ。

なぜなら 甘みが強く煮崩れしにくい性質をもつ ため、おせち料理にかかせないお煮しめや筑前煮にうってつけの食材となっています。

その姿は 深みのある赤色の表皮に細長い形 をしており、ふつうのにんじん(五寸にんじん)とは似ても似つかぬ形で、見間違うことはないでしょう。

五寸にんじん(西洋系)

西洋系にんじんのなかでも、もっともメジャーな存在である五寸にんじん。

 売場に並んでいるにんじんの品種は、ほとんどがこの五寸にんじん となっています。

しかし五寸にんじんと呼ぶことはほとんどなく、店頭でも単に「にんじん」としか表記されていませんが、特別問題はありません。

ちなみに五寸とはおよそ15cmを意味する言葉で、五寸にんじんはその名前のとおり、だいたい約15cm前後の長さとなっています。

 表皮はみなさんもご存知のとおり鮮やかなオレンジ色で、わりと太さもあります 

その姿をたとえるならずんぐりむっくりというかたちで、ほっそりスリムな金時にんじんとは正反対となっています。

主な産地

 にんじん全体でみると、北海道や千葉県で盛んに生産 されています。

しかし 金時にんじんにかぎって言えば香川県が一大産地 となっており、香川県だけでも金時にんじん全体のおよそ7割の生産をまかなっています。

あとの3割は、京都府など西日本地域で少量の生産が行われています(余談ですが金時にんじんは京野菜の一つなんですよ)

ふつうのにんじんの主な産地は北海道や千葉県など東日本地域なのに、金時にんじんの主な産地は西日本地域と、まったく正反対になるのがおもしろいですね。

以上のことからにんじんという野菜は全国各地、寒冷地・温暖地問わず生産がされているといえるでしょう。

鮮度チェック方法

 にんじんの鮮度チェックでは、ヘタの部分と胴体部分の2ヶ所をみる 必要があります。

まず ヘタの部分ですが、ここから芽が伸びてしまっているものはダメ です。

食べられなくはありませんが見た目がよくないので、プロパーでは売ることができません。

ちなみにこの芽を伸ばして葉がついた場合、だいこんやかぶの葉同様に食べることもできます。

次に 胴体の部分ですが、こちらでは溶けてしまっていないか、変色しているところがないかをチェック します。

特に先端が溶けやすいので、よく注視してみるといいでしょう。

また変色しているかどうかは真っ黒な傷がついたようになっている、もしくは薄茶色に汚れてしまっている部分がないかで判断してください。

もし判別が難しいようであれば新鮮なにんじんと比較すると、表皮の色の違いがすぐわかります。

ふだんからよく使っているにんじんがもっとも活躍するのはお正月だなんて、ちょっと意外に思いますよね。

しかしもともとにんじんは冬が旬の野菜なので、一番おいしいときにたくさん使われているということになります。

おせち料理などの彩りとして必須のにんじんですが、彩りだけではなく旬の食材としてもかかせないわけなんですね。

このことから食材は旬の時期になるとよく使われるということもまた、わかったことでしょう。

味が苦手だという方も多いかもしれませんが、冬のにんじんはおいしいのでぜひ食べてみてください。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!