賞味期限切れの商品は何故出てくる?-担当者のチェックが不足している-

スーパーで買い物をしていて、何となく賞味期限を見たら切れていた…
そんな経験は、誰しもが経験しているかと思います。
本当はあってはならない事態なのですが、スーパーではこんなこと日常茶飯事なのです。
もちろん、賞味期限切れを出さないような努力はしているのですが…。

どうして、こんなことが起こってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


賞味期限チェックの怠り

まず第一に考えられるのは、賞味期限チェックの怠りです。
賞味期限チェックは、スーパーならどんな店でも必ず行わなければならない仕事になります。
頻度は店によってまちまちで、月に1度の店もあれば毎日行う店もあります。

私が勤務している店では月に1度、部門関係なく皆で食品部門の賞味期限チェックを行うことになっています。
この部門関係なくというのが厄介で正直、自分に関係ない部門のチェックは面倒臭いです。
普通は、部門の担当者が品出し時にチェックを行います。
部門の担当者が行えばわざわざ別に時間を割くこともなく、在庫の把握にもつながりますから、とても理に適う行為なのです。
それを全く関係のない部門の人間にやらせるのですから、無駄なことをさせるなぁと思います。

上記でも述べたように普通は部門の担当者が品出しの際にチェックするのですが、人間ですから当然見落としもあります。
見落としならまだいい方で、ひどい場合には手前の2~3個しかチェックしていないケースもあります。
そうなると当然奥の方は全く手つかずになるので、時間が経ってからとっくに期限が切れた物が大量に出てくることになります。
特に賞味期限の長い缶詰や乾物は、確認を怠りがちになってしまいます。

後入れ先出しによるもの

上記にも多少関連することなのですが、品出しは一般的に先入れ先出し方式で行われています。
先に入ってきた商品(=古い)商品を手前に出していくので先入れ先出しと言います。

新鮮な商品を求めるお客様と、対する店側の駆け引き

このこと自体は、お客様に周知の事実だと思います。
そのため、お客様の中には新鮮なものが欲しいがゆえに、奥の方から商品を取っていく方もおられます。
しかし、それではいつまでたっても古い商品が売れなくなってしまいます。
そこで、その行動を逆手にとって、新しいものを手前に置く後入れ先出し方式を採用しているところもあります。
こうすることにより、奥のものが新しいと思っている人に古いものを買ってもらうことができます。
ただ、すべての人間が奥から取るわけではないので、手前の商品が売れてしまえば結局古い商品が残ることになります。
古い商品が残ったまま、手前に新しいものを置いていくと…もうおわかりですよね。

お客様の裏をかいて後入れ先出ししたのに、結局先入れ先出しと変わらない事態になってしまうのです。

値引き忘れ

チェック自体はしっかり行われていても、値引きをしなければ売れ残る確率は高くなります。
マニュアルに従い、適切な時期に適切な値引きをすることによって、商品の回転率を早めることになるのです。

値引きされている=賞味期限が近いと一目で判別ができるので、見落としが格段に少なくなります。
最初の段階の値引きを忘れてしまうと、ずっと値引きされないまま売れ残り、そのことすら気付かないまま期限切れが売場に並んでしまうはめになるのです。

嫌がらせによるもの

このケースはまれですが、一応参考までに。
数年前に、客が店への嫌がらせとして賞味期限切れの商品をわざと置いていく事件がありました。

3年前のマーガリン4箱をスーパーの棚に置く…69歳女逮捕、自宅から賞味期限切れ小麦粉など押収

そういや、食品の中に針が混入されていたという事件も一時期流行ってましたよね。
あの頃はいつ自分の店がターゲットになってもおかしくなかったため、毎日神経を尖らせていた憶えがあります。
どちらにせよ、店にとっては迷惑千万な話です。


以上、賞味期限切れの商品が出る主な理由4点をあげてみました。
例外もありますが、やはりほとんど店側の過失が大きいですね…。
たまに1つ2つ出る程度ならまぁ許容範囲ですが、頻繁に、かつ大量に出る場合は明らかに担当者の手抜きといえるでしょう。

スポンサーリンク