バイト中に体調不良、どうすればいい?-早退後はフォロー必須-

どんなに体調管理をしっかりしていたとしても、バイト中に突然、腹痛や吐き気に襲われる可能性はあります。

そんなときになかなか体調不良を言い出なかったり、もし早退すると迷惑になるのではないかと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

このページではバイト中での体調不良時の対処法とその後のフォローについて、まとめて紹介しています。

スポンサーリンク

まずはしばらく様子を見よう

「ちょっとお腹が痛いかも…」「何だか気持ち悪い気がする」と感じた場合、 すぐ体調不良を訴えるのではなく、少し様子を見てみましょう 

実際、時間が経てば痛みが和らいでいた・気にならなくなっていた…ということもよくあります。

もしも、 見た感じ病状が表れていない状態で体調不良を訴えたとしたら、最悪の場足仮病扱いされてしまうことも ありえます。

店側から仮病だと判断されれば、あなたに対する信用度がみるみる下がっていってしまうのです。

そのため明らかに業務の遂行が不可能な状態になるまでは、少し我慢して様子を見ていた方がいいのです。

 業務に支障をきたす程の症状――たとえば冷や汗が出てきてまともに立っていられない、吐き気がして会話もできない…などが出た場合は、無理せず体調不良を申し出ましょう 

我慢が限界になったら、チーフや店長に相談を

どうしても、これ以上は我慢できない!無理!となった場合、 まずはチーフ(もしくは店長などの責任者)に相談しましょう 

その際、なるべく自分から”帰りたい”などとマイナスの言葉を言わないほうがいいでしょう。

相手から帰宅の許可が出る前に自分から言ってしまうのは、相手の心証を下げてしまいかねません。

 一番ベストな対応としては、自分が帰った後の勤務を任せられる代わりの人間を探してから、体調不良を申し出る ということになります。

そこまでできれば、店側が文句を言うということはほぼありえません。

そしてチーフや店長に相談した後は、場合に応じて休憩を与えてもらうなり、帰宅命令が出されるなりといった指示が出されるので、それに従いましょう。

もし休憩してもまだなお体調が芳しくない場合は、その日はもう早退してゆっくり休んだ方がいいので、遠慮せずにもう一度チーフなどに相談するといいですよ。

体調不良後は、周囲の人たちへのフォローを!

 体調不良で周囲の人たちを心配させてしまったり、迷惑をかけてしまった場合には、その後にフォローを入れておくと好印象 です。

次の出勤時には一言「この間は迷惑をかけました」「急に仕事を代わってもらってありがとうございました」などといった声掛けをしましょう。

また他の人が体調不良を起こしていたら、自分もその人の代わりに勤務に入ってあげるなど、お互いに持ちつ持たれつの関係を築くことも大切です。

体調不良が続くときは、病院へ

 体調不良がたびたび起こるようならば、一度医師に診てもらうといいでしょう 

原因もよくわからず休まれたり早退されたりしていると、店側としてはこれから先どのようにあなたを扱えばいいのかわからず、困ってしまうのです。

また 体調不良を何度も訴えていると”戦力外メンバー”として見なされてしまい、シフトに入れてもらえなくなるなど待遇が悪くなる可能性も 出てきます。

そのため診察してもらったうえで治療が必要なのか、休養した方がいいのかなどの今後の方向性を、具体的に店側に示すようにしましょう。

すぐに帰らせてもらえる学校とは違い、バイトの場合は体調不良ですんなり帰れないこともあります。

一緒の勤務に入っているメンバーやお客様にも迷惑をかけることを考えたら、仕方ありませんよね。

ただ無理する必要はありませんから、本当に具合が悪いのならば早く帰って療養することを優先しましょう。

ただし体調不良で早退したあと、うかつにどこでも遊びに行ったりしてはいけません。

そうして早退後に、周辺で遊び回っている姿を目撃される可能性もなきにしもあらずですから。

そんな姿を目撃されてしまうと、たちまち店中の噂になってしまいます。

もし早退して遊ぶなら家の中だけにしておいたほうがいいでしょう(それもよくないですけどね)

いずれにせよ、早退で迷惑をかけてしまったらその後のフォローは忘れずにしましょうね。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!